オプションの道しるべ

日経225オプションについて熱く語ります。

オプションについて、個人的な意見と考えを書いています。

オプション戦略

オプションの必勝パターンや必勝戦略

オプションの必勝戦略や必勝パターンが手に入れられたらどんなに倖せなことか。
オプションは知的なゲームです。
でも、努力とがんばりと成果がなかなか簡単に比例しないものでもあります。

頑張ってもうまくいかないと

必勝パターンを 知りたい
誰かにすべてを任せたい

そう思いたくなる気持ちは理解できないでもありません。

実際、世の中には必勝パターンや戦略があるかのごとく過大な宣伝を行う業者や個人は存在します。 
でも、必勝パターンや戦略がもし仮にあるとして、それを人に教えるものだろうか?

という素朴な疑問は持つべきです。

断言しますが、定型化(一定の手順に従う)できる必勝方法は存在しません。
100%保証します。

定型化された手法は最終的には必ず手数料負け以上に終わります。 
手数料負け以上に終わる理由は、損失に耐えられなくなり途中でやめるか退場するかです。

日経225オプションではそれほど多くはみかけませんが、
ギャンブル感覚で参加するひとが多いバイナリーオプション(為替の二択取引)では実に多くの必勝法を売っています。

実は必勝法は、バイナリーオプションの胴元とノウハウを販売する人になることしかありません。

日経先物やオプションにもありますが、先物は上場オプションには胴元がいませんから、最終的に必勝するのはブローカーとノウハウ販売業者だけです。

ただ、比較的理論がしっかりした手法を使い負けにくいやり方で生き延びながら、自分なりの立ち回りかたを学ぶというスタンスでそういうノウハウを一時的に取り入れることは、あり得る方法だとは思います。 

オプションの損益とリスク

どうやって儲けるか
=どこでリスクをとって儲けるか
=リスクはどこにあるのか

リスクのないオプション取引は同時に完成させるプットコールパリティしかありません。
精緻なモデルや、ボラティリティ予測モデルを作って、細かい鞘取りを行うときにも
必ず細かいリスクは残ります。

こうした合理的な手法の一部を取り入れるにしても、主要な部分はいかにリスクをとるかということです。


平時におけるオプションの損益は主に広い意味でのデルタから生じます。
広い意味としたのは、デルタは唯一絶対的なものではなく
時間の経過や
需給変化(=ボラティリティ)
で変わってくるわけです。

ですから、変化した後のデルタを含めたリスクをうまくとらざるをえません。
デルタの変化についてこだわって追求するとモデルやボラティリティがでてはきますが、デルタのリスクをある程度取ると腹を決めることでモデルやボラティリティの重要度は激減します。

ストラドルを例にとります。

ATMストラドルはあらゆる戦略のなかでガンマ・ベガ・セータが最も大きいので、平時においては最もオプションらしい戦略です。
ストラドルの最大の特徴はデルタが直ぐに変わることです。

日経平均が上下しても
時間が経過しても
需給(ボラティリティ)が変化しても

敏感にデルタが変化します。

デルタ変化を抑えるためにデルタをコントロールします。
デルタヘッジといいます。


ストラドルの買いは好ましい方向にデルタが増減するので
その好ましい状況をどこまで伸ばすか

ストラドルの売りは好ましくない方向にデルタが増減するので
好ましくない状況にどこまで耐えるか

変動するデルタをどこまで伸ばしたり我慢するかはストラドルの買いと売りでは表裏一体の関係です。

いずれにせよデルタがどんどんかわっていくので
どうせなら、許容度の範囲で積極的にデルタを取りに行くという考え方があります。

ストラドルの買いであっても売りであっても
デルタを常にニュートラルにするのではなく積極的に傾ける
というのは、合理的な考え方だと思います。

デルタの変化を前もって知ろうとすれば、損益線を書くのが最も手っ取り早いです。
損益線を地図にしながら許容の範囲を見極めて積極的にデルタを取りに行く

ストラドルの買いでも売りでもデルタをうまくとれば勝ちますし
とれなければ負けます。

こう考えれば、意外とオプションはシンプルなものにもなります。



 

