ウィンドウズで、 Antimalware Service Executable が暴走して、CPUを消費している時に、とめてしまうほうほう。

まず、この Antimalware Service Executable サービスは、Windows Defender が実行するサービスで、Windows Defenderから停止はできるけど、暫くすると自動で再開される。

ネットを調べると、「MsMpEng.exe」を除外して・・・ ということもあるようだけど、環境によっては、Antimalware Service Executable が暴走し続ける。

そこで、 Antimalware Service Executable を永久に止める方法。永久と言っても再開したいときは、再開できる。

以下、その手順。


・スタートメニューから「regedit」と入力しレジストリエディターを開く
・HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows Defender に移動
・その中に、DisableAntiSpyware があれば、値を1に変更。なければ、
 Dword (32-bit) で「DisableAntiSpyware」を新規作成。 値を1に

設定が完了すると以下のようになる。


disable-anti-spyware



サービスを再開したいときは、この値を 0 にすればOK。
必要に応じて使い分けてください。


 
 
★★★★★★★★★★★★★★★★★
お仕事に関するご相談・お問い合わせは 株式会社オートプロジェクトのお問い合わせページよりお願いします。

運営サイト:
 IMCショップ
 オートプロジェクト

システム開発案内:
 株式会社オートプロジェクト