一対目  江戸時代の狛犬達
安永九年(1780年)九月奉納
石工名不詳
この狛犬達を初めて見た時、何故目を金色に塗っ
てしまったのが意味がわからず、あまり丁寧に見
なかったのですが、今回改めてじっくり見ると、
1700年代特有の特徴を持ちながら、巻毛や流
れる毛並みの彫り方がとても丁寧であり、脚の長
さもぎりぎり均整の取れた長さです。
阿吽の狛犬達の頭には1700年代によく見かけ
宝珠と角が施されています。
阿の狛犬の下顎が少し破損していますが、大きく
影響を及ぼすものではありません。
見慣れると金色の目も有りかなと思えるように感
じました。
DSC_1639
DSC_1635
DSC_1640
DSC_1636
DSC_1638
DSC_1637
DSC_1641
DSC_1648
DSC_1657
DSC_1658
DSC_1665
DSC_1664
DSC_1672
DSC_1662
DSC_1663
DSC_1634
DSC_1649

参拝した時、ちょうどあじさい祭の時でした。
台座の周囲にあじさいが置かれていました。
DSC_1643
DSC_1644
DSC_1651
DSC_1652
DSC_1653
DSC_1654

二対目  拝殿の狛犬達
神社で働いている女性に撮影のお願いをしました
がNGでしたので、外から見える範囲で撮影しま
した。神殿狛犬ですがちゃんと台座もあり、興味
津々です。次回参拝の際は正式に社務所でお願い
してみようと思います。
2017-06-10-18-02-32
2017-06-10-18-01-58
2017-06-10-18-03-03
2017-06-10-18-03-30
2017-06-10-18-04-27
2017-06-10-18-03-46

白山神社について
・創建  天暦二年(948年)
・祭神  菊理媛神、伊弉諾命、伊邪那美命
・鎮座  東京都文京区白山5-31-26
IMG_1247
IMG_1246
DSC_1656