おパンツ2号さん(実在)

VLの期間構造(タームストラクチャ、行使価格や限月によってIVが違う)ことに着目して単純に
割安なコールオプションを買い
割高なプットオプションを売り
デルタヘッジを続けた。
プットの売りは10000枚を超えた。

これこそ、ひとの褌で相撲をとる不良トレーダーの典型です。
失敗すれば会社の損。別の会社にいけばいいだけ。
うまくいけば、自分の儲け。

この戦略の致命的な弱点は
下落したときに牙をむくガンマのコントロールです。
しかも、ベガで強烈にやられます。
割高なプットがさらに割高になります。
安いVLを買って高いVLを売ってますので、
おパンツ2号さんはアービトラージだと思い込んでいたらしい?です。

実際、 安いVLを買って高いVLを売ってますので、
これも何百回も繰り返せば、通算すれば利益は残るはずです。
しかし、最悪シナリオにはまった時の損失は一体いくらになるのかわかりません。
これも、神にしかできない戦略です。

おパンツ2号さんは自称クオンツではありました。
このリスクをわかったうえでやっていたのか、どうかはわかりません。
このときは、運よくガンマが牙をむかずに終わりましたので儲けを出しました。

しかし、そのあまりにもお粗末な手法を私は他部門ながら指摘しました。
さすがにその手法は禁じられ
その後、おパンツ2号さんはほかの損失で会社を去りました。

成功報酬体系ではよくあるお話です。