九条清隆 相場観と金融工学

株式・先物・オプション・FXなど、あらゆる投資・投機に関するブログです。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ  にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

来週の日銀会合を巡って

個人投資家 冷静に手持ち玉の整理。積極的な投資家は、レバの空売りで下に張る。
株式市場関係者 「緩和なしでは済まされない状況」とおねだりムードは最高潮。
債券為替関係者 残りのカードを本当に切るのかどうか半信半疑。
足の速い(軽い?)外国人 意見が割れているときこそチャンスとみて買いで勝負。 
外国人長期投資家  海外市場との比較で、個別銘柄には手を伸ばす。

このような感じでにらみ合っている感じでしょうか?

しかし、金融政策を巡ってこれほどまでに思惑が対立するのはどうなんでしょうという気分です。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

lever
日経平均は6月上旬の英国離脱騒動の前の水準に戻しました。
この一往復の中で、個人投資家がレバETFとダブETFで見事なプレーを見せています。

レバETFを底値に向けて買い下がり 、戻りを売り
ダブを底値に向けて売り、戻りにつれて買い下がる

レバETFの発行済み株数とレバETFの保有先物枚数
 6/7 5,606万株 75,000枚
6/29 6,664万株 81,600枚
7/20 5,382万株 71,700枚

ダブETFの発行済み株数とダブETFの保有先物枚数
6/7 2,158万株 -7,900枚
6/29 1,252万株 -5,500枚
7/20 2,146万株 -7,200枚

それぞれの残高は、安値からやや遅れて6/29に反転しています。
ETFの需給と、裁定業者が設定解約申請するのにズレがあることを考えると、個人投資家は徹底的に安値まで買い下がり、反転するとともに売り上がったことになります。
 

順張りで流れに乗って儲けた投資家がいる一方で
逆張りで少し辛抱して儲けた投資家もいます。
時間軸が違えば順張りも逆張りも儲かるという、局面でした。

彼らに貢いだのは、安値を見て慌てて売ったりヘッジを入れた投資家です。 
でも、もっともっと長い時間軸で見ると実は正解だったり して。。。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

本日から新JGATE稼働。
先物は8:45売買開始で翌朝5:30まで
マザーズ先物開始。

ひとことでいうとぎくしゃく観
がちらほら

まず日経平均先物

8:45-9:00は結構売買しにくい時間帯になってしまった。
これまでは、SGXの動きを見ながら、9:00に向けエネルギーが集約されたが
今後は間延びした立ち会い開始にならざるをえないでしょう。



オプションおよびマイナーミニ

9:00時点の板が薄くなり、オプションの寄付きの売買はしにくくなった。
板が出そろうのに寄り後数分かかり、
日経VIも寄り後しばらく信頼できない数字。

マザーズ先物

予想以上に閑散かつディープディスカウント
ウイークリーオプションを思い出させる薄さ。夜間は当分スカスカだろう。

現物トレーダーの参加を期待していると思うが、特定口座を超える商品はなかなか難しい。
突破口は税制改正しかないでしょう。 


あれば便利だと思う商品はなかなか定着せず、
日経平均のような鬼っ子商品が幅を利かすなんとも皮肉な日本の株式市場。 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

↑このページのトップヘ