February 11, 2018

PDCA

最近日付が変わるまで起きていられない高家の人です。

こんばんは。
(*- -)(*_ _)ペコリ

月末多忙からの月初多忙の空中コンボを食らってしまい、
HPは赤字状態、体の疲れが取れません。

この連休になんとか回復したいのですが、休み明けも
忙しそうな予感がしており、このまま逃げたい感じです。

そんな事もあり、今回の記事は長め&妄想多めになって
おりますのでご容赦いただければと思います。

まずはコメントお返事から参ります〜
ーーーーーーーコメントお返事疲労困憊ーーーーーーー
【記事:覚えている訳ありませんっ!】
ブランメル様からのコメントお返事


いつもいつもコメントありがとうございますっ!

読んでいる方がいるというのが実感できる事がブログの
モチベーションでございます。
そう言っていただけると大変うれしゅうございます。

キャッちゃんはチーム・ブランメルからの期待のFA選手。
稀キャッツ川両目点目稀キャッツ川両目点目口開き稀キャッツ川両目くるくる目反転BlogPaint
SSだけではなく、お外に営業へ出しても恥ずかしく
ないよう仕上げたつもりです。

今回の合戦では予想以上の活躍をしてくれたかなーっと
思ってたりします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
のぶニャの話。

書き出しにも書いたように、月末月初がバタバタしてて
いまいち記憶に残ってない。

残ってないと言うことは大した事はなかったんだろうと
思いますので深くは掘り下げないでおきましょう。

えっ?メンテですか?
確か猫追加ぐらいしかなかった気がするけど・・・

ですので追加された猫については
2015213-01202
こちらのブログをお勧めいたしますわ。

決して丸投げとか他力本願寺と言うわけではありません。
猫の検索や速度計算とかでも大変お世話になっております。

尾崎照れ口開き
この場を借りてお礼申し上げます!
稀けいぎん反転
誤魔化している様にも見えるわねぇ
ハイ、静かにしようね。

話を変えましょう。

そして毎年この時期になると、「バレンタイン・イベント」
と称し、兵糧を配るイベントが行われます。

毎年同じなので目新しい所はないなぁと思っていたら、










バレンタインイベント
三条ノーマル口片上がり照れ反転
「いやー!さすが運A様はわかってるデース!!
 このミーをこのイベントのTOP画面に持ってくると言う
 事は、ミーの魅力に気づいたって事デースネ!!」
「のぶニャが界のかわいいネコ『神4』って認定されたって
 事デース!!」
「さぁ、皆の者、ミーを崇めるデーーーース!!」


尾崎まゆげ上げ口開き白目2反転稀真田どんより
「(すっごいすっごいすっごいうざい)」
「(運Aよwwwギャンブルだろwwwそしてうざい)」


「うははデース!嫉妬の視線が心地いいデーース!」


そんな妄想が一瞬にて脳内を駆け巡りました。

この4匹の中で唯一「並」で1枚しか出ていないので、来月
あたりにでも追加されてしまうかもしれません。

がんばれ尾崎ニャン。
負けるな尾崎ニャン。
レアリティはなんでもいい。
せめてくじから出るようになって欲しい。

つらいので話を変えましょう。

記事のネタにしていた術デッキの育成が終わったので、丁度
開催されていた合戦でテスト運用してみました。

いくつか気になってた所を振り返りつつ報告。

2015213-01202宝お市反転
あれね、『PDCA』ってやつね。」
「貴様にあれこれ言われるのは気に食わんな、『毒眼鏡』」
「いくらニャポかかってると思ってんだっ!!」
「チッ・・・じゃあ振り返るぞ


・暗中飛躍は「安芸うつけ」と「三好三人衆」の伏兵に
 反応していた。
・『お袋様』のおかげもあり、伏兵がいなくても発動してた。

宝お市反転尾崎まゆげ上げ口開き白目
「こんなところだな。」
「伊賀同心の時はどうでした?」
「しらん、マッチしなかった」
「おい、そこ重要だぞ」


・二兵衛は『お袋様』と「半兵衛とセット」と言うこともあり
 ほぼ初手で発動。
 たまーーーーーに発動しない時があった。でもほんとたま。

・『姉御肌』については以前も書いた通り、守護率は非常に
 高いと思われる(体感)
・守護系技能無効の攻撃は当然守護しないので、他の対策は
 必要と思われる。(HP覚醒や他のダメ軽減技能など)

