ウェディングプランナーミュウの日記

大手結婚式場に所属するワタシが、気になるウェディングニュースとその傾向対策、そして最新ウェディング情報、気になった事を紹介!。

Category: 写真

1


ハフポストUS版ウェディング編集部が結婚に関するブログを隈なく探しました。

その結果、アメリカ中、世界中の才能あるカメラマンを発見して

2014年の最も素晴らしいウェディング写真を発表しました。

今回はその25作品を紹介します。


写真自体をクリックすると拡大します。

1

9


8


7


6


5


4


3

2

17


16


15


14


13


12


11
11

11

10


25


24


23


22


21


20


19



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

vc


ひとりの女性が映っている一枚の写真(上画像の左)。かなり古い写真かと思われる、モノクロ写真でダメージもひどいものです。これをPhotoshopを使って、ダメージを消し、色をつけていくタイムラプス動画をご紹介。最終的に上画像の右になりますよ。


 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

料理をおいしそうに撮る3つのコツ。忘れがちなマナーの話も

「ランチなう」と、つぶやいて料理の写真をTwitterにアップする人、飲み会のテーブルの写真をブログにアップする人。

今の世の中、料理の写真を撮る人で溢れている。
そういうボクも、料理の写真を撮って
ブログにアップしてたりしてます・・・

でも、どうせ撮るなら上手に撮りたい
というわけで今回は「料理の写真を上手に撮るコツ」を紹介。
3つのコツを覚えるだけで、写真は大きく変わるのだ!

その1 全部を写さず、料理を大きく、視点は低く

料理の全体像を見せたい、という気持ちはわかるけれど、
全体が入るように撮ると、少々間延びした写真になってしまう。

そこで、料理をおいしく見せるために
思い切って料理に近寄って、おいしそうな部分を大きく写そう!

<Before>

料理をおいしそうに撮る3つのコツ。忘れがちなマナーの話も

これが料理全体を撮った写真。
料理の様子はわかるけど、あまりおいしそうじゃないよね?

<After>

料理をおいしそうに撮る3つのコツ。忘れがちなマナーの話も

そしてこちらが、料理に近寄った写真。
ね、おいしそうでしょ?

デジカメ、若しくは携帯電話やスマホに「接写(マクロ)モード」があれば使ってみよう。近くに寄ってもピントが合いやすいぞ。

さらに近づくだけでなく、低い視点で撮るのも
料理をおいしく見せるためのポイント。

そして、タテフレームで撮ると、写真に奥行きが出て臨場感が増し
料理が一段とおいしく見えるのだ。

その2 フラッシュは使わず、明るいところで撮ろう

フラッシュを使うと、料理が平面的になってしまい
あまりおいしそうに見えない。

それだけでなく、近くでパシャパシャと光らせていると、
まわりのお客さんがイヤな思いをする場合もある。

料理をおいしそうに撮る3つのコツ。忘れがちなマナーの話も

なので、できるだけ明るい席に座り、自然光で撮影するようにしよう。

少し暗い室内で写真を撮る場合は、「高感度モード」を利用して撮影しよう。

その3 出てきたままが撮りどき、とは限らない!

置いておくと伸びてしまう麺類やアツアツのスープなどは、出てきたままの状態が撮りどき。
でも、すべての料理がそうとは限らない

たとえば、小籠包。

料理をおいしそうに撮る3つのコツ。忘れがちなマナーの話も

せいろに並んでいるのを撮るのもいいけれど、
溢れる肉汁が見えたほうが、よりおいしそうに見える。

そんなときは、小籠包をレンゲの上にひとつ置き、
お箸で割ってから撮る、なんていうのがオススメだ。

スマホの人は、こんな"奥の手"アプリもチェック!

