2007年06月15日

WORD SWINGAZ / UNDA II OVA

RYW&OKIの2MIND UNITとDJ CELORYが起こす化学反応を全感覚で堪能せよ。(CD帯より)


ナニワの遊言導士ことWORD SWINGAZの1st。全曲DJ CELORYプロデュース。濃いよりも濃い2MC。クセがあるよりもクセがあってクセになる。盛り上げ屋。ナニワから唱える平和。

テーマ曲「遊言導士〜Theme From Word Swingaz〜 USHIMITSUDOKI MIX」、でっかく頭振りながら聴きたい曲。前半部は短いヴァース毎にマイクを廻し、後半部は細かい掛け合いでヴァースが構成される。こういう曲こそLIVEで盛り上がるんだろうね。WORD SWINGAZは一度LIVE観たかった。この声とフロウが実に中毒的。
そして名曲「一本のマイク 〜Dat's My Patna!〜」。派手に始まるイントロから嫌がおうにも気分は高揚。「遊言導士」然りこういう跳ねるビートがWORD SWINGAZにはぴったり、DJ CELORYナイスお仕事。『あらゆる時どんな時もこいつが俺の最高の友』。リリックも最高にかっこいい。このノリが実に実に中毒的。
何かのインタビューで自身達も言ってたけど、この人たちの神髄はパーティチューンにこそある。間違いなくあがる、いやあげさせられる。が、故に後に続くメロウに聴かせる「万華鏡 〜Innocent World〜 part.2」、「Go For Get It 〜Catch a "BIG ONE"〜」はどうしても入りきれない違和感が。
「万華鏡 〜Innocent World〜 part.2」はセロリらしい"清潔"なトラックに『万華鏡のような世界』を歌う曲。リリックも確かに良いこと言ってるんだけど、な〜んかわざとらしく聞こえちゃうんだよね。ラッパーとしては最高に魅力的でもこういうことを歌うには損な声なのかも。
ラストの曲「Go For Get It 〜Catch a "BIG ONE"〜」はまだトラックに静かな熱さがある分まだ"ズレ"はそこまで強く感じないけど、印象は相変わらず。O.K.I.の『平成も二ケタ 早すぎる時〜』からのヴァースはすごい好き。


ハマり曲はとことんハマってるが、そうじゃない曲はどうにもズレてしまっているという感じのアルバム(ミニ)。声にクセが強いので苦手な人も多いかもしれないが、一聴して「嫌い」と片付けてしまうには実にもったいない作品、アーティスト。聴けば聴くほどずぶずぶ嵌まる中毒性があります。「一本のマイク」は本当に好き!

ワード・スウィンガーズ
WORD SWINGAZ, DJ CELORY
Pヴァインレコード (2000/05/25)


1.INTRO...
2.UNDA II OVA~Psyco,Phunk,Rhyme
3.遊言導士 〜Theme From Word Swingaz〜 (USHIMITSUDOKI MIX)
4.Skit
5.一本のマイク 〜Dat's My Partna!〜
6.万華鏡 〜Innocent World〜 (Part.2)
7.Skit
8.Gor For Get It 〜Catch a "BIG ONE"〜

kls at 20:36│Comments(0)TrackBack(0)CD review | WORD SWINGAZ

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