ではどうすればいいのでしょうか?

その前に最終日の損益線を相手にした場合の考え方をもう少し補足します。

とくに
「初心者でも」
「簡単に儲かる」

売り戦略は、どうしても最大利益の損益線が脳にこびりつきます。
そして、ほとんどの場合、それを実際に手に入れることができるわけです。

でも、ほとんどでない大きくやられるときにどうするか?

これを防ぐために、ヘッジを勧められます。

でも、よく考えてください。

大きくやられる局面で効くヘッジが後からかけられるのであれば
最初から、その局面だけを待ってそのヘッジといわれる取引だけを行えば相当儲かるはずです。

もし、最初からヘッジをかけたらリターンがなくなるだけです。

売り戦略で生き残っている人たちは、
実はこのヘッジといわれる部分の投機的な売買がうまくいっているのです。
意外と本人はそういう意識はないかもしれません。
オプションがなくてももともとトレンドや波乱モードから利益を得ることができる人たちです。
 
「初心者でも」
「簡単に儲かる」
を勧める人たちは、

波乱モードにおいて先物だけで利益を上げる力がなくてはなりませんし、
その方法をセットで伝授する必要があります。 

でもそこには自己矛盾が生じます。
現物や先物でうまくいかないから、オプションに来ているわけです。
???? 

それでも、挑戦し続けるか
違う方法を模索し始めるか