ころりんの平凡な日々

プロフィール 名前 colon 犬種 トイプードル 生年月日 2004.6.10生 性別 男の子 自分が犬とは思っていない元気で明るい男の子!   

2004年トリオ

ご近所の公園で小さい頃から一緒にお散歩してきたお友だち。

昨日はそのひとりのコーギーのよんちゃんのお誕生日だった。
最近はお互いに飼い主の生活パターンで、お散歩でも会えるのがめっきり少なくなってたんだよね。

みんな2004年生まれで今年12才コンビ。
久しぶりに、よんちゃんの誕生日だし記念撮影と言うことで公園に集合。
よんちゃんママが撮ってくれました。

IMG_1879


誰だ?横むいてるのは?

IMG_1878

チョッパーくん。

微妙な距離感なお三犬(^_^ゞ


IMG_1881


チョッパーくんと、鼻と鼻をつけてるのが可愛い❤

みんな幼犬の時に知り合い、今ではみんな老犬になり月日が流れるのは早いなと・・
colonの病気の事もあり、送ってもらった写真を見ながら涙が出そうになっちゃた。

IMG_1884


みんな元気に長生きして欲しい。
そんな思いでいっぱいです。

その後

毎日いい天気が続き洗濯日和です。

colonが現在服用している薬に、免疫抑制剤であるシクロキャップを追加しはじめから下痢が酷くなる一方で、見ていても可哀想なぐらいの腹痛が度々なので、 体力的にも心配で獣医さんに伝えたところ血管拡張剤を服用しはじめてからから、軟便になっていたのでシクロキャップのみの副作用で下痢が酷くなっているか不明なので、一旦全部の薬をストップして、まずは下痢を治して腸の状態を改善する事が先決で薬をストップすることに。
フードも腸のケア用の缶詰を食べさせることに。
薬をストップした次の日からは、腹痛がなくなり下痢から軟便へ変化してきました。

10日ほど薬をストップし、次の検査でアルブミンを調べて貰ったら、やはり1.4から1.3に低下。
でも、本人変わりなく元気なんですよね。


免疫抑制剤の効果があらわれる前に、服用をストップしたので、また一から服用し効果があらわれる三週間は服用しなければなりません。
効果がでてくれれば、そのまま量を調整しなから続けるとのこと。

またシクロキャップを飲ませると、同じ状態になるかもしれないので、シクロキャップより高くなりますが同じ免疫抑制剤であるアトピカにしますか?と提案があり、アトピカを飲ませることにしました。

この日処方してもらったのが免疫抑制剤のアトピカと
下痢止めディアバスターと嘔吐止めのガスモチン。

免疫抑制剤が今までより少し高くなると言われたので、会計をまってる間ドキドキ(((・・;)

1カプセル454円から529円、差額75円。
もっと高くなるのかと思った(^_^ゞ

薬代だけで月に3万ぐらいなんで、75円でも月計算したら大きいよね。

20160425_155227


今アトピカを服用して5日ですが幸いに嘔吐は一切なし、便の方も軟便ですが以前のような酷い状態ではありません。

シクロキャップはアトピカのジェネリックでしょ?
アトピカもシクロキャップも主成分は同じシクロスポリンなのに今回は副作用が強くないのが不思議。


今こちらは、近くの梅が綺麗に咲き少し前から、あちこちで桜が咲き始めました。
春間近って感じ(*^^*)

20150330_135619


梅が満開。



その後もcolonは週一回の病院通いは続いていて、お薬の副作用にも頑張って戦ってくれてます。
免疫抑制剤シクロキャップの副作用の嘔吐と下痢を抑える為の下痢止めや吐き気止め抗生物質、人間と同様腎機能が低下すると血栓ができやすくなるため血栓予防薬など。

ずっとアルブミンが1.4とかなり低い状態で、蛋白質の露出を止めなければならないので免疫抑制剤が効いてくれるのを願うばかりです。
効いてきているか判断出来るのは三週間ぐらいかかるみたい。
嘔吐はなくなりましたが、ずっと下痢が続いてるから心配。

散歩で出会う人達に、「いつもコロンちゃんは元気やね。」って、言われるほど見た目ではわからないほど元気!👍

20160321_155943



しかし、あの食いしん坊が療法食のヒルズk/dフードは少ししか食べない。
二日目には、全く口もつけなくなる始末。
よほど不味いらし(((・・;)

獣医さんと相談しながら、トッピングしたりしても食欲が下がる一方なので缶詰にしたり、色々と調べて悪戦苦闘の結果、k/d缶詰とドイツのフードで、インテグラプロテクト ニーレンが食い付きがいいので、当分併用決定。
日本の獣医さん=療法食はヒルズかロイヤルカナンを推薦なさいますが、今回colonの事で色々調べるようになり、ドイツやイタリア、アメリカなどフードの成分的にも同じような物があるんですね。

人とは違い楽しみが少ないcolon、一番の楽しみであるご飯が苦痛にならぬようにしてあげたい。




あれから・・

先日書いたように腎臓の経過観察の為に、週一回の通院が続いています。 
昨年の7月から経過を見ながら過ごしていましたが、今までは薬を投薬するほどではありませんでしたが、あまりにアルブミンの値が1.3と低く蛋白がずっと漏れている状態。
栄養状態が低下するので、蛋白が漏出するのを防がなくならない為に投薬を初めました。

血栓が出来やすくなるため、それを防くことも重要になりフォルテコールとリーチペット。
リーチペットはサプリメントです。


次の週の検査でもアルブミン0.8、クレアチニンの値は変わらずでしたが、そのまま計2週間投薬し次の週に再検査。
その結果アルブミン1.3、蛋白の漏出は横ばい状態なので、この週から免疫抑制剤のシクロキャプを追加。
(犬のアルブミン正常値は2.6〜4.0)



獣医さんは、腎臓の弱っている子にステロイド剤を使うと腎臓に負担がかかり悪化するので副作用が少しでも低くいシクロキャプの方がよいのではとの事でした。
でも、薬には副作用の無いものはほぼなくメリットとデメリットを考慮しながら使うしかないと考えています。

飲み初めたら下痢がはじまり一緒に貰っていた下痢止めも投薬。

考えてみたら、colonは若い頃から食べても食べても太ることがない子でした。
病気一つしない元気な子で、アルブミンの正常値と言われる値よりはかなり低いですか、colonのアルブミンが低くい体質??
・・なんて、思うことも。

今一番心配なのが、アルブミン低下による浮腫・腹水・むくみ・栄養失調・肺水腫など。

腎臓疾患用のフードに下痢止めの粉薬をかけたのが嫌だったのか?今まで食べていたフードを昨日から食べてくれなくなり、肉の茹で汁を少したらしたり牛肉の赤身を茹でて細かく刻み混ぜたり四苦八苦中。
colonの場合、下痢は栄養状態を悪化させるので禁。
食べてくれないとね!

本人変わらず元気で、今日も散歩であった幼犬からのお友達も、以前と変わらず見た目元気なのにと
話してました。


20160309_173125


なんだか病気の事を書いてばかりになりがちですが、覚え書きとして、良いことも悪いこともちょくちょく書いていこうと思います。

ケーキ

〇〇ちゃんの誕生日🎵
ケーキの向こうに・・・・

あんた主役じゃないんですが(((^_^;)

20160229_215203


livedoor プロフィール
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