1970年代後半に生まれ、2000年代半ばまで大阪日本橋で育った僕が、当時のでんでんタウンと共に過ごした思い出を書き記していくブログです。

サイトの案内

最新記事「クラシックミニファミコンが我が家にやってきた!(2017.1.12)」に合わせて案内を更新しました。


ブログの性格上、何度も店名が出てくるため、読みやすさを考慮して敬称や企業形態などを省略させていただいておりますm(_ _)m




べーしっ君 完全版 (立東舎)
荒井 清和
リットーミュージック
2016-07-25



<案内地図の見方>

地図にある赤丸番号のところが記事にしたことがある部分です。
赤丸番号ごとのリンク集を地図の下にまとめていますのでご活用くださいませ♪

 ※この地図は思い出ブログに特化したもので、現在のでんでんタウンを詳細に記したものではありません。現在のでんでんタウン地図をご覧になりたい方は、PombashiMap日本橋プロジェクト様製作)をご覧ください。

 ※2016年秋以降は記事内の住所とgooglemapをリンクするようになったため下記地図の更新をサボっています^^;。

<クリックで拡大します>
思い出のでんでんタウン周辺地図

思い出のでんでんタウン拡大地図



↓ここから下が赤丸番号ごとの思い出記事リンク集です↓


A:でんでんタウン全体に関する記事
-マイコン売場が遊び場所-
-マイコン売場が遊び場所2-
-電気街が特殊な街だと気づいた頃の話-
-平屋と軍艦アパート~80年代でんでんタウン界隈の風景-
ナコのでんでんタウン物語 第1話~スーパーマリオ発売前夜~
ナコのでんでんタウン物語 第2話~スーパーマリオブラザーズ発売!~
-でんでんタウン界隈の3つの小学校~試遊台を巡る熱き三国志~-
-1984年(昭和59年)でんでんタウン航空写真-
昔のでんでんタウンの写真があるサイトのご紹介
日本橋ストリートフェスタの歴史
でんでんタウンにおけるパソコンの歴史〜その1〜「ワンボードマイコンTK-80登場」
でんでんタウンにおけるパソコンの歴史〜その2〜「1977年の米国パソコン御三家」
でんでんタウンにおけるパソコンの歴史〜その3〜「米国に追いつけ追い越せ国産パソコン急成長」
でんでんタウンにおけるパソコンの歴史〜その4〜「マイコンブームを支えた電子パーツ屋」
1980年代後半〜1990年代のオタク差別とでんでんタウン
でんでんタウンにおけるパソコンの歴史〜その5〜「国産パソコンを牽引するパソコン御三家」
でんでんタウンにおけるパソコンの歴史〜その6〜「16ビットパソコン登場」
でんでんタウンにおけるパソコンの歴史〜その7〜「低価格マイコンの代表格MSX」
でんでんタウンにおけるパソコンの歴史〜その8〜「PC88、PC98のベストセラー機登場」
でんでんタウンにおけるパソコンの歴史〜その9〜「X68000対FM TOWNS・ソフマップ対スタンバイ」

B:オタロードに関する記事
-オタロードの今と昔-
-「五階・眺望閣」~オタロード付近にあった遊園地「有宝地」~-
昔のでんでんタウンの写真があるサイトのご紹介
日本橋ストリートフェスタの歴史

1:ナンバブックセンター
-オタロードの今と昔-

2・3・4:大阪府立体育会館・大阪球場・なんばパークス・日本橋幼稚園(僕の母園)
~不発弾と大阪球場と日本橋幼稚園~
~日本橋幼稚園の今と昔~
-最高に旨い電気街グルメ「うどんカレー」-

