九条清隆 相場観と金融工学

株式・先物・オプション・FX・仮想通貨など、投資・投機を通じていろいろ考えるブログです。

カテゴリ: 投資理論

知識人は、みんなが「日銀がお金を刷る」という仕組みをちゃんと理解しているつもりでしゃべっている。初心者が聞いたら、素直に日銀が本当にお金を刷って配るのだと勘違いする。

巣鴨のおばあちゃんたちは、白川さんはケチだったと思っているかもしれない。

いや、おばあちゃんだけではない、結構そう考えている人は多そうな気がする。

これから日銀が踏み込む政策は、「期待に働きかける」 部分が非常に大きいから、世の中の多くの人が実際に本当のメカニズムを知らなくても、多少の勘違いはあっても期待感が高まればそれでいいとも言える。

肝心のお金の流通量については本当のところどうなるのかは経済学者だってわかっていなのだから。

知識人の中にも、日銀が資産購入で市中の貨幣を増やせば、イコール物価が上がると考えている極端な人もいるようだが、さすがにこれは問題外。

日銀は、銀行が持っている国債と交換に現金を銀行に渡す。これまでその現金は、ほとんどそのまま、銀行の準備預金勘定といわれるものに「ブタ積み」されていた。なぜかというといくら金利が低くても借りてくれる人がいなかったからである。

日銀ができるのはこれだけで、あとは銀行が増えた現金をどうするかである。
日銀が銀行から無理矢理国債を買い上げると、使い道に困った銀行が結局また国債を買うという笑えない話がないわけでもない。

銀行もまた国債を買う羽目になるんだったら、日銀の買取要請に無尽蔵に応じるわけにもいかないだろう。

したがって、残存期間の長い長期国債や、株式などのリスク資産を買い取ることになる。新日銀はこれをガンガンやるとしている。

銀行は増えた現金をそのまま、寝かせておくわけにもいかない。なぜなら現金は利息を生まないから。
ちょうどうまく借りてくれる人がいればいいけどいなければ、おそるおそる何かを買うか、通常は貸さない人にも思い切って少し高い金利で貸すしかない。そのムリして貸したお金の一部が金融市場に流れこむのではないかとみんなが予想する。それを先読みして株が上がり、円が安くなる

早い話、今これが起こっているわけだ。

株が上がれば、資産家は財布のひもが緩む。世の中の雰囲気も変わる。
円安になれば、輸出企業の採算が改善する。それが、さらなる株の上昇を生む。

いわゆる、風が吹けば桶屋がもうかる方式。
世界景気に好転の兆しが少し見えることもこの風桶方式を後押ししている。

で、実際にはまだ何もやっていないというところが最大のミソ。
やるぞと見せかけて、これまでとは気合が違う、やるに違いないと思わせていることが今の変化を支えている。

今のところ先読みして動いているので、実際始めたら効果がどうなるかはわからない。ただいえることは、今のうちに金融政策以外のことをきっちりやらないといけないということである。で、金融政策については、ほんとのホントにやりすぎると今度はインフレだの財政問題と別の大きな問題が出てくる。

なかなか初心者にはこの最後のさじかげんがなんとも言えずわかりにくい。

参考記事リンク

なぜ多くの政策が不発に終わるのか。今、本質を考える。アベノミクスの盲点 (通勤の友シリーズ)
アベノミクスの正しい場外観戦の仕方
アベノミクスは場外観戦しているうちが華
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

投資にせよ投機にせよ、市場に勝てるのか?というのは永遠のテーマである。

市場には勝てないとあきらめた一派は、市場ポートフォリオへの投資を薦める。いわゆるインデックファンドといわれるものだ。残高はずっと増え続けているし、最近のパフォーマンスも絶好調だ。

いやいや、そんなはずはないよという一派は有望な個別株の発掘に精を出す。
いわゆる、ファンダメンタルズといわれるリサーチ情報の取得・分析で人を出し抜くことや、誰も気づいてないシナリオを先読みすることで超過収益を狙おうとする。

インデックス否定派の中には、ファンダメンタルズは無視してマーケットの動きそのものに挑戦する集団もいる。デイトレーダーといわれる人たちはみんなそうだ。自分だけはマーケットを出し抜いて儲けられるのではないかと夢をいだき参戦する。儲かる手法を求めていろいろと売買を繰り返す。あえなく散るものもいれば、生き残るものも一定数いる。

ヘッジファンドは、両方のアプローチを混ぜ合わせており、インデックス否定派の急先鋒でもある。

そもそも、市場に勝つということはどういうことだろうか?