どうしても上手に撮れないという人で、
iPhoneを持っているなら「ごちカメ!」。
Androidのスマホなら「めしカメラ」なんていうアプリがオススメ。

撮った写真の色味を変えたり、湯気を付けたりして、
料理を簡単においしく見せられるのだ。

エンジョイマガジンより
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

結婚式。それはすっごく特別なイベント。女性は何着もドレスを試着してコレと思うドレスを選び、特別なエステに通ったりして臨みます。
そんな特別な日は、やっぱり写真でもきちんと記録しておきたい! と思ったこの夫婦は750ポンド(およそ10万円)払って、写真を撮ってもらいました。そしてこれができあがった写真です。
 
 120424wedding01

120424wedding03.jpg











          
120424wedding06.jpg







                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               









120424wedding04.jpg     
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                             

120424wedding02.jpg      

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

せっかくのパーティなのにカメラを忘れてしまった!……なんてときでも、手持ちのスマートフォンのカメラを使ってキレイな写真を撮ることは十分可能だ。『iPhoneキレイ撮りカメラ入門』(小学館)の共著者である写真家・宮澤正明氏と、モデルでマルチクリエーターのまつゆう*さんの2人が、スマートフォンを使ってパーティで記念に残る写真の撮り方について語り合った。

 * * *
まつゆう*:記念に残しておきたい写真と言えば、パーティや結婚式の写真でしょう。キレイな花嫁さんや幸せそうな花婿さんを撮りたいし、めったに会えないみんなとも記念撮影したいし、自分のドレスアップした姿も残しておきたいし……。もう、撮りたいものだらけ!

宮澤:一眼レフやデジカメじゃなくても、iPhoneで十分キレイに撮れるんだよね。かさばらないし、こういうときはとくに便利なアイテムだなと思うよ。新郎新婦が揃ったキメショットは、白い場所だと光がキレイにまわるし、肌も明るく見えるのでおすすめ。中腰でやや上向きに撮ることで、脚長効果も出るよね。

まつゆう*:この写真みたいに、花嫁さんのドレス姿を後ろから撮るのもいいですよね。やや下からあおり気味に撮ると、裾がより長く見えてキレイ。

宮澤:この撮影って、まつゆう*ちゃんがtwitterで「iPhoneカメラ術の本つくるので、どなたか結婚式のシーンを撮影させてもらえませんか?」って呼びかけたのがきっかけなんだよね。

まつゆう*:そうそう! 飛び入りでお邪魔しちゃいました(笑)。結婚式って幸せなムードが漂っているし、「素敵!」と思えるシーンばかりで、こういう写真はやっぱり残しておきたいなって。

撮影■宮澤正明
結婚式の新郎新婦撮影 中腰でやや上向きに撮ると脚長効果も
※『iPhoneキレイ撮りカメラ入門』(小学館)より
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3


フォトショップの基本テクニックなんですが、意外と知らない人も多いはず。

ウェルカムボード用の写真のクオリティーをあげるためのテクニックですが、

プランナーさんたちには

ズバリ!●クシィ掲載写真のピントの甘さを修正するテクニックです!!

では行ってみましょう!
  1. 補正したい写真をPhotoshopで開き、写真のレイヤー(ふつうは背景レイヤー)を複製します。そして、複製したレイヤーの名前を付けます。今回は「ハイパスレイヤー」としています。
  2. フィルタ > その他 > ハイパス...」を選びます。

  3. 半径を5.0ピクセルに設定し(もちろんお好きな数値で構いません)、OKをクリック。

  4. レイヤーのモードで「オーバーレイ」、「ハードライト」、「ビビッドライト」の中から選びます。モード間の違いは分かりにくいかもしれませんが、とりあえず全部試してみて一番好きなものを選びましょう。

  5. 人物写真の場合、顔や肌などの写真の中で高精細にしたくない部分や輪郭をくっきりとさせたくない部分があれば、その部分のハイパスレイヤーを消しゴムツールで消します。

  6. シャープさを加減したい場合は、ハイパスレイヤーの不透明度を調整しましょう


これでできあがりです。写真のレイヤー自体を補正せずに別レイヤーを使って補正するので、あとで微調整が簡単にできるのが利点。ピントがズレた写真も、これで少しクッキリさせてみましょう。


ライフハッカーより抜粋

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
今日はGIGAZINからの記事です。



4月12日に久々のメジャーバージョンアップであるAdobe Creative Suite 5が登場し、さらにパワーアップしたPhotoshop。わずかな修整から写真の印象が変わるような大きな変更までありとあらゆるところで活躍しており、たまに
明らかにPhotoshopの加工ミスと思われる奇妙な写真が見つかるものの、ほとんどはそのまま美しい写真として世に出ています。