原点に帰る

オプションは最終的には行使価格との差額を受け渡しするルールです。

行使価格との差額がマイナスの場合は受け渡しがありませんし
行使価格との差額があれば、行使価格との差額に比例して受け渡し額が増加します。

このルールさえわかれば、オプション取引を行うことができます。
行使価格との引き算しか必要ありませんので、オプション理論もくそもありません。


オプションを市場で買ったり売ったりしたら、あとは満期の清算を待ち、思惑通りに行使価格との間に差額が発生すれば勝ち。

非常にシンプルです。

なぜ、オプションが難しくなるかというと

最後まで持たずに途中で反対売買するからです。

途中で反対売買するためには、オプションの市場価格がどう動くかの仕組みをある程度理解してそれをある程度予測する必要があります。

この予測の精度をどこまで求めるかで、トレードのスタイルが決まってきます。

原点に戻って、「途中の動きは関係ない」「一切無視」というのもオプションの特性を活かす、実は奥深い方法でもあるのです。

スランプに陥ったかたは一度原点に立ち帰るといいかもしれません。

 

買い戦略で注意したいこと

相場があれてくるとバイボラという考えはいいのですがVL構造の変化を考えないと片手落ちになります。とにかく何でも買えばいいという局面もありますが、中程度の変動ですと、選んだ銘柄によって命運が分かれることがあります。
 
相場変動が大きくなるか小さくなるか、現在のオプション価格がそれをどこまで織り込んでいるかという予測はもちろんですが、IVカーブがどう変化するかの予測も同程度重要です。

特にスキュー(IVカーブの傾き)が寝るのか起きるのかは非常に大きな問題です。

OTMプット買い、OTMコール売り、ベアシンセなどはIVカーブがたつ時に儲かります。IVカーブは通常相場が下落している時に立ち、相場が上昇しているときに寝る傾向があります。

ベアシンセ・ブルシンセ = IVカーブの傾きの売り買い
OTMプット買い = バイボラとIVカーブの傾き買いの混合
OTMコール買い = はバイボラとIVカーブの傾きの売りが打ち消しあい複雑
 
また、相場が下落しながらIVカーブが立っても、相場の下落が止まり膠着状態に入ると、 徐々に傾きは元に戻る傾向があります。その場合は最終的にIVカーブがそのまま左に平行移動した形になります。いわゆるVL構造に変化なしのパターンです。

日銀のETF買いが相場下落時のIV上昇を抑えることもあります。
また、異次元の金融緩和に対する期待がIV上昇を阻むと考えることもできます。

このような状態のとき、特にプットバックスプレッドは厳しい展開を余儀なくされます。 

というのは、IVカーブが横に平行移動するだけでは、行使価格がATMに近づく分、IVカーブをそのまますべりおりてしまうのです。

などなど、ボラを買うというのもなかなかやっかいです。

売り戦略で生き残るためのヒント

オプションの売りにはわずかながらリスクプレミアムがついています。
長期的にはIV>HVであることは事実ですし、これはたぶん永久になくならないと思います。

理論的に考えると、このリスクプレミアムを獲得する方法はあります。
たとえば、無限に近い資金力があれば、このリスクプレミアムは手に入ります。

そうでないばあいは、
ひとつは一大イベントを避ける運
もうひとつは資金管理

ということになるでしょう。
有限の資金を実質無限に近い厳密な管理を行う ことができれば最終的な勝者になる可能性はあります。
でも、これは実質的には買いをまぶすということにほかなりません。

また、ボラティリティには平均回帰特性がありますから
単純にIVが低いときは一切売り戦略をやらないというのも一つの考え方です。

でも、これが現実には大変難しいのです。

IVが低いときほど、売り戦略には安心感があります。
安心感があるので、次第に安くなったプレミアムをたくさん売ります。


そうして運悪くイベントに遭遇します。

せめて、IVが低いときは半年でも1年でも2年でも一切オプションは売らないと決めるだけで生き残り確率は格段に上昇します。

でも、これが普通の人にはなかなかできないんです。
欲のなせる大きな落とし穴です。

 最終的に
1億円儲けるためには50億円
100万円儲けるためには5,000万円ぐらいの資金があれば、 
あまり考えずに余裕で可能かもしれません。 

相当な知識と技術と機動性と忍耐と経験があれば、その5分の1くらいの資金でもひょっとしたら可能かもしれません。 

どた感ですが...... 