市場の動きにかかわらず、常に儲けを出すということである。
それを絶対リターンという。絶対リターンを上げること=市場に勝つことにほかならない。


絶対リターンを生む手法を市場ポートフォリオに継ぎ足せば、市場に勝てる。
あるいは、市場ポートフォリオをわざとちょっとだけずらして、それによって収益の上乗せを狙う。うまくいけばその分市場に勝てる。ヘッジファンド的な運用に踏み込めない伝統的な運用会社は、これをわざわざアルファ戦略ともったいぶった呼び方をしている。そもそも、アルファア戦略でリターンを上乗せできるなら、インデックスの隅でこそこそやらないで、それだけを堂々と別建てやってもよさそうだが、どうやらそれだと顧客の受けが悪いらしい。


では、市場の動きに関係なく絶対リターンを上げるにはどうすればよいか?
ふたつ方法はある。


①期待値が100%を超える手法を繰り返し続けること。期待値は回収率と置き換えてもいい。

期待値が100%超えるということはかなり難しい(当然ギャンブルのすべてが期待値は100%未満である)。
市場全体がプラスサムの状態の時だけ参加するということ。
しかし残念ながらこれは市場が右肩上がりを続けるということであり、市場の動きがどんなときにもという前提条件に抵触する(市場が右肩上がりだと平均的にはみんな儲かるのだが)。
となると、期待値が100%以上の手法とはたぶん裁定取引しかないことになる。しかも、ITが発達した今、そうそう裁定取引のチャンスが転がっているものではない。


期待値が100%以下であるにもかかわらず、なるべく長い間プラスを保てる合理的な賭け方(投資)を行い、まんまと勝ち逃げすること。


見もふたもない答えだが、伝説のトレーダーといわれた人が、実はたまたま長期シナリオを数回当てただけで伝説でもなんでもなかったり、これまで稼いできたヘッジファンドが突然破綻したりするなんてことは、全然不思議でもなんでもないのだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

普段なにげなく使っている期待値や確率という言葉。
その正体は意外と不明瞭で、けっこう間違った考え方をしてしまうことも多い。
投資理論はリターン(期待値)と分散がベースになっているので、ここをきっちり押さえておかないと、投資においても不利なことを知らずにやってしまうはめになる。

まず確率。世の中確率どおりに物事は動かないし、起こったためしもない。
というように実感して思っている人は多いと思う。これはある面正しく、ある面正しくない。ややこしい。といって、決しておろそかにしてはいけない。

この確率の考え方は、投機家はもちろん投資家にとっても非常に重要なものである。
金融工学を使ってオプションの値段を計算したり、ポートフォリオの期待収益率うんぬんの話をするときには避けて通れない部分である。

現実の世界で確率に一番近い位置にいるのががギャンブルだ。

たいていのギャンブルは当たる、外れる、の2パターンで勝負する。

目の前の、当たり外れに熱くなりすぎるとギャンブルの罠にはまる。常に、頭の片隅で冷静に何%の確率かということをときおり思い返さなければダメ。

確率の勘違いに「独立」か否かというものがある。前回の結果が今回の結果に影響を及ぼすかどうかということ。


こんな例はどうだろう。

3つの箱がありこのうち1個に当たりが入っている。当たる確率は1/3である。
あなたはそのうちの一つを選んだ。
残りの2つの箱のうち、一つは間違いなく外れである。
そこで、残った箱のうちひとつが開けられた。
はずれであった。
これであなたの当たりの確率は1/2になったはずだ。