そんなPhotoshop加工の前と後を比較した写真があったので紹介します。

詳細は以下から。


Before and after Photoshop - What the cameraman sees - on BoreMe

左が加工前、右が加工後です。すこし影がついて暗い印象だったのを明るく補正。特に顔の陰影がかなり消されています。


薄化粧から厚化粧にチェンジ。肌もきれいな色に修整されています。


きれいに化粧を整えた感じ。


顔が白くて頬の色が目立っていたのを全体的に修整。また、手に持っていた紙が消えて、どこかのパネルの前で撮影したかのようになっています。ソフィア・コッポラの名前が見えているので、映画のプレミアかファッションショーでの写真でしょうか。


目の下のクマが消え、乱れた髪もきれいに。


髪の毛が大幅ボリュームアップ。


背景と明るさが変更されています。


新婚さんらしい写真。さすがにメガネの影まで消すのはやりすぎではないでしょうか。


色合いの修整はもちろん、手にしたカメラのフラッシュが発光しています。


おじさんも若返ったかのようです。


上が加工前、下が加工済。もともとのセットがひどい気がします。


これが簡単にできる時代になったんですね。

旧バージョンではすごい時間と技術が要りましたのに。


Adobe Creative Suite 5 Design Premium Windows版
Adobe Creative Suite 5 Design Premium Windows版
販売元:アドビシステムズ
発売日:2010-05-28
クチコミを見る
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
ブログネタ
オリジナルウェディング パート2 に参加中!
home_content

結婚式の写真撮影で一番苦労するのが子供の目線ですね。

これだけで時間が結構読めなかったり・・・・(;一_一)

そういう時、あー、なるほど、というシンプルなアイテムのご紹介。

 

Shutter-Buddyはカメラにつける一風変わったアタッチメントだ。

 

なんとこのアタッチメントをつけると、赤ちゃんの注意をひくことができる、

というものだ。

 

なにやら科学的な根拠があるらしいのだが、白黒のチェック模様が赤ちゃんの

注意を引き、写真を撮るときにそっぽを向かれることがない、という仕組みら

しい。

 

効果の程を確かめたわけではないので、100%自信を持てるわけではないが、シ

ンプルなアイデアでなかなか良いですな。

 

Shutter-Buddyを見る

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
ブログネタ
オリジナルウェディング パート2 に参加中!

披露宴や2次会パーティでビデオを撮るポイント

最近本当にビデオカメラが安くなりましたね〜。

デジカメとビデオカメラの金額の差がほとんどなくなり、しかも随分と小型になって、今まで持ち込みにくかった場所に持って行きやすくなったり、バッテリーの持ち時間も相当伸びましたので今まで以上に身近な存在になったはず。

こうしたパーティをビデオに撮る場合、ちょっとしたポイントが、きれいな映像を残すコツになります。そのポイントというのが、ホワイトバランスです。ビデオカメラでの撮影の場合、オート設定での撮影をすすめています。現在のビデオカメラは、オート設定でとてもきれいに撮れるからです。
▲パーティを正しい色で撮りたい

▲パーティを正しい色で撮りたい

 
しかし、場合によっては色のバランスが悪いときがあります。最も多い失敗例が、色がとても青い映像です。たとえば、下の画面のような映像です。
▲よくある失敗の例

▲よくある失敗の例


オート設定で撮ったのに、なぜか青い映像、いわゆる「青かぶり」な映像なのですね。これは、ホワイトバランスが崩れているのが原因です。オート調整で、うまく調整できなかったということです。このようになるのは、蛍光灯の部屋で撮影した場合によく見られる現象です。
▲ホワイトバランスを適切に設定する

▲ホワイトバランスを適切に設定する


このような場合、ビデオカメラ側でのホワイトバランス調整で、蛍光灯下での撮影に設定することで、正常な色合いでの撮影が可能になります。このように、ホワイトバランスの調整では、撮影場所に合わせた適切な設定にすることで、適切な色合いで撮ることができるようになるのです。
▲ホワイトバランスを手動で調整する機能

▲ホワイトバランスを手動で調整する機能

 

なおビデオカメラには、正確な色で撮るためのホワイトバランス機能を備えているものも少なくありません。たとえば、上の画面はキヤノンの「iVIS HF S11」のホワイトバランス設定メニューですが、ここにある「白取り込み」機能を利用すると、白いものを白く撮るように自動調整され、全体の色バランスが正確に調整されます。利用している自分のカメラにもこうした機能がないかどうかを一度確認しておきましょう。


