TTネタ画像今週末ダイジェスト

2006年02月05日

R32 その後

半日掛けて色々がんばってみた。

R32全景









とりあえず解った事。

・ただセルを回すだけでは全く点火しない。
・エアクリ穴(エレメントを外した状態)に、パーツクリーナーを吹き込むと、2〜5秒ほど点火してエンジンを回す事ができる。
・ガスが来てなくて、パーツクリーナーの揮発成分でエンジンが燃焼しているのかと一瞬思ったが、エンジンが回っている最中はアクセル開度に回転数の変化が追従している。
・エアフロセンサーにパーツクリーナーが付いて、その影響で点火したのかと思って、エアフロを外して単独で吹きかけたが、点火せず。

どうやらエンジンが点火すると普通に動いている事から、メカ的なトラブルではない様だ。
電気系の何かセンサー関係のトラブルな様な気がする。

エンジンが掛かった後、エンジンが止まる時の動作が、
「時間が来てプチっとキルスイッチを切られた」ような感じ。

パーツクリーナーで何らかのセンサーが騙されて、とりあえずエンジンは掛かったものの、センサーの信号が異常なので、その内タイムアウトか何かで強制エンジン停止・・。
そんな感じがする。

メーター周り

kmg_n at 22:59│Comments(0)TrackBack(0) 日記 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
TTネタ画像今週末ダイジェスト