九条清隆 相場観と金融工学

株式・先物・オプション・FX・仮想通貨など、投資・投機を通じていろいろ考えるブログです。

2018年08月

先々週までは、日経平均の上下に合わせ力なくボラが上がったり下がったりしておりました。

先週は、日経平均が連日上昇し、プット側のボラが特に弱くなって、日経VIおよびボラ全体が下落しました。

今週は、日経平均が上昇を続ける中で、プット側のボラは下げ止まり、コール側が強くなって、日経VIおよびボラ全体が上昇しました。

ただ、午後からはコールの動きは止まり、通常の日経平均上昇ボラ下落の動きに戻りました。

その結果、コールプットのボラ格差は、本年最低レベルなる超フラットな状態です。


コール側に何らかの実需がはいったものと思われますが、あまり大きなものではなく
あまりにもオプション市場が閑散としていたので、回り回って目立つ動きになったような気がします。

一方で、2ヶ月前はあほプットが席巻しましたが、ウソのようにプットは萎縮しております。
弱気の人には大バーゲンなんですけどね。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

それなりに値幅がありながら、結局レンジに戻ってくる相場が続いております。

SQ前は22,600円が中心
SQ後は22150円が中心

オプション市場では、日経平均の上下に合わせ、ボラティリティが素直に上下し、
スキューなどのボラティリティ構造も静かに動く。

マーケットメーカが
淡々と気配値を変更し
数少ない参加者が
メーケットメーカー相手に細々と売買しているような感じです。

底抜けする危険性が少なからずありそうながら
22,000円を割れたり、21,800円どころの安値に接近する場面でも、ボラティリティに影響を与えるほど慌てて売買する投資家は意外に少ないようです。

日銀ETFも発動基準を柔軟にしながら、ステルステーパリングに入った模様なので、下げ局面では先物の売りが入りやすく、結構下げのスピードは加速し、先物市場は売り方のばば抜き合戦ながらそれなりに活況ではありますが、オプション市場には注文が回ってこない厭戦気分が漂っております。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

久々に注目された日銀会合でした。
銀行株買い・値がさ株売りなど、死語になりつつあった「日銀プレイ」もひさびさに登場していました。

後場になっても会合は終わらず、市場がざわざわし始めたころに、ヘッドラインが流れました。

日銀の用意したものは
「2%の物価目標実現へ強力な緩和を継続」

海外に伝わったヘッドラインは
「日銀政策変更なし」

内容は、日銀文学ともいえるあいかわらずわかりにくい内容で、テキストリーディングのアルゴは海外ヘッドラインに沿って一応上攻めしたようです。

概ね予想の範囲内で、小さく乱高下して小幅高で終わりましたが、内容を好感したというよりはイベント通過で上昇という感じでした。ボラも素直に2%近く低下しました。



日銀文学を読み解くと

これまでの政策は正しく
今後も2%の旗は降ろさず
政策が糞詰まりにならないように柔軟性を増やす

ということのようです。



日経平均が品切れにならないように、日経型の買い入れ比率を縮小しましたが、せめてこのチャンスに日経平均型は辞めればよかったと思うところです。買い入れ額は6兆円に拘らず柔軟に運用するといっておりますが、すでに25兆円。どこまで増やすのかはもちろん日銀文学にありませんでしたし、その後の総裁会見でも煙に巻かれておりました。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

↑このページのトップヘ