休憩時間中に

IVと
事後的に決まるHV(=ひとつの経路で決まるHV=神ではない人が現実に経験するHV)

の話をしました。

もとにもどります。
課題は

  • 期待値をプラスにするのはどうするか?
  • その期待値をなるべくうまく1回ごとに実現するにはどうするか? 

でした。

そして、VLをトレーディングするには

  • IV全体の動きを予測する方法と
  • IVと事後的に決まる(将来のHV)の間のさやを狙う方法

があるということです。

そして、この二つが複雑に絡み合っていて頭を混乱させるわけです。
そして、この裁定取引に似ているようで似ていないこの二つこそが
VLトレーディングの正体でもあるのです。

このこんがりを頭の中で、整理できれば
最初の課題の答えが見えてくるわけですし
おパンツ3兄弟の落とし穴が何であるかが理解できるわけです。 

これで、だいぶ見えたのではないでしょうか。