いやな感じの相場展開の割には
日本版恐怖指数である日経VIは上がる気配が今のところありません。

日経VIはオプション市場の現時点での需給動向を現時点で計算した数字ですから
この水準自体が相場の変動性を正確に予想しているわけではありません。

オプション需給の背景をいろいろ分析してはじめてその数字が意味を持つわけですが、
結果として出てきた数字だけを普段見てもない人がたまに見てもあまり意味がないことはいうまでもありません。

ロングをもっている人がこの数字をみて安心しても、
そうした使用方法はまったく気休めにしかなりませんから、
変なバイアスを持つだけむしろたちが悪いかもしれません。