・『鍾馗陣羽織』は『お袋様』の効果もありほぼ初手で発動。
・自分のHPを回復する時としない時があり、その条件に
 ついては不明。(誰か教えてプリーズ)


宝お市反転尾崎半目
「こんなところだな。」
「ちょっと待って、VTRに変な行動が映ってる!!」




20180210142835

尾崎反転まゆげ上げ口開き宝お市
「なんであんたが『津軽』使ってんだよっ!」
「ああ、速度の関係で行動順が具合悪くてな。付けた。」
「贅沢してんじゃないわよー!」
「正直言うと御守欲しい。」






とまあ振り返ってみるとこんな感じ。

なんというか穴は多い。
でもツボに嵌った時の回想を見ると、










なぎはらえ
尾崎反転まゆげ上げ口開き

フハハハハ
尾崎まゆげ上げ口開きほほ染め


見ろ!ネコがゴミの(ry
尾崎半目口変化

な気分になれるデッキ。

久しぶりにデッキを作る楽しみを思い出しました。

もうちょっといじりたいなぁという部分はあるので、2.22に
手を入れたいとも思います。






えっ?勝率?






尾崎まゆげ上げ口開き
そんなん気にしてデッキ作ってるわけないでしょ!
前の術デッキとそんなに変わんないんだよっ!!



とりあえず以上?






イラッシャイマセ

「続きを読む」をクリックしてしまったあなた。

妄想ネタを待っていた片手で数えられるぐらいの方、
前話からまた間が空いてしまい大変申し訳ございません。

お待たせいたしました。

いつもより長めですがお付き合い願います。








      【警 告】

ここから先は当ブログに慣れている方・心の広い方・妄想ネタを
待っていたという奇特な方への推奨記事です。

慣れていらっしゃらない方はここでそっとブラウザもしくはタブを
閉じられる事をお勧めいたします。

慣れている方にとってはいつもの妄想暴走の感じです。
(そろそろ妄想ネタもエンディングへ)

読み終わった後に気分が悪くなったり等、体調不良が発生しても
一切責任は負えませんのでご了承ください

・「はつニャン」編(全5章の予定)

・第1章の8回目

シリアス度高め


・シリアス度が高すぎて筆が止まる始末。

・回想パートは現在の台詞を太字でSS無し、過去の台詞を
  細字でSS有りで分けてあります。
 
・時間が有り余っている時に(ry

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
==========================
前回のあらすじ)
ママ1反転稀真田どんより
「ここ最近ご無沙汰だから、もう真田君でもつまんじゃおう
 かしらねぇ

「勘弁してください。」


帰蝶めがね葉巻反転極草爺口開き
「葵、ビデオカメラは準備済だ。」 つ
「ほんと、勘弁(ry」

ママ正面帰蝶眼鏡照れキラjキラ反転珍草爺驚き2
「ちょっとぐらいいいでしょぉ?真田君だけお正月になんか甘い
 感じだったしぃ

「そうだな、甘すぎて見てられんぐらいだったからな。」
「しらねーっすwwwほんとwww勘弁してwww」

==========================

20151113211555

さーて前回からの続きじゃが、えらい間が開いてしもうたのぉ
覗いてくれとる人もそうじゃと思うが、
正直わしも記憶が曖昧じゃっ!!
そんな時の為にINDEXがあるから、
記憶が曖昧な人にお勧めするぞっ!




『帰蝶の野望 第1章 過去─

2015525-211147
芸能事務所:てんかニャぶ
(帰蝶の部屋)

ママ正位置稀真田反転
「・・・・・・・どこまで話したかしらぁ
「・・・・・・・宣戦布告されたところだったと思います。」
「随分前に話をした気がするわぁ
「気のせいにwwwしておきましょうwww」

ママ1反転
「そうね・・・気のせいにしておきましょうねぇ」
「言いがかりに近い形、でも見抜けなかった私達が
 悪かったのだけど・・・」
「はつニャン達は私達に戦争を仕掛けてきたのよぉ


帰蝶めがね葉巻反転ママ正面変化
「戦争と言っても表立って殴り合いとか殺し合いって訳じゃ
 ないがな。」

「ええ、でも芸能界で生きている猫にとっては・・・」
「生きていけなくなるぐらいの仕打ちだったわ・・・。」


===========(回想)===========




『突然の宣戦布告に動揺し、心折れかけた私達』
『だけど村上君の言葉で、もちなおす事ができたわぁ・・・』

『そしてこれから訪れるはつニャンからの攻撃を耐え、』
『逆に乗り越えてやろうと・・・』
『そう思っていたわぁ』

『でも相手はこちらが油断している内に準備を進めていたの』
『それこそ分からないように裏で手を廻してね・・・。』





ー強圧と虚言ー

20170717223912
芸能事務所:猫太刀幕府
(葵のお部屋)

