儲けすぎないように売りと買いを混ぜると

オプション特性が売りと買いの境目で変化します

この境目をどこに持ってくるのかが、一つのカギです。

波乱ゾーンで相場が荒れて、安泰ゾーンに戻ってきて静かになるというのが理想的なパターンです。

どこを凸凹させるかが一つ目のミソ。
現在地点でデルタをどの程度傾けるか、これが二つ目のミソです。

リスクを抑えるためにデルタヘッジを細かくし過ぎても、コストがかさむだけですから、
どの程度デルタを放置するかも重要です。
傾けたデルタが当たれば、その分期待値は向上します。

同じようなところを凸凹させてもデルタのリスクの取り方で、結果はかなり違ってきます。
スタートは同じように組んでも、最終結果は人によって異なります。

売りと買いの境目の決め方は、相場の大局観
その場その場のデルタは、瞬間的な相場観


この二つがうまくハモると、儲けすぎないつもりでも結構儲かってしまいます。