おパンツ3号さん(架空)

IV=30%の時
VLは事後的に20%となるだろうと予測して
IV=30%のオプションを売って
VL=20%で評価して、いきなり評価益を計上し、
その後はVL=20%でダイナミックヘッジをした。
そして、予測通りVLは事後的に 20%となった。

2号さんと似ていますが、ここでは新たな問題提起があります。
IV=30%なのに
自分の信じるVL=20%を使うと
いきなり評価益が出ます。

VL30%からVL20%に替えると損益線はより最終損益曲線に近づきます。


とくに損益線が曲がる当たりの差が大きくなります。
ガンマの変化の速度が大きくなります。
それをマニアはガンマのガンマと呼ぶこともあります。

先に評価益を計上した分、
セータによる日銭が減少し、
損益線が曲がる当たりでガンマの変化が速くなります。

事後VLが低下することは儲かるための必要条件ですが
そのうえで
ガンマの変化がはやいところを無難にやり過ごすことが必要なわけです。


VL=30%でヘッジしても
VL=20%でヘッジしても
(神としての)期待値は同じですが、1回ごとの勝負の結果は、VL20%でヘッジするほうが損益は振れるということになります。

振れを少なくするには、思惑通りIVが低下したところで、ガンマ、ベガを抑えるようにオプションを売買すればいいわけです。
その場合、評価益は減りますが、その後の損益の振れは少なくなります。

わかりにくかもしれませんが、ここはなんとか越えていただきたいところです。