幸隆半目片口上げママ正位置
「葵、悪い知らせだ・・・」
「どうしたのぉ?」
「うちの子が出演している番組の放送局が・・・事務所の猫全ての
 出演取り消しを伝えてきた。」


極村上口閉じ反転幸隆半目片口上げ口開き反転
「ラジオ局からも出演取り消しが来た。」
「テレビだけじゃなくてラジオ局からもか!?」
「ああ、ご丁寧にローカルも含めた『全ての』ラジオ局からな」
「テレビ局も同様だ・・・」

ママ正面変化
「テレビもラジオもうちの事務所の子は出演NG・・・」
「そしてうちの子が掲載されてた雑誌も記事差し替え通知がきたわぁ」
「すべて、ほぼ、同時の、タイミングでねぇ・・・」


極村上口閉じママ1反転
「正確には不明だが、仲の良いやつから聞いたところ、某事務所
 からの圧力があったそうだ・・・。」

「このタイミング・・・随分前から周到に準備してたのねぇ・・・」




『露出する媒体が無くなってしまう』
『それが意味する事は』
『収入が、生きる糧が無くなってしまうと言う事。』

『芸能猫にとっては死活問題だわぁ・・・』

『準備する期間があったとはいえ、その圧力をすべての媒体へ
 同時にかける事ができる「はつニャン」』
『いかに「はつニャン」が裏の世界に君臨していたか』
『その一瞬で思い知らされたわよ・・・』

『そしてその攻撃は手が緩むことはなかったわ・・・』





ママ正面極村上斑点
「地方のイベント営業はどうかしぁ?」
「いくつか仕事があるが、客席に紛れ込んだ『妨害猫』がいてな。」

幸隆半目片口上げ反転極村上口閉じ
「やつら忍びの術を使えるから対応できるのがおれら二匹だけだ」
「数が多くて、俺の術だけじゃ対応が間に合わん。」

幸隆半目片口上げ極村上口閉じ反転ママ正面変化
「ステージに立つうちの子達に客席から露骨な嫌がらせやイベント
 自体に不具合が起きるよう工作してやがる。」

「雑賀のヤツの援護射撃もあって排除工作が進まん。」
「地方営業までさせないつもりなのね・・・はつニャンは」




『テレビやラジオ、所謂メディアでの露出を封じられた私達は』
『地方でのイベント営業というところに活路を求めたけど、』
『そこも「はつニャン」が持つ忍びの力で妨害をされたわぁ』

『私達3匹も忍びの術を身につけていたけど、』
『多勢に無勢とはこの事よ・・・』

『まるで国盗り戦で一瞬に地図が赤色に書き換えられるが如く』
『私達の勢力は芸能界から削られていったわぁ・・・』

『そして更には・・・』





喜多ニャン幸隆半目片口上げ口開き反転ママ正面
「ひどい!私、そんな事してないのに・・・」
「くっそ・・・ひでえ捏造記事書きやがる・・・」
「どうしたのぉ?喜多ニャンちゃん?

幸隆ママ1反転
「『週間ニャン春』にどう考えても捏造の記事が掲載されててな・・・」
「どんな記事なの?

「えーっとだな、
幸隆半目片口上げ口開き反転
『猫太刀幕府に所属するアイドル喜〇ニャン、裏ではSMクラブの
 女王様』

『昼はドルオタを、夜は奴隷をアーーーッと言わせる!!』だとよ。」

喜多ニャンぽかぽかママ正位置
「そんな事してません!いくらなんでもひどすぎですーーー!」
「・・・そうよね

諏訪照れママ正面変化
「私の事も書かれてます。」
「諏訪ニャンちゃんも??」
「はい・・・」


「こっちは・・・
幸隆半目片口上げ口開き反転
『猫太刀幕府のアイドル諏〇ニャン、裏の顔は葵の愛猫で、
 しかも葵との間に子猫まで!』

『認知争い勃発、葵は諏〇ニャンを飼い殺し状態!』だとよ。」
 

極村上口閉じ反転幸隆2
「ありえんな。」
「そりゃねーなwww」
喜多ニャン2反転誉諏訪変換照れ
「ありえないわ。」
「ですよねー。」

ママ1反転
「・・・あなた達、理由を聞きたいんだけどぉ
幸隆半目片口上げ口開き反転極村上口閉じ目閉じ
「言う必要もwwwないだろwww」
「論を俟たないとはこの事だ。」