評価損になったポジションの扱い

今回のように短期間に大きく日経平均が動くと、ポジション相談が増えます。
今、〇〇円の評価損になっています。
どうヘッジすればいいでしょうか?
というような感じの相談です。


どうしても損になってるポジションを残して、何かうまくヘッジできないかと考えるパターンが多いようです。

損益線を自由に変えられるのがオプションのメリットですが、既存のポジションを残しながらと考えると、それ自体が選択肢を狭めてしまいます。

このような考え方というのは評価損は実現するまでは損ではないと考える現物株的な思考が原因なようです。
両端の損失が限定されている放置型の場合は、最大損失を意識できているなら途中の評価損益は無視しても構わないこともあります。

それ以外の場合は、評価損=実現損であると考えるべきなのです。


特に大外のポジションが評価損になってくると、この辺の判断が鈍ります。

この評価損になっているポジションをなんとか救おうと考えるよりも、まずこの先何が最適かをゼロベースで考えることが一番大事なのです。

その結果、最適な戦略がたまたま既存の評価損のポジションを残して実質的に同じようなものになるのであれば残せばいいだけの話です。

この壁をなかなか乗り越えられないひとが意外に多くいます。
プロディーラーの卵にも結構いました。
そういう人たちはことごとく脱落していきました。 

簡単なようでなかなか乗り越えられない壁
評価損=実現損 

オプション投資手法の整理 別の観点から2

最終日の損益線を見る見ないで投資手法を整理しましたが、
実は、この二つは2者択一ではありません。

 ここを杓子定規に考えることは、オプションで収益を上げられない理由のひとつになるのではないかと思います。

放置型のポジションは、満期の着地点めがけて網を張る作戦です。
出来るだけ安く仕掛けて、そこにうまくはまってくれればいいわけです。

しかし、
安く仕掛ける=はまる可能性が低い

という単純な関係があります。

絶対的な安さも重要ですが、自分の想定に対する安さというのも考慮しないわけにはいきません。

たとえ放置型であっても、いきなり最終日が来てそこに着地するわけではありません。
損益線が満期に向かって少しずつ成長して、満期の損益線に変貌を遂げるわけです。

無作為に安い仕掛けを作って、満期まで一切触らないというのも一つの考え方ですが、やり続ければ大数の法則に さや寄せし、結局損益はゼロに収斂していくはずです。

ということは、放置系であれ、途中の判断は絶対にいれるべきなのです。

途中で判断するためには、

損益線の成長過程をある程度ウオッチする必要があります。

結局、放置系であろうと、途中の損益線をまったく無視するわけにはいかないということです。

操作系も放置系もみるべきものの本質は実はいっしょなのです。



 

オプション投資手法の整理 別の観点から

これまでとは別の角度での整理です。
分があると思われる手法(かなり私の主観が入ってます)

(1)日々の相場のチャラチャラした動きに乗る

適度なガンママイナス
セータープラスの中で
日中の相場を順張りで張る
順張りの失敗はセータで多少カバーされる

逆(ガンマプラスで逆張りで相場を張る)は、結構難しい
むしろガンマなしでデルタだけで身軽にプレーしたほうがいい

(2)ベガトレード
日中のまずかな歪みを取る
最適化したIVカーブを持ったうえでアスクビッドを取る動きに限りなく近い


(3)突発事項に対処したポジションをできるだけ低コストで仕掛ける
クレジットが理想だが、多少のコストは払ってもいい
単独でもいいが、メインの戦略に隠れたヘッジを兼ねる方法として活用するのもいい


(4)やや大雑把な相場観に対し複線シナリオを持って臨む

複線シナリオの例

ATM付近のリスクはフラットにし
ダウンサイドはディープアウトの買いのみ、
アップサイドは〇〇〇あたりで期先売り、
その少し上では当限の買いを大量。

そのこころは

ダウンサイドは売りのリスクは万一を考えてとらない、
何もなく上昇して〇〇円程度になるのであれば次限月のオプション売りでベガで取る、
万一そこを突き抜けて急上昇するような突発的なことがあった時のためにプレミアムの安い当限のコールを大量に買って備える。

