2007年05月25日

TWIGY / 聖戦

近未来は一分後


日本語ラップのレア作品レーベル、クラシック量産レーベルと言えばの高木完主催VORTEXレーベル。この作品もご他聞に漏れず名作。1曲目にはZEEBRA&DJ KEN-BO参加。2曲目には名前だけDEV LARGEも。参加する予定で名前が入ってるが結局参加できなかったというお話。これ実際に参加してたらまたすごかったでしょうね。

1曲目「聖戦 part.1 feat.ZEEBRA」。ネタ使いがたまらない。2分46秒の短い曲ながらTWIGY節たっぷりに心地よく流れていくフロウ、そこに"光が射し込む"ようにアクセントをつけるZEEBRAのフック。なんでこんなにかっこいいんだろう。水と油のように決して馴染みはしない才能同士ではあるが、だからこそ際立つお互いの魅力。この作品で間接的にではあるが目論まれたTとZとDの共演が後に実現した「Player's Delight」もそれがはっきりと出たクラシック。
2曲目「聖戦 part.2」。プロデュースはPrince Paulと高木完。ゆったりとしたトラックに完全にトんだ状態でフリースタイルで韻と言葉を頼りに連想ゲーム的に繋いでいく。1ヴァース目の途中まくし立てるように言葉を詰め込み吐き出す圧倒的な部分でさえ気まぐれなんでしょうな。ふらふらゆらゆら。
3曲目「椰子」は前の2曲と違って跳ねる鍵盤とビートのテンポの良い曲。TWIGYも跳ねるようにラッピン。途中メロディのあるフロウしたりとTWIGYも楽しげ。



「聖戦 part.1 feat.ZEEBRA」がかっこよすぎる。part.2には是非ともDEV LARGEにも参加してほしかった。CDでは相当レアとも言える作品だけどアナログではよく見かけます。VORTEX作品は基本的にそんな感じ。ちなみに「BEST OF VORTEX」に「聖戦 part.1」と「椰子」は収録されてるが「聖戦 part.2」はこの盤のみの曲。どっちにしろVORTEXはレーベル買いしとけってこってす。日本語ラップ以外のアーティストの作品もあるんだけどね。

聖戦
TWIGY, ZEEBRA, DJ KEN-BO, Prince Paul, 高木完
ユニバーサルミュージック (1996/04/25)


1.聖戦 part.1 feat.ZEEBRA
2.聖戦 part.2
3.椰子
4.聖戦 part.1 (instrumental)
5.聖戦 part.2 (instrumental)



kls at 17:29│Comments(0)TrackBack(0)CD review | TWIGY

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