あえてホワイトバランスを変更してみる

また、正確な色で撮影するというのはもちろん大切なのですが、逆に色合いを楽しむこともできます。たとえば、蛍光灯下での撮影で、白熱灯での撮影に設定すると、暖かみのある色で撮影できます。正確な色ではないのですが、見た目、暖かさが伝わってくるので、こうした色合いであえて撮影する事を楽しんでもよいのではないでしょうか。
▲[電灯」での撮影に適したホワイトバランス設定

▲[電灯」での撮影に適したホワイトバランス設定

▲暖かな感じの映像になる

▲暖かな感じの映像になる

 

ミニ三脚を使う

ところでパーティの撮影を行っていると、撮影者本人がビデオに映っていないということがよくあります。このようなときには、画面にあるような三脚を利用すると、撮影者も映像の中に参加できます。
▲デジカメ用のミニ三脚を利用する

▲デジカメ用のミニ三脚を利用する


上記写真のミニ三脚はデジタルカメラ用のものです。最近のビデオカメラは小型のものが多くなったので、こうしたデジカメ用のミニ三脚も十分に実用になります。これをテーブルや棚の上に置いて撮影すれば、撮影者も参加できるというわけです。

さあ、楽しいパーティの映像を撮って楽しんでくださいね。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
ブログネタ
オリジナルウェディング パート2 に参加中!
PROVIEW_WIRELESSREMOTELIVEVIEW_3_L

人が多すぎて手を伸ばして撮るしかない・・・、もしくはいつもは無理なアン

グルから写真を撮ってみたい・・・。

 

そういう人におすすめのアイテムがPro-Viewです

 

このサイトではあなたの一眼レフカメラに装着することができるリモートビ

ューアーを販売しています。

 

カメラの方には送信機をとりつけ、150メートル程度ならビューアーの方は別

のところにあってよいわけです。

 

残念ながらリモートシャッターのような機能はないのですが、アイデア次第でおもしろい使い方ができるはず。普段とちがった写真を撮ってみたい、という人には良いのではないでしょうか。



○バージンロードの床に置いてローアングルからの写真を撮る

○高砂メインテーブルに置いて新郎新婦の笑顔や涙のベストショットを狙う

などなど

詳しくはこちらへ

Pro-Viewを見る

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
ブログネタ
オリジナルウェディング パート2 に参加中!

披露宴や2次会パーティでビデオを撮るポイント

最近本当にビデオカメラが安くなりましたね〜。

デジカメとビデオカメラの金額の差がほとんどなくなり、しかも随分と小型になって、今まで持ち込みにくかった場所に持って行きやすくなったり、バッテリーの持ち時間も相当伸びましたので今まで以上に身近な存在になったはず。

こうしたパーティをビデオに撮る場合、ちょっとしたポイントが、きれいな映像を残すコツになります。そのポイントというのが、ホワイトバランスです。ビデオカメラでの撮影の場合、オート設定での撮影をすすめています。現在のビデオカメラは、オート設定でとてもきれいに撮れるからです。
▲パーティを正しい色で撮りたい

▲パーティを正しい色で撮りたい

 
しかし、場合によっては色のバランスが悪いときがあります。最も多い失敗例が、色がとても青い映像です。たとえば、下の画面のような映像です。
▲よくある失敗の例

▲よくある失敗の例


オート設定で撮ったのに、なぜか青い映像、いわゆる「青かぶり」な映像なのですね。これは、ホワイトバランスが崩れているのが原因です。オート調整で、うまく調整できなかったということです。このようになるのは、蛍光灯の部屋で撮影した場合によく見られる現象です。
▲ホワイトバランスを適切に設定する

▲ホワイトバランスを適切に設定する


このような場合、ビデオカメラ側でのホワイトバランス調整で、蛍光灯下での撮影に設定することで、正常な色合いでの撮影が可能になります。このように、ホワイトバランスの調整では、撮影場所に合わせた適切な設定にすることで、適切な色合いで撮ることができるようになるのです。
▲ホワイトバランスを手動で調整する機能

▲ホワイトバランスを手動で調整する機能

 

