2017年03月03日

我慢と忍耐の違い




こんにちは


大体3~4日に1回のペースで更新していこうと思っています修験者の中澤です。


さて今回は我慢と忍耐の違いというテーマで書いていきたいと思います。


最近よく思うのですが、我慢すると言う言葉を使っている人が多いと思います。仕事で嫌なことがあったら「我慢するしかないよね」や「今は我慢」と言っている人が多くいます。


そもそもなぜ我慢をしているのか?我慢を何の為にしているのか?これを不明確のまま我慢をしているので、ストレスが溜まり愚痴をずっとこぼし続けている人が多くいます。


ハッキリ言って我慢はあまり良くなと個人的には思っています。


なぜなら我慢とは、

「我が慢心する」

と書き、自分が苦痛に耐えているのを偉いと思っているだけだからです。せっかく苦しい思いをして耐えているのに、慢心の心に踊らされて、目的を持たず何の達成もなければ何の為に耐えていたのかわからず時間の無駄です。

これに対して忍耐とは、

「忍び耐える」

と書き、何かの目的の為に一定時間だけ耐える事です。この苦痛には意味があり、自身のしたい事に向かっているという充実感もあるので苦痛に耐えている期間でさえ楽しいと思えます。


脳科学の用語で報酬という言葉があります。これは脳が喜ぶ事に対して言う言葉で、何か障害が報酬と自分の間にあっても、報酬が障害の向こう側にあれば、その障害を乗り越える事が出来ます。

報酬














簡単な取り組みで言うと、朝なかなか起きれない人に効きます。朝目覚めて直ぐに目につく所に何か好きな食べ物を置いておいたり、時間を決めて好きな所にいく予定を立てておくと良いです。例えば好きなカフェに行く予定やデートの予定、大事な会議など予定を立てておくと必ず起きれます。


仕事であっても一緒で、目的がなければ辛い仕事を乗り越えるのがむずうかしくなり、なおかつ楽しくないので時間がもったいないです。逆に何か目的をもてれば辛い仕事も辛いとは思わず楽しく、目的達成がし易くなります。


なので先ずは、自分の本当にしたい思える目標・目的を見つけて欲しいと思います。そうすれば今まで考えもしなかった道が見えてきて、どんなイバラの道であっても乗り越えていけます。


(これだっ!と思ったら、迷わず進め)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




自分も我慢と忍耐の違いをしっかり理解して良い耐え方をして自分の道を歩んでいきたいと思います。



このエントリーをはてなブックマークに追加
kkuss1054 at 06:33│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • パートナー
  • 危機感=原動力
  • 未来からの今を生きる
  • モヤモヤする人へ
  • 社会の壁
  • いらない拘り、いる拘り
  • 本当にやりたい事
  • 本当にやりたい事
  • モチベーションを持続させない目標 させる目標


このエントリーをはてなブックマークに追加