2007年02月17日

GIPPER / Melodyman

NORA筆頭MC GIPPER a.k.a. Melodyman


1st mini album。この人のラップの巧さと同時に大きな特徴の一つの甘く柔らかい声にメロディの乗ったフロウ。その部分をこれから大きく出していくという意思の表れでもあるのかこの作品のタイトルは「Melodyman」。それこそ一般層に受け入れられるキャッチーさ。それはこの人の巧さがあるからこそだけど。

「Melodyman」の名に恥じぬ1曲目「Puppy Love pt.2 with BENNIE K」、2度目の共演BENNIE Kと共に極上に甘いメロディを聴かせてくれる。プロデュースのFuekiss!!もこういうの本当得意だね。そしてDJ RyuukiのTalk Box、気持ちよすぎる。リリックも恥ずかしくなるほど甘い、もうまさに『メロメ〜ロ』(「Masta Funksta」より)。良い曲だ。
夏や冬の曲はいっぱいあるが秋の曲はあまりない、そこを作ってくれました、しかも遂にPMXとの共演で!2曲目「Chillin' Autum with BIG RON, RICHEE」は"秋のくつろぎ方"もうただそれだけの曲。PMX、BIG RONとの相性もバツグンで気持ちいいことこの上なし。RICHEEだけ・・・。
「Masta Funksta」もお得意のパーティモノ。この曲のキモはメロディの気持ちよさではなくフロウの気持ちよさ。言葉の抑揚の付け方、ビートへのハメ方、デリヴァリーの巧みさ。これが聴き心地のよさを本当にうまく引き出すのよね。でもこのタイプの曲に関しては「V.A. / PLUTINUM ROUTE」収録の「GASOLINE MUSICK」や後のシングル「Shall We Bounce?」が最高峰だね。
「Survivor with demi」はリリックが少しありきたりで安っぽい気もするな。『Like a diamond in the sky それで終わりでいいんですか』の踏み方なんだけど、あの・・・それでいいんですか・・・? でも『やる気に努力決断力 後は感謝の気持ちが運を呼ぶ』の部分は好き。demiの優しくて不思議な歌も好き。


最初にも言ったように一般層にもウケそうなキャッチーさと魅力・実力、ガッツリ宣伝におカネ賭けて打ち出せばすぐにでも売れていきそう。でもメロディフロウだけに固執していかず「High-Ero-Graph」のようなエロネタや「Bounce Boogie Bounce」みたなぶっといのもどんどんやって欲しいね。日本の西系の人たちの中では珍しく本当に"ラップの巧い"人だけに。



MELODYMAN
GIPPER, DJ PMX, BIG RON, RICHEE, Trippen, Demi
インディペンデントレーベル (2005/10/19)


1.Puppy Love pt.2 feat.BENNIE K
2.Chillin' Autum feat.BIG RON, RICHEE
3.Masta Funksta
4.El Nino feat.Trippen
5.Survivor feat.demi


kls at 21:30│Comments(0)TrackBack(0)CD review | GIPPER

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