定年までに知って得するお金の話

知っているだけで得する情報はたくさんあります。これまでの取材や自分の経験で知りえた、得するお金の情報を、カテゴリーごとに、わかりやすく、紹介していきたいと思っています。また、国や地方などでつくっている公的制度を知り、上手に利用することは大切です。しっかりと確認していきましょう。自己紹介:ファイナンシャルプランナー(CFP認定者、1級FP技能士)。大手金融機関に入社。営業、企画、総務部門をはじめ、支社長、支店長、理事(執行役員待遇)などを経験。会社勤務と並行して、お金に関することをテーマに、取材・執筆に取り組んでいる。他、DCプランナー、証券外務員などの20資格を取得。

楠木新さん(25万部を超えるベストセラー「定年後」などの著者)の
連載記事(夕刊フジ【定年後の居場所】2020年12月15日号)の中で、

(zakzak by夕刊フジ)

https://www.zakzak.co.jp/eco/news/201215/ecn2012150002-n1.html
DSC_0021
拙著「50代から老後の2000万円を貯める方法」(アチーブメント出版)を紹介いただきました。

https://www.amazon.co.jp/dp/4866430672//

ヤフーニュース!にも掲載されました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/08624f7a1fcbc6b2abf98bd4ec952080e20e142e

生命保険への加入は「家の購入に次いで高額な買い物」と言われています。生命保険文化センターの調査によると、生命保険に加入する世帯は全体の9割近く、一世帯当たりの年間保険料は平均38万2000円(生命保険)で、40年間払い続けると、1,528万円もの大金になる計算です。医療保険を含めるともっと大きな金額になるでしょう。ここで、ぜひ保険を選ぶ4つのコツについて、チェックしてみてください。
(内容)
①保険に加入する目的を明確にする
②自分のライフステージに合わせて必要な保障内容を考えて選ぶ
③保障と貯蓄は別々に準備しておく
④社会保障制度などで足りない部分を保険で備える

詳しくはこちらをどうぞ。

http://xn--eckp2g182mp17e.com/lifeinsurance_erabikata/

PHP研究所「THE21オンライン」(10月14日公開)に、

『老後資金どうしよう…50歳以降に迎える「収入ダウンの4つの崖」』の

インタビュー記事が掲載されました。

内容は
・50代半ばから、収入は下がり始める
・再雇用後の賃金は、定年前の60%以下!?
・「健康」でさえあれば何とかなることは多い
・予想外にかさみがちな出費には、上限額を設定
・50代以降の収入と支出の収支を算出してみよう

詳しくは、こちらをどうぞ。
https://shuchi.php.co.jp/the21/detail/8002

https://news.yahoo.co.jp/articles/7081dc18baf0cb52b446cbd4e191b5e0a7108ae1
(Yahoo!ニュース) 

↑このページのトップヘ