おパンツ1号さんの考えは

オプションを評価するVLは

自分が正しいと信じるVLでよい

というものでした。

途中の評価損益(IVを使ったもの)は関係ない。

そしてオプションが満期を迎えるまでの市場の変動(=VL)が自分の信じるVLより低ければ、

ダイナミックヘッジによる損益>オプションの差損益(最初のプレミアムー最終的な本質的な価値)

で儲かるし逆だと損をする。
こういう考えで凝り固まっていたから、鉄のパンツと揶揄されたわけです。

すなわち

おパンツさんは
VL=20%だと信じているので
一時的にIVが30%に上昇しても
最終的には(結果的に)HVが20%になればいい。
といっているわけです。

なぜなら、IVは単に市場参加者の需給で決まるものであり、真実かどうかはわからないという数学者らしい考えです。

果たしてこの考え方は正しいのか正しくないのか?
そして、それはなぜか?

上場オプションを売買していると普通は思いもつかなお話なので、頭の整理には面白い課題です。
ほとんどの人は疑うことなくIVで評価やリスクの計算をしています。

この状況下ではおパンツ3号さん(これは実在しません)の登場もあり得ます。

IVが30%の市場で将来のHVを20%だと予測して、
セルボラをやった時に
VL=20%を使ってデルタヘッジをやるという考え方です。

これだと、やった瞬間に30%-20%=10%ベガ相当の評価益がでます。
その分セータは少なくガンマのマイナスは大きく、後から損が出る可能性は高くなります。
もちろん、デルタは全然違うデルタを使うことになります。

頭を混乱させて申し訳ありません。