一見、複雑で多くの証拠金を必要とするように見えますが、リスクは相当抑えられているので、意外に証拠金はかかりません。


それ以外にもいろいろあるでしょうが
それらは相当なアート(技術)を伴う主観に大きく作用され、最終的には属人の能力次第だと考えています。
たとえば、大外売りでも少数ですが勝ち続けるひとはいます。運と資金力と決断力の総合力が試されます。

ふつうのひとたちの目標は

大雑把な相場観に対して、複線シナリオをたて(ここまではアート)
それにふさわしい戦術を最大限合理的(ここは理論)に組み立てる
そして、利益率にあまり高すぎるものを求めない

これが、目指すべきオプショントレードの姿ではないかと思っています。
 

ストラングル売りや大外のクレジットスプレッドが最後は帳尻があう理由

これは30年の経験から、自信を持って言えるのですが、なかなかうまく伝えることができませんし、今うまくいっている人にはほとんど聞き入れてもらえません。

ほんとうに、ほんとうに、実に多くの投資家が、投資家を誘導した営業マンが、プロトレーダーが
藻屑となって消えていきました。

そこで、少し理由を考えてみました。
スト売りや大外を続けても確かに生き残っている人は少数います。 
それ自体が独自の手法といえるかもしれません。
微妙なコツや、独自の相場観的なものが採用されています。

一般的にやられるスト売りや大外クレジットの共通パターンは

常習性
レバレッジ
相場変化への鈍感性
これまでの成功体験

で事後的に整理はできるのですが、事前の共通点は

毎月の目標利益を立てる
勝率にこだわる
SQ後に必ず次のポジションを立てる

このあたりに集約されます。

スト売りというのは、絶対に来ないと思った水準を選ぶという人が多いでしょうが、不幸なことにどんな相場環境でも、絶対に「きそうもない」相場水準は思いついてしまうのです。

危険だと感じるときは、IVも上昇しているので、うまい具合にかなりの大外が選べます。
平和なときは、近くしか選べませんが、雰囲気が平和なので気にせず選べます。

こうしたところが、最終的に帳尻があう落とし穴になっていると思われます。
そしてこれは、何回も繰り返されてきたにもかかわらず、多くの人が必ず同じことを繰り返します。
自分は人とは違う何かを持っている、いつのまにかそう思ってます。
 

オプション投資手法の整理 補足

ここまでの説明で、操作系と放置系の区別はあまり明確に行いませんでした。

大雑把に

最終日損益線重視型 ⇒ IV関係なし ⇒ 放置系
最終日損益線無視型 ⇒ IV関係あり ⇒ 操作系 

といえますが、逆は必ずしも真ではありません。
最終日損益線無視型は、当然ながら、日々のリバランスを伴いますから = 操作系となります。

最終日の損益線重視型の中に
特定のレンジ狙い系というのがあります。 
最終日の特定のレンジを狙うというのが、最終的な目的ではありますが、
操作はしないまでも、途中の評価損益というのは、多少重要になります。

たとえ、最終日を狙うのが目的であったにせよ、常時継続、撤退の判断が必要になります。
とすれば、途中の損益線の変化もやはり重要な要素になります。

とくに待ち伏せ系といわれる戦略は、時間の経過とともに、自分の想定した相場観にだんだんと沿っていくことを期待しているわけです。

そうすると途中の損益線の変化をやはり見ざるを得ないし、
その変化の過程を最初にある程度想定せざるを得ないわけです。最終日というのは連続する未来の一時点にすぎません。

途中の損益線を想定するためには、どうしてもIVが必要になります。

ということは、IVに対するある程度の見通し、癖の理解がないと
たとえ放置系の戦略であっても、適切な戦略が選べないわけで、さらに途中の対策も出たとこ勝負になってしまうわけであります。

それは、どうしてもそれに対する経験と知識がある人に比べて不利=期待値の低い戦いを余儀なくされてしまうということを意味します。

デルタ・ベッガヘッジ型に成功者が多いのもこうした要素があるのかもしれません。 

いや、俺はそれを相場観で上回るというのであればそれはそれで一向に構いません。 
管理人
専門は日経225オプション
日本でオプションが導入される前からのキャリア
コメントありがとうございます
本日までの閲覧数(PV)
  • 累計:

メッセージ

名前
メール
本文