なおビデオカメラには、正確な色で撮るためのホワイトバランス機能を備えているものも少なくありません。たとえば、上の画面はキヤノンの「iVIS HF S11」のホワイトバランス設定メニューですが、ここにある「白取り込み」機能を利用すると、白いものを白く撮るように自動調整され、全体の色バランスが正確に調整されます。利用している自分のカメラにもこうした機能がないかどうかを一度確認しておきましょう。


あえてホワイトバランスを変更してみる

また、正確な色で撮影するというのはもちろん大切なのですが、逆に色合いを楽しむこともできます。たとえば、蛍光灯下での撮影で、白熱灯での撮影に設定すると、暖かみのある色で撮影できます。正確な色ではないのですが、見た目、暖かさが伝わってくるので、こうした色合いであえて撮影する事を楽しんでもよいのではないでしょうか。
▲[電灯」での撮影に適したホワイトバランス設定

▲[電灯」での撮影に適したホワイトバランス設定

▲暖かな感じの映像になる

▲暖かな感じの映像になる

 

ミニ三脚を使う

ところでパーティの撮影を行っていると、撮影者本人がビデオに映っていないということがよくあります。このようなときには、画面にあるような三脚を利用すると、撮影者も映像の中に参加できます。
▲デジカメ用のミニ三脚を利用する

▲デジカメ用のミニ三脚を利用する


上記写真のミニ三脚はデジタルカメラ用のものです。最近のビデオカメラは小型のものが多くなったので、こうしたデジカメ用のミニ三脚も十分に実用になります。これをテーブルや棚の上に置いて撮影すれば、撮影者も参加できるというわけです。

さあ、楽しいパーティの映像を撮って楽しんでくださいね。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
ブログネタ
オリジナルウェディング パート2 に参加中!
被写体の目線で見よう



レンズに直接向けられる被写体の目線は、写真の中で被写体の存在感をはっきりと表現します。
誰かを撮ろうとするときは、カメラをその人の目の位置でかまえてください。そうすると、そのじっと見つめる力がはじけて、ほほえみをさそうことが出来ます。子どもならその目のレベルまでかがんでカメラを構えます。
被写体が常にカメラを見つめてくれる必要はないのです。目線のアングルそれ自体が、個性的で魅惑的な感性を生み出し、それがあなた自身をすばらしい写真に誘ってゆくのです。
 
 高すぎるアングル 適切なアングル
1untitled2untitled


2
プレーンな背景を使って下さい


プレーンな背景は、撮ろうとする被写体をきわだたせます。

カメラのファインダーをのぞく時、被写体のまわりをよく見なければなりません。
あなたの大切なお子さんの頭から柱が立っていたり、彼らの耳から自動車がぶら下がってしまったりしないようにしっかり確認して下さい。
 

3untitled
4untitled
被写体をジャマしている被写体をきわだたせている
3
屋外でもフラッシュを使いましょう



明るすぎる太陽光は顔に醜い深い影をつくります。その顔の影はフラッシュを使って取り除いて下さい。
人物を強い太陽光の下で撮影する時はフラッシュを使います。その時にはフィルフラッシュモードかフルフラッシュモードかのどちらかを選択する必要があります。
もし人物が1.5m以内ならフィルフラッシュモード、1.5m以上ならフルフラッシュモードが必要でしょう。
デジタルカメラでは、撮影した画像をモニターで再現して結果をチェックしてください。
曇りの日には、カメラにフィルフラッシュモードが装着されているならそれを使います。フラッシュは人物の顔を明るくし、引き立たせることでしょう。また、フラッシュを使わずに撮ってみましょう。空が一面に曇った日の柔らかな光は、時として極めて素晴らしい結果を生み出します。

フィルフラッシュ:
極めて明るい室内や、背景からの強い光が被写体を照射しているといったように高コントラストのシーンで、(特に顔の)シャドウをやわらげるのに常用されます。

 
5untitled
フラッシュ使用なし
6untitled
フラッシュ使用後
4
被写体に接近しよう



もし被写体が自動車より小さければ、写真を撮る前に一、二歩被写体に近づいてズームインしましょう。被写体がフレームに一杯になるまで近づいてみます。クローズアップは、ソバカスの散らばりやアーチ形の眉などのディテールを精細に表現することが出来ます。

 


しかし、あまり近づきすぎると写真はボケてしまいます。大抵のカメラの近接限界はおよそ1m弱、あるいはレンズから一歩くらいのものです。カメラの焦点が合う距離より近づき過ぎると(そのカメラのマニュアルを参照してください。)写真はボケてしまうのです。
 
8untitled

 Good!

