ガンママイナス=危険
と考えるのは少々短絡的であります。
オプションを始めたばかりで、勉強熱心な方が陥りやすい罠であります。
が、意外とそのように信じる人は多いようです。

オプション売り禁止は短絡的で無意味な発想

まさかと思われるかも知れませんが、過去の上司にそういう方が実在して、大変苦労した思い出があります。
結局その方はオプション買いのみを自ら実践して、予想通り見事に沈没しました。。。


ガンマとは

ガンマとはデルタが変化する速度です。
デルタが変化する速度はATM近辺で最大になります。
適切な対応方法をしらないと、ATM近辺のガンママイナスは相場に振り回されて危険だと感じるかもしれません。

しかしながら、ATM近辺を売って破綻する可能性はそんなに高くないのです。

ATM近辺を売る投資家は、そもそも対応の仕方を知っているということもありますが、
ガンマはインしていくとだんだんなくなり最終的にはなくるという特性が破綻しにくい大きな理由です。その辺を考えれば、一見安全そうなOTMをたくさん売るよりも、ATMを少なく売った方が生き残りやすい理由が分かってきます。

OTMは最初はデルタも小さく、ガンマもそんなに大きくはありません。
ところが、OTMだったものがATMに近づくにつれ、デルタが不利な方向に加速し、その加速度は激しさを増します。最初は苦労するATM。ほとんどの場合安パイながら、どこかでとてつもない目に遭うOTM。世の中ちゃんとつじつまがあうのです。

ATMの売りは目先は乱高下に悩まされるのですが、万が一、一方的な方向に行ってディープインした場合でも、デルタを適切に管理していれば、ガンマはどんどん小さくなり、オプション特性はなくなりあとは楽になるわけです。もちろん、損は避けられませんが。

ガンマの究極的なリスクは、インした場合の最大デルタ(=先物化したオプションのリスク)にあるといってもいいでしょう。(厳密には乱高下にともなうリスクもありますが)。インした場合の最大デルタを考えた上で適切なポジション量を売るのであれば、ガンママイナスのリスクはそれほど恐れるほどのものではありません。そのうえで、現在地におけるデルタを適切に管理していれば、損が出たとしても破綻することはまずありません。


オプション売りが好きな方は

長期的に生残りたければ、安いオプションを多く売るより、あえてATMに近いオプションを少なめに売ることを覚えましょう。

ガンママイナスが怖いと思う方は

オプションの売り買いが1対1になっているスプレッドでも、半分の領域はガンマがマイナスです。
ガンマのマイナスが怖ければ、オプションは買いしか出来ません。オプション買いしかやらないのであれば、出動タイミングは年に数回に絞るべきです。壮大に散った私の上司の話を思い出してください。

ガンママイナスのリスクを過度に恐れる必要はなく、最悪時の最大デルタをきちんと認識していれば十分対応できるリスクです。バランスよく売り買いをまぜ、ガンママイナスとかガンマプラスとかいう表現に過度に神経質になることは、愚の骨頂ということです。