2017年03月08日

自分の見方3


こんにちは

最近は料理にハマっております修験者の中澤です。


さて今回は、自分の見方と言うテーマで書いていきたいと思います。

今までの人生を振り返って思うのですが、結構自分勝手に振舞っていた人の方が人間関係が上手くいっていた様に感じます。


逆に繋がりが強いか弱いかは置いておいて、自分を犠牲にしてまで、人の事を優先し人の事を考えようとしている優しい人の方が人間関係に苦しんでいた様に感じます。


なぜこんな事が起こるのか?

それは

自分の良い部分が

見えているか

見えていないか


が原因だと思っています。


自信家で自己中心的な人は自分の良いところを見つけて、自分を肯定し続ける事が出来ます。どんな時にも自分の良い部分に焦点を当てます。さらにそれを他人にも出来て、その人が気づいてない良い所を見つけてあげる事を習慣的にします。


逆に自己犠牲をしてまで他人の事を考えようとする優しい人は、自分が満足出来ていないので自分の悪い点ばかりに目がいく癖がつきます。自信も無くなっていき、周りの人の悪い点ばかりを見つけてしまうので、周りの人もどこか居心地の悪さを感じてしまいます。そういう人はネガティヴな発言をするので、発言すると周りに人がいなくなってしまうという勘違いもしてしまい自己主張もしにくくなります。ひどければ自己嫌悪になる悪循環に陥ります。


これを改善するには自分の良い所を見つける癖をつけていく必要があり、そうなる為には自分のしたい事を成し遂げる成功体験が必要となってきます。


なぜなら自分の悪い部分ばかりに目がいく人は、自分のしたい事を成し遂げれないと思い

出来ない言い訳として

自分の悪い部分を見ようと

するからです

なのでまず重要なのは明日からでも出来そうな目標を立てそれを達成する体験を得る事です。


朝早く起きたいと思うなら何時までに起きると目標を立てるとか、ある人と話したいと思うなら一言でも話しかけるとか、本当に小さな小さな目標を立てて自分はしたい事が成し遂げられる人なんだと肌で感じる事が必要だと思います。


それを続ければ自分はいつでもしたい事を成し遂げられると自分のイメージが変わり、余裕も出てきて本当に人の事を気にかけてあげられて人間関係に苦しむ事も無くなってくると思います。

【自己評価をもっと上げたいなら】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
自信を育てる心理学 「自己評価」入門





優しい人ほど辛そうにしてる人が多いので、少しでも参考になればと思います。


1人でも多く楽しそうな人が増える事を願っとりゃす🤘

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
kkuss1054 at 20:40│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • パートナー
  • 危機感=原動力
  • 未来からの今を生きる
  • モヤモヤする人へ
  • 社会の壁
  • いらない拘り、いる拘り
  • 本当にやりたい事
  • 本当にやりたい事
  • モチベーションを持続させない目標 させる目標


このエントリーをはてなブックマークに追加