7untitled


 Better
5
主役を真中からはずそう


ステージの中央は主役にとってハマリの場所です。しかし、よい写真を撮ろうとする時には、ねらう主役の被写体の位置として中央はあまりよくはありません。
あなたの写真に生き生きとした表現を与えるためには、主役を構図の中央からはずしてみるのです。
主役の位置決めに「三つ目並べゲーム」をしてみましょう。ファインダーの縦、横をそれぞれ三つ、全部で九つのマス目に分割する線を想定してください。
さあ、撮りたい被写体をそれらの線の交叉点のひとつににおいて構図を決めて下さい。オートフォーカスカメラなら、主役の被写体にフォーカスロックさせる必要があります。大抵のカメラはファインダーの中央にあるものに焦点が合うようになっているからです。

 

フォーカスロック:
ファインダーの中央にその被写体をおいてシャッターボタンを半押しします。そして半押しのまま被写体の位置を決め直し、それを全押ししてシャッターを切ります。

オートフォーカス:
被写体のねらう部分に自動的にカメラレンズが焦点を合わせるシステム

ファインダー:
フィルム上に記録される撮影範囲を見るためにカメラに装備された機能。ビューファインダー、あるいは投影フレームとも呼ばれます。


 
9untitled
特徴のない写真
10untitled
よりドラマチックな写真
6
焦点をロックします


もし被写体が画角の中央にないなら、フォーカスをロックする必要があります。大抵のオートフォ−カスカメラはファインダーの中央にあるものに焦点が合うようになっています。

しかし良い作品を作るために、時としてねらう被写体を中央からはずしたい場合があります。
その場合、もしボケた写真がいやならば、あなたはまずそのねらう被写体を画面の中央に持ってきて焦点を合わせ、フォーカスをロックしてから、あらためてその被写体を中央からはずした望みの画面構成にするのです。

通常3段階のステップでフォーカスをロックします。最初に、ねらう被写体を中央に位置させシャッターボタンを半押しします。次に被写体を中央からはずすようにカメラを(シャッターボタンを半押しのまま)望みの角度に動かします。そして最後にシャッターボタンを全押しして撮影を終了します。

オートフォーカス:
被写体の選択した部分に自動的にカメラレンズが焦点を合わせるシステム


 

11untitled
フォーカスがあっていない
12untitled
フォーカスがきちんとあっている
7
フラッシュの届く範囲を知ってください


フラッシュ撮影で一番多いのはフラッシュの届く範囲をはずすことです。どうしてこれが間違いなの?それはフラッシュレンジを越えた写真は暗すぎる出来あがりになってしまうからです。

大抵のカメラではフラッシュの最大到達範囲はおよそ4m半より小さくなっています。
― 大体カメラから5歩離れたくらいの距離です。
あなたのカメラのフラッシュ距離はどのくらいですか?カメラのマニュアルを調べてみてください。
被写体から3mより離れないように構えチャンスを逃さないようにしましょう。

フラッシュレンジ:
フラッシュが被写体を照射する有効距離。通常のフィルムカメラは4m半、デジタルカメラでは90cmから3mになっています。


 
13untitled
フラッシュなし
14untitled
フラッシュあり
8
光をよく見よう



被写体の次に全ての写真に最も重要なものは光です。

それはあなたが撮影しようとするあらゆるものの出来上がりに影響します。横からの明るい太陽光はおばあさんの皺を強調します。しかし、曇り日の柔らかな光は同じ皺をやわらげることが出来ます。

ねらう被写体にあたっている光が気に入りませんか?それならあなた自身か被写体を動かすのです。風景写真なら、光がオレンジ色になって大地を熊手のように横切る早朝や夕刻に撮影を行ってみてください。
 
15untitled
Good!
16untitled
同じくGood!
9
タテフレームの写真に挑戦


カメラを縦にして撮影を挑戦してみませんか?断崖の灯台からエッフェル塔、水溜りをジャンプするお子さんにいたるまで、シーンによってはタテフレームの写真で良く見えます。さあ次の機会にカメラを意識して回転してみましょう。そして何枚かタテフレームの写真にチャレンジしてみましょう。
 17untitled

