突然ですが、今日の朝日新聞朝刊から。


卵巣がん検診効果なし? 米の研究所調査 過剰治療の可能性

卵巣がん検診を受けても死亡率減少につながらず、かえって不必要な治療につながる可能性がありそうだ。米国立がん研究所などの研究結果が、8日付の米医師会雑誌(JAMA)で発表される。

卵巣がんは早期の段階で症状が現れないため発見が難しく、検診の有効性についての研究結果が待たれていた。チームは1993年から2001年の間、55〜74歳までの女性約7万8千人を、がん検診を受ける人と受けない人に分け、最長13年間追跡した。検診は腫瘍マーカーの値の測定を6年間、膣からの超音波で診る方法を4年間続けた。

その結果、卵巣がんで亡くなった人は、検診を受けた人が118人、受けなかった人が100人で、統計的な有意差はなかった。疑陽性も含め、検診を受けた人の方が卵巣摘出手術を受けた割合は高く、過剰な治療につながっていた。

卵巣がんは半数以上が進行がんで見つかり、治療成績はよくない。日本では卵巣がんの集団検診は行われていないが、一部医療機関が自由診療で実施している。患者数は年々増えており、年間約8千人に見つかり、50代前半が最も多い。

日本婦人科腫瘍学会理事長の宇田川康博・藤田保健衛生大教授は「検診は受けなくても、婦人科の受診時に超音波で卵巣の状態を診ることで早期発見につながる場合もある。少しでも違和感があれば受信を」と話している。(岡崎明子)


なんつーか、むなしい調査結果……。子宮頸がんと子宮体がんでの調査はしてないんでそか。あと、腫瘍マーカーと超音波で結果に差はなかったのかとかもちょっと気になる。あと、調査対象の年齢はもっと幅をもたせてもよかったんではないかと

関係ないけど、大震災のストレスで「85%の女性に月経トラブル」と「日経ヘルス7月号」が。今月号のテーマは女性ホルモン。リズムダイエット手帳(3か月分)の付録付き。なかなかいいど!

ところで、放射線値のチェックは相変わらず続けてるけれども、変化がないので更新していない。でも、保存はしてるので、いつかまとめてどっとアップすることになると思われ。ちなみに、今日9時現在のハイランド局は57.1nGy/h、浦賀局は61.9nGy/h。未明からの雨のせいでちょっと上がってる。