HV、IV、VIについての風紀の乱れが目につきますので風紀委員会を開きたいと思います。

HVとIVの区別がついてないと、いろいろな面で不都合が生じます。

上級者はVLといえば文脈でそれがHVなのかIVなのかは瞬時に理解できます。

なぜかといいますと、HVとIVは全くの別物だからです。
さらにVIXや日経VIについても多くの勘違いがあるようです。

まず、一番理解しやすいHVから

通常オプションで使うHistorical Volatility とは、過去の株価の%リターンを取り、その標準偏差を年率換算したものです。
日次のリターンや週次リターンあるいは1時間リターンなど測定サイクルはいろいろありますが、すべて終値のリターンを年率換算します。
%リターンの分布が正規分布するという大前提に基づいています。 

ほかにもいろいろ方法はあります。
終値を使った方法のほか、高値・安値を使ったHL法、高値・安値・終値を使ったHLC法などがあります。

個別株を売買するトレーダーは
当日高値-当日安値
当日高値-前日終値
前日終値-当日安値
のうち値が最大のもの(ツルーレンジ)の動きを売買の指標にしている人もいます。これもHVの一種です。
テクニカルにこり始めるといろいろなHVの計算方法が出てきます。 

いずれも、日経平均指数の過去の値、期間、計算方法の3要素で唯一無二のHVが算出できます。
 
これらのHVは将来の市場変動の予測に用いることもでき、
実証研究から、短い期間で計算したHVのほうが予測精度は高いことがわかっています。

過去の数値を使って将来の市場変動を予測する研究はいろいろ行われていますが、
決定的なものは現れず、
いまだにオプションの世界では汎用性の高い標準偏差を使っています。


一方、
 
IVは原資産の現値を前提にして計算された個別のオプションに対する需給を一定の方式で計算した数値です
HVは日経平均に帰属しますが、IVは個別のオプションに帰属します。

たまたま、HVと同じ標準偏差を使っているので慣れない間はややこしく感じます。←ここがミソ

標準偏差ですから、統計的に意味することは一緒ですが、
みてきたように計算するときの考え方がまったく違っています。 
従って全くの別物です。 

IVは株価予想や将来の株価を直接示すものではありません。
今のそれぞれのオプション価格に対する需給を銘柄間で比較可能にする物差しにしかすぎません。

しかし、HVと同様に将来の原資産の変動性を予測する一つの有効な判断材料にすることはできます。
 
コールとプットのIVの差を見て、Put側が買われているから、オプションマーケットは下落を示唆しているなどというのも微妙な解釈です。
 一方で反面指数ととらえている人もいるわけで、解釈の仕方はいろいろとできます。参考日経新聞電子版

そのような判断は、信用残や裁定残のある時点の数字だけを見ているのと似ています。
 
経験則として、暴落や予想外の出来事が起こった時にIVは上がることが多いし、
IVと株価は逆相関ではあることは概ね正しいです。

しかし、
日々の動きの中で、IVと株が常に逆に動くということはありません。

VIXとVIにつづく