>゜)))彡



ママ正位置幸隆半目片口上げ
「それはともかく今のままではまずいわねぇ・・・」
「仕事も激減してる中、こんな噂を立てられては落ち着いた後に
 仕事ができなくなる・・・。」

「喜多ニャンちゃん、諏訪ニャンちゃん、悪いけど落ち着くまで
 うちの別会社の事務所に籍を移してちょうだい。」


3fa13956諏訪照れ4
「そんな・・・葵社長・・・。」
「私達は葵社長に育てられたんです、ここから離れるのは・・・」
「ふふっ・・・うれしい事言ってくれるわね

ママ1反転
「でもね、今の状態でここにいてはあなた達を傷つけてしまう
「それにもしも私達に何かあったら・・・」


ママ正面
「あなた達に私達が教えた事を後輩に伝えて欲しいの
諏訪反転喜多ニャン2
「社長・・・」「葵社長・・・」

4
「まぁ、もしもの時ね もしもの」
喜多ニャン2微笑誉諏訪変換照れ
「わかりました。」社長・・・無理なさらないでくださいね。」




『「週間ニャン春」の出版社は表立って知られていないけど、』
『「はつニャン」のダミー会社の一つ。』

『「はつニャン」にとって都合の良い記事を掲載するの』
『常套手段の一つだったわぁ・・・』

『そしてそれは、今でも「はつニャン」の手段の一つよぉ』





==========(回想終わり)=========

20151113211555

喜多ニャンと諏訪ニャンは元々葵の事務所におったが
この時の事が原因でそれぞれ違う事務所になり、
そこで後輩を育てる立場になったんじゃな・・・

確かに喜多ニャンはそう見えるかもしれんが、
いくらなんでもひどい話じゃのぉ・・・
でもちょっとお仕置きされてみたい気も・・・
すまん、忘れてくれんかのぉ



2015525-211147
芸能事務所:てんかニャぶ
(帰蝶の部屋)

極草爺口開き反転ママ1反転
「じゃあちょっと前に読んだ『直江君の記事』とかwww
 もっと前の『ちょろのネタwww』なんかは・・・」

「そう、『はつニャン』の揺さぶりよぉ・・・

めがね帰蝶口変化極草爺
「だからちょろのやつ・・・脇が甘いと言ったんだ。」
「まああれは私に対する牽制、警告だったんだろうがな。」

「警告・・・ですか?」
「ああ、そうだ。」

ママ正位置めがね帰蝶反転赤目稀真田2
「そうねぇ・・・私達は監視されているみたいなものよねぇ
「ふん、かまわん。こちらも分かりきった上で動いてる。」
「???」

ママ1反転
「さて、話を続けましょうか・・・。」
「はつニャンからの圧力や嫌がらせ、妨害活動を受けながらも
 地方営業をしながら耐え続け、逆襲の機会を待っていた私達。」


ママ正面変化
「だけど耐える事は精神の疲労を積み重ねる事。」
「精神の疲労は焦りや判断ミスを招く事になるのよぉ・・・」


ママ正位置
「そして、私は大きな判断ミスをしてしまったわぁ・・・」
「それこそ、戦況を大きく傾けてしまうぐらいの・・・」


===========(回想)===========



『メディアの露出を封じ込まれ、収入が地方営業からだけになって
 しまった私達』
『しかもその地方営業も「はつニャン」の手による忍び猫の妨害
 で序々に減り続けていく状況。』

『私達は口にはしなかったけど、内心焦りと不安を感じていたの』

『このまま「はつニャン」にすべてを飲み込まれてしまうとねぇ』





ー決壊ー

20170717223912
芸能事務所:猫太刀幕府
(葵のお部屋)