Good
18untitled
 
Better


10
撮影ディレクターになった気持ちで



自分自身の撮影を管理して作品を劇的に改善しましょう。

あなた自身が撮影ディレクターになってください。決してただ受動的な撮影者になってはいけません。

撮影ディレクターは攻めです。
ディレクターはロケーションを探します:「みんな外に出よう」。
更に付け加えます:「お嬢さん、ピンクのサングラスをかけてみて !」。
ディレクターはモデルにせまります:「さあもっと寄って、そしてカメラの方に上体を曲げて!」

ほとんどの写真はうまくはいかないでしょうが、アイディアを豊かにすることが大事なのです。自分自身の写真を預かる気持ちであなた自身の最優秀写真賞を勝ち取ってください。
 
20untitled
特徴のない写真!
19untitled
Good!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
ブログネタ
オリジナルウェディング パート2 に参加中!
幸せいっぱいのカップルは真の愛に光り輝き、両親は誇りに満ち満ちています。そしてフラワーガールの100ワットの微笑が部屋中をライトアップしています。
さあこの豊かにあふれる情景を捉える準備はいいですか?
この幸せを上手に写真に残す方法をご紹介します。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
ブログネタ
オリジナルウェディング パート2 に参加中!
携帯電話のカメラって本当に便利ですね。

毎日のこのブログやネタ探し、メモ代わりや気分で空の写真を撮ったり・・・・。

日記代わりにもなります。

もちろん結婚式の写真も素敵なモノを撮れたりします。

機動力がモノを言わせるからかも。

そこで今日は携帯電話のカメラで綺麗な写真を撮るためのコツを紹介します。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
ブログネタ
オリジナルウェディング パート2 に参加中!
真夏の海やビーチでウェディングドレスの写真はかなりオススメです!

純白のウェディングドレスが一番きれいに見えるのはやっぱり自然光で

コントラストに真っ青な海や空があると最高ですね!

そういう意味でロケーション前撮りをワタシ達も一緒に行くことが

多いのですが、

実は真夏よりも今の時期が一番オススメです。

まず、真夏になるとギャラリーが多くて人払いだけでも大変なことに。

さらに、気温が高い時期(ここ最近の真夏は40度越えることも普通にありますから)

ウェディングドレスやタキシードで浜辺に立つこと自体、もう拷問に近いはず。

そこでこの時期、まだ涼しいうちで、しかもビーチに人気が少ないこの時期が

ビーチでのお写真に最もオススメできるシーズンです。

特にオススメ時間帯は、朝です!

空気が澄んでて、しかも空色が澄んだブルーですので。

下の動画は参考イメージです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
ブログネタ
オリジナルウェディング パート2 に参加中!
結婚式のビデオや写真って結構しますよね。

もちろんプロに任せた方が絶対いいものができます。

でも限られた予算の中でいろんなことをやらなければなりません。

そんなときに御兄弟や友人にビデオや写真を撮ってもらうことも考えてみては。

そういうときの成功するコツを紹介します。

?結婚式のリハーサルのときにカメラもリハーサルを

?一眼レフよりも小回りの利くコンパクトカメラの方が有利

?一人で全部撮ると疲れで手ブレが・・。挙式・披露宴前半・披露宴後半というように3人の人でリレー撮影などを考えてみては。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
ブログネタ
オリジナルウェディング パート2 に参加中!
484f318d.jpg最近結婚式の衣裳合わせに一生懸命カメラマンをしている新郎様方を見ます。

そこでよく見てると、結構一眼レフのデジカメを持参で来てるんです。

でも、実際ワタシたちでも携帯についてるカメラとそう変わりない写真を撮ってしまいます。

使い方次第で全く違う写真ができてしまいます。

そこで今回は女性の撮り方講座など写真撮影テクニックを紹介されているサイト殻紹介します。

スタジオグラフィックス



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
ブログネタ
オリジナルウェディング パート2 に参加中!
fa27f9b0.pngテキストの上に雪がのっかったようなロゴを作る方法、マスターすればウェルカムボードなんかで結構使えるはず!!

写真のようなテキストの上に雪がのかったようなロゴが作れます。

方法はこちらへ

Snow on Text
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