VIXが18%に迫り、日経VIが一時21%を超えました。

日経VIやATMボラの水準自体は、まだまだ平常範囲ですが、プットの割高さだけは久々の異常なレベルです。

トランプ大統領が通商政策を使ってどこまで世界経済を揺さぶるか。
昨日の夜間のように、緩めたと思ったら、それが一転否定されるなどまだまだ予断は許しません。

あのような往復ビンタの動きをされると、日経平均の水準は変らなくても、ボラはジリジリと上昇せざるをえませんし、プットは異常なレベルにはりつかざるをえません。

連日の日銀の買い占めで外国人の売りを何とか吸収して持ちこたえてはおりますが、持ちこたえきれずに日経平均の水準が大きく変れば、あほプットにATMボラが追随して、お久しぶりね~のアホボラです。。。