オプションで儲けている人たちはいったい何をエッジにしているのでしょうか?
今日は本質的なテーマに少し軽くチャレンジ。 

まず、オプションは儲けやすいのか?

オプション単体の市場は閉じた世界ですから、誰かの儲けは誰かの損。
いわゆるゼロサムであります。

負けて退出していく人の屍を生き残る人たちで分け合うわけですから、
生き残れば、自分に分け前が来るかどうかは別として、生き残ったひとたちの分配はプラスサム。
勝つよりも、まず生き残ることを考えれば、トータルではいいことがあるかも。
これは一種の精神論のようでもありますが、考え方としては重要だと思います。

でも、実際はオプションは先物と現物も含めてセットで運用するプレーヤーが多いので
オプションで儲けて現物や先物・オプションで損している人が多いと、オプション単独ワールドはマイナスサム。
逆だとプラスサム。

現物と先物の間には裁定取引という大きな架け橋があって、それがほとんどの期間で現物買い先物売りになる需給構造になっていることから

現物が上昇トレンドにあれば、裁定業者が現物買いの値上がり益を先物の値上がり損に替えて先物市場にせっせと運んでくれるので、先物ワールドはプラスサム。
先物とオプションはとりわけ一体に運用している人が多いので、ひょっとしたら、オプションワールドもプラスサムかもしれません。
現物市場が下降トレンドにあれば、その逆のメカニズムが働きます。
相当大雑把なマクロな話ですので、末端投資家にその恩恵が届いているかどうかは実感もできなければ検証もできないとは思います。

次に、オプションは買いがいいのか売りがいいのか。

現物のリターンが正規分布していると仮定すると、オプション市場には満期近くのオプションやプットオプションには多くの場合超過需要が存在することになります。

それに加え、過去のHVとIVは若干IVが高いことも観測されております。

ですから、相当大雑把にいうと、売りのほうが少し有利ということが言えるかもしれません。

しかし、これも、無限の資金力を持って、売り続けたらという話ですし、過去のHV<IVという実証も、それを一発でひっくり返すようなとんでもない、我々がかつて見たこともないような大大大暴騰や大大大暴落が来れば、そのつけを全部きれいにしてくれるかもしれません。リーマンショックや、菅原発ショックをはるかに上回るものです。

しかし、そのようなことがあり得ないと一笑に付すなら、少し売りのほうが有利といえるかもしれません。


つづく