でもでも、疑い深いあなたは、もともとおれが選んだ時の確率は1/3でそのあと何もしていない。空箱がひとつあけられたとしても、当たる確率には変化がないはずだと。

そこで最初に選んだ箱を残ったもう一方の箱と交換できると告げられた。さて、あなたはどうすべきか。最初の状態で当たる確率は誰が何と言おうが1/3。これを独立した確率という。なぜ独立?と思うが、これは次の条件付き確率に対応するからである。

空箱を1つあけた時点で、あなたの選んだ箱が当たる確率は1/2に上がっている。しかし、あなたの選んだ箱は2つのうちの一つではなく3つのうちの一つだ。したがって、あなたの当たる確率は1/3のまま変化はしない。ところが、交換することによって、2つのうちから一つを選んだことに条件を変更できるようになったのだ。あなたは箱を交換すべきで、交換することで初めて当たる確率は1/2に上がる。これを条件付き確率という。

普通ギャンブルでは必ず独立した確率を使う。前回の賭けの結果が今回の結果に影響することはない。親の手を見て、引き直すことができるポーカーや常に連続的に状況が変わる麻雀はギャンブルとしては特殊である。

このあたりの話もおりおり投資と関連付けながら紹介していきたい。


さて、次は期待値の話。説明は簡単だがこれも少々奥が深い。


さいころを振って1の目が出たら60万円もらえ、それ以外の目が出たら何ももらえない、という賭けがあったとする。この時の期待値60万円*1/6 = 10万円。


期待値とは、無限回繰り返した場合に平均いくらもらえるか、ということ。無限回、こんなありもしない話をするな、結果は60万円か0円のどちらかではないか、と思うのは素人の浅はかさ。

期待値を期待確率や回収率とよぶこともある。回収率とはよりギャンブルを意識した言い方で、投資金額と、回収額との比率をいう。


ギャンブルで勝つ手法があるということは、それはすなわち期待確率(回収率)が100%を超えるということである。次回は期待値についてもう少し書いてみたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

アベノミクスによる期待感なのか、日本株は順調に上昇中。
素直に流れに乗った人は、そこそこ儲かっているようである。
長い間封印していた株式投資を再開する人も増えているようだ。
TVや週刊誌でも、どこまで上がるのかが話題になる。

久々に個人投資家にとってはいい環境がやってきた。
具体的な成果がまだ見えていないので、みんなが一斉に強気になることもなく、節目節目で弱気の虫も出るので、意外と息が長い相場になるのかもしれない。

ところで、株価の動きはランダムなのだろうか。
それとも何らかの規則性があるのか。
もしあればそれを利用して儲けることはできるのだろうか。
いきなり、ヘビーなテーマである。

実は、これには答えが出ていないし、どんなに投資理論が発展しても完ぺきな答えは出ないだろう。

私の答えは 「株価はランダム的に動くが、必ずしもランダムではない」 である。
少し、禅問答的になってしまう。

株価の動きがランダムであるということを、投資理論では効率的という。
市場が効率的だと、過去の動きをいくら分析しても、情報をどんなに分析しても、市場には勝てないことになる。プロが運用しても、市場インデックスに継続的に勝つのは難しいという実証研究はたくさんある。

その説を信じれば、下手に銘柄選びをしても、時間とコストがかかるだけで意味がないということになる。

ほとんどのファンドマネージャーが市場パフォーマンスに負けるという現実が、市場を効率的であるとする一つの根拠である。
統計学的にランダムかどうかを判定する方法はいくつかある。それによるとランダムではないという仮説が否定され、すなわちランダム=効率的であるという結論が出る。

統計学的に検証すると市場や株価がランダムということにされてしまうのだが、本当にランダムだったら、なぜたくさんのファンドマネージャーいるのか。なぜ、ヘッジファンドがブイブイならしているのか。みんな、儲かる銘柄探しを辞めないのか。
おかしいだろ。

それに対して私はこう考えている。

ランダムではない動きがランダムに起こると。

つまり、市場をよく見るとところどころスキがあるのだと。
短期的には効果的なやり方が現れてはやがて消え、そのうち再び少し姿を変えて現れるようなことが繰りかえし起こりうるということだ。
その中で目立つものを、テーマとかブームと言ったり、あげくのはてはバブルと呼ぶのかもしれない。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

↑このページのトップヘ