2007年02月25日

LUNA / THA FREAK SHOW

SUPA DUPA LADY BOUNCER始動!! 炸裂するLUNATIK SKILLZ! (CD帯より)


19歳で単身渡米して大会出て入賞した過去をもつ行動派で実力派のハーコービッチLUNAの1st mini album。ハスキーな声でラップと歌を使いこなす。正直こういうハーコービッチ系のフィメールラッパーあんま好きじゃないんだけどこの人はラップにしても歌にしても上手くて聴きやすくかっこいい。サウンド的にはめっちゃ米系のハコ仕様な跳ねモノ系。

タイトル曲「THA FREAK SHOW」がラップと歌両方をうまく使っててLUNAというアーティストの魅力がよく表れてる曲。トラックもぶっとくていいね。
「LUNATIK SKILLZ」は歌フロウ中心の曲。コーラスの入れ方とか被せ方にかっこよく聴かせる方法をよく理解して表現するセンスが表れてるね、トラックへの乗せ方もバッチリ。
レゲエやってる「EXCUSE ME MISTA & SISTA」や、テンテケバウンストラック(勝手に命名)の「Japanese Girl?」もおもしろい。「Japanese Girl?」に参加してるRAH-Dの明らかに怪しい外国人的な日本語のトコサイコー。
これらの曲に対して「TEASE ME」「Little booty all stars」が少し退屈な曲だったのが残念。
ボーナストラックには「THA FREAK SHOW (REMIX)」として客演に餓鬼レンのYOSHIが。REMIXと言ってもトラックはオリジナルと変わらず。抑えたフロウでラップしていて特に良い仕事をしてるというわけでもないけど、LUNAのヴァースがどこか削られてるということもないので純粋にYOSHIのラップが加えられたお得な曲。オリジナルが2分58秒と少々物足りない感じもするのでちょうどいいね。

日本語の発声も英語的でフロウの上手さもあるけど英語と日本語ごちゃ混ぜのリリックでも違和感なく聴ける。そんなわけでリリックの内容という点ではまったくひっかかる部分はないし求められないが、音として聴くにはかなりかっこいい。ちょっと褒めすぎな感じもするけどフィメールラッパーの作品(特にハーコー系の人)でここまで良いと思えたものってほとんどないから余計になのかな。どんどん客演とかやって実力磨いて欲しい才能だね。


THE FREAK SHOW
LUNA, YOSHI (from 餓鬼レンジャー)
インポート・ミュージック・サービス (2003/11/19)


1.INTRO
2.THA FREAK SHOW
3.LUNATIK SKILLZ
4.TEASE ME
5.EXCUSE ME MISTA & SISTA
6.JAPANESE GIRL?
7.LITTLE BOOTY ALL STARS
8.OUTRO
9.THA FREAK SHOW (REMIX) feat.YOSHI from 餓鬼レンジャー

kls at 00:05│Comments(0)TrackBack(0)CD review | LUNA

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