どうやら、日銀のスタンスはこういうことのようです。
金融政策は順調にいっているが、政府がテイタラクなので、アベノミクスが完成しない。
潜在成長力というこれまた測定の難しい概念が煙幕をはります。

黒田総裁の発言は会見のたび徐々にこのトーンを強め、政府とは距離を置き始めています。
リフレ派筆頭の岩田副総裁も、ここにきて日銀にできることは限られていると言い始めています。
総大将の浜田教授はとっくに2%にこだわる必要はないといっています。

緩和期待を大幅に後退 させておき、いざという時に追加緩和効果を高める作戦とは思えなくなってきました。

これまでのところ
日銀は日銀でしっかりと独立性をたもっているわけですし、
今後も政府と一線を画すのでしょう。
お約束したのは2%のインフレ目標だけですから。

そうであれば、わざわざ追加緩和などして危険な橋を渡る必要はありません。「兵力の小出しはしない」と最初に言い切りマイルドなインフレを達成した名総裁としての名を残すことを目指すのみです。

となれば
市場の目は政府に集まります。
追加緩和に比べて決定打がないだけに、ふわふわとした期待感にならざるをえません。
それだけに、雲をつかむがごとく、しばらくは売り込みにくい環境が続きそうです。

踏ん切りのつけられない環境で、空売り筋は苦しい戦いを余儀なくされそうな予感。