幸隆2極村上口閉じ反転ママ正面変化
「地方の営業でなんとか食いつないでいるが、現場での嫌がらせは
 止まる気配はねーな。」

「はつニャンの能力のせいもあって、多勢に無勢な状況だ。」
「こっちは私達3匹で向こうは無限に湧き出るみたいなものよねぇ

幸隆半目片口上げ口開き反転極村上口閉じ目閉じママ正位置
「ゴ〇ブリみてーなもんだなwww正直俺の術でも4,5箇所程度
 しか対応できねぇwww」

「・・・葵、一つ提案があるんだが。」
「何かしらぁ?」

極村上口閉じ幸隆
「要所要所で雑賀のヤツが邪魔をしてきて、現場の妨害を阻止
 できない時がある。」

「確かに・・・比較的大きいイベントでの妨害猫の護衛にいる
 から、正直厄介だよな。」


極村上斑点ママ1反転
「あいつの一族は開祖が『はつニャン』から能力を授けられた事も
 あり、従わざるを得ない。」
「だが、あいつ自身はそれを良かれとは思っていない。」

「そうなの?本当の話なのぉ?」
「それはあいつ自身が俺と飲みながら言っていたから間違い無い
 事だ。」


極村上口閉じママ正面幸隆半目片口上げ口開き反転
「そこでだ、俺がヤツを説得しこちらに引き込もうと思う。」
「できるの?そんな事?」
「それだけの付き合いはヤツとしていると自負している。」
「正直あいつがこっちに来てくれれば助かるぜwww」

ママ正位置幸隆2極村上斑点
「そうねぇ・・・相手の手数が減り、こちらの手数が増えるわけよねぇ」
「願ったりwwwかなったりだなwww」
「地方営業がある程度確保できれば、戦線も安定し押し返す機会も
 できると思っている。」


極村上口閉じ幸隆
「この交渉の一手、やらせてはもらえんだろうか?」
「俺も賛成したいところだなwww」

ママ正面極村上口閉じ目閉じ反転
「・・・・・・・・わかったわぁ・・・お願いするわね
「任せておけ。」

幸隆半目片口上げ口開き反転極村上口閉じ反転ママ正位置
「やだ・・・かっこいい・・・抱いてwww」
「残念ながら俺はオス猫には興味はない。」
「頼んだわね




『焦りや不安、それによる見えない精神の疲労。』
『それに常に晒されて追い詰められている日々。』

『そんな中で希望や光明を見てしまった時、』
『それに縋りたい、信じたい、それが叶えられる、』
『そう思ってしまうのは、どの生物も同じだと思うのよぉ』

『その希望や光明が見えた中でも、危険を感じ取り』
『その最悪の状況を避けるための手段も考慮する』






『それを怠ったとき、最悪の状況は訪れるのよぉ』



『そう・・・』




『彼が・・・』









極村上口閉じセピア
『村上君が・・・帰ってくる事はなかったわぁ・・・』


==========(回想終わり)=========

20151113211555

かつて「東の3忍猫」と呼ばれた内の1匹がついにここで
退場してしまう事になる・・・
それは3匹で辛うじて保たれていたバランスが
大きく崩れる事を意味するんじゃ・・・。

長くなってる過去編も次回で終了(予定)じゃ!



つづく
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





(あとがき)
前半も
後半も
妄想
てんこ盛りで
申し訳ない。


これも
全部
仕事の
ストレスの
せい。









kkytkht at 00:00│Comments(2) のぶニャ独り言 | 妄想ネタ

この記事へのコメント

1. Posted by 通りすがりのニャームス   February 11, 2018 00:58
こんばんは。

いつも楽しく拝読させて頂いています。

〇スカのくだり、サイコーです!

見えない心の吹き出しが見える様です^^♪
2. Posted by ブランメル   February 13, 2018 23:51
こんばんはー(^^)
バレンタイン、玉ニャン入ってるのは当然として笑、三条入ってるのは、結構な割合で、こーゆーさんのおかげという側面あるのでは笑
という妄想するのも楽しいですね(^^)
妄想編、なかなかシリアスな展開になってきましたねー(^^)楽しみにしてますー。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
訪問者数<(_ _*)>
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

中の人

高優(こうゆう→こーゆう)

1週間に1回の更新を目指してますっ!
「信ON」と「のぶニャがの野望」とたまーにリアルの事を書いてる・・・・かなぁ?
時期によってハマるゲームが変わりますw

信ON全力休暇中!
☆仙論 高優   (LV70) 
☆武士 猫乃こーゆう(LV70)
☆忍法 猫乃にゃん(LV69)
☆お問い合わせ☆
お問い合わせ等は信書もしくは nobuon-3sisi@hotmail.co.jpまでお願いします