毎度のことながら、今回も配当付き最終日、配当落ち日における3時直前のTOPIX先物の打ち合いは激しく行われました。

配当込みTOPIXとずらさないようにするためには、配当落ち日の引け値で予想配当分を全額再投資すればよいのですが、実際の運用は、付き最終日と落ち日の引け値の二つを基準にしているようです。

うまく買う必要はないので、できるだけ基準に近い水準で買えばいいので、ETFや年金の運用担当者は「へたな」相場観を働かせず、淡々とやってるということです。

その代わりに、それを見越した証券会社自己部門やヘッジファンドやマニアックな個人投資家があらかじめリスクをとってTOPIX先物を買い付けて、そうした運用の買いにぶつけるわけです。この動きによってある程度ならされるので、お互いがウインウインの関係といえるかもしれません。

この両日のTOPX先物の売買高は朝から多めなのですが、特に引け間際の2分間は異常な打ち合いになります。

まあ、これはいいとして、そんななか、毎回日銀ETF買いが律儀に実行されるのはさすがに「どうなんだろ」と思うところであります。そもそも、日銀がETFをここまで買い上げえたおかげで、巨額の配当再投資の買いが出てくるわけで、その日にわざわざ、張本人が一緒になって配当落ちで下げているTOPIXを基準に買いを入れる必要はないのではと思うのです。

まあ、配当落ちか実相場で下がっているかわからないということで、機械的にやっているのだと思いますが、なかの人はそうした機械的な「介入」がひょっとしたら市場の「厄介」ものになっているやもしれぬと余分なことを考える必要もないのでしょう。