結婚式と言えばウェディングドレス、その次にウェディングケーキが浮かびませんか。
せっかくだから、ちょっと凝ったものにしたいと思いませんか?

ロイヤルウェディングケーキ!

ロイヤルウェディングケーキ!

でも、全体で凝ろうとすると大変そうです。
せめて、テンコチョだけでも…

というわけで、今回はウェディングケーキトッパーについて、
調べてみました。

ウェディングケーキトッパー(Wedding Cake Topper)とは
その名の通り、ウェディングケーキの最上段を飾るもので、
1950代アメリカで流行しました。
夫婦の連帯を意味しているそうで、
一般的には、婚礼衣装で盛装した花嫁・花婿の形をしています。

今日、花嫁・花婿の共通の趣味やその他、興味のあるものをモチーフにし、
様々に、自由に、かわいらしかったり、コミカルだったりするものが作られています。
(参考:wikipedia)

ちょっと集めてみましたので、どうぞ。

 

盛装の二人
まずはベーシックにふたりの並んだ姿です。

連帯を示す、花嫁・花婿の並んだ姿。

連帯を示す、花嫁・花婿の並んだ姿。

動きのあるものも、ちょっとたのしいですね。

動きのあるもの

動きのあるもの

 

共通の趣味などで

テニスをきっかけに知り合ったんでしょうか…

テニスが好き!今まではシングルで出場してましたが、これからはダブルスで!

テニスが好き!今まではシングルで出場してましたが、これからはダブルスで!

…きっと、お二人とも猫が好きなんでしょう。

猫夫婦。

猫夫婦。

 

手を加えて
若干、ブラックジョークですがこういうものを…

改造前

改造前

手を加えて、アメフト風に。真剣勝負ってところでしょうか。

改造して、アメフト!

改造して、アメフト!

 

悪ふざけ
…ちょっと気合が入りすぎでしょうか。
だいぶフランクな場所でないと合いそうにないです。

…気合の入りすぎ?

…気合の入りすぎ?

 

こうして見ていると、みんなに楽しんでもらおう、自分たちも楽しもうという、
そういう気持ちが見えてくるようで…
本当にいろいろなところに、工夫のポイントがあるんですね。

…とはいえ、花嫁・花婿のみなさんの時間は無限大ではないと思います。
百戦錬磨であるプロのウェディングプランナーさんに全体のバランスを見てもらう
というのもいいかもしれません。