5:大阪市立日本橋小学校
-でんでんタウン界隈の3つの小学校~試遊台を巡る熱き三国志~-

6:日本橋公園
-電気街で遊んだ公園-

7:コスモ書店
-オタロードの今と昔-

8:大阪市立日本橋中学校(僕の母校)
-でんでんタウン界隈の3つの小学校~試遊台を巡る熱き三国志~-
-J&Pテクノランド~ベーマガと世界最大~-
-第3回80年代でんでんタウン裏の写真~かつての紀州街道~-
90年代オタク差別とでんでんタウン

9:大阪市立浪速図書館
-戦艦大和と宇宙戦艦ヤマト-

10:関谷町公園
-電気街で遊んだ公園-

11:大阪市立日東小学校(僕の母校)
-でんでんタウン界隈の3つの小学校~試遊台を巡る熱き三国志~-
軍艦アパートと秩父宮同妃両殿下台臨記念碑
(日東とはっきり出ている記事はこの2記事だけだったと思いますが、思い出ブログのほとんどが日東小学校に通っていた頃をベースに書いています。)

12:廣田神社(実家の氏神様)
-今宮戎神社とファミコン大会-
-第1回80年代でんでんタウン裏の写真~最南端の阪神高速付近~-
-第2回80年代でんでんタウン裏の写真~市営日本橋住宅付近~-
-第3回80年代でんでんタウン裏の写真~かつての紀州街道~-
-第4回80年代でんでんタウン裏の写真~アルキ電子商会付近~-

13:浪速市場・でんでん村
-かつて存在したでんでん村-
-平屋と軍艦アパート~80年代でんでんタウン界隈の風景-
-ちびっこ公園の正式名称が判明!-

14:かめや旅館
-平屋と軍艦アパート2~でんでんタウン界隈の歴史~-
-第3回80年代でんでんタウン裏の写真~かつての紀州街道~-
-第4回80年代でんでんタウン裏の写真~アルキ電子商会付近~-
~不発弾と大阪球場と日本橋幼稚園~

15:そば処まる栄
-最高に旨い電気街グルメ「うどんカレー」-

16:今宮戎神社
-今宮戎神社とファミコン大会-
1980年代「こどもえびす」の写真。
90年代オタク差別とでんでんタウン

17:恵美小学校
-でんでんタウン界隈の3つの小学校~試遊台を巡る熱き三国志~-

18:釣鐘屋本舗
-釣鐘屋本舗~懐かしの一口かすてら~-

19:新世界市場
-かつて存在したでんでん村-

20・21:初代通天閣・二代目通天閣
-最高に旨い電気街グルメ「うどんカレー」-
眺望閣から通天閣への歴史~80年代の通天閣写真~
眺望閣から通天閣への歴史2~80年代の通天閣写真~

22:天王寺動物園
-80年代の写真・番外編(前編)~かつての天王寺美術館と噴水~-
-80年代の写真・番外編(後編)~天王寺博覧会~-
天王寺博覧会の写真

23:ちゃぶ池・河底池・和気橋
天王寺博覧会の写真

24:噴水・歩道橋
-80年代の写真・番外編(前編)~かつての天王寺美術館と噴水~-

25:フェスティバルゲート
-最高に旨い電気街グルメ「うどんカレー」-

26:天王寺美術館
-80年代の写真・番外編(前編)~かつての天王寺美術館と噴水~-

27:天王寺公園・大林高塔
-80年代の写真・番外編(前編)~かつての天王寺美術館と噴水~-
-80年代の写真・番外編(後編)~天王寺博覧会~-
眺望閣から通天閣への歴史~80年代の通天閣写真~
茶臼山にあるちゃぶ池(河底池)・今と昔の比較写真

28:日東公園
-電気街で遊んだ公園-

29:日五ちびっこ広場
-電気街で遊んだ公園-
ナコのでんでんタウン物語 第2話~スーパーマリオブラザーズ発売!~
-ちびっこ公園の正式名称が判明!-
-1984年(昭和59年)でんでんタウン航空写真(4)~スタンバイ、ソフマップ激戦の地・2~-

30:三角公園
-電気街で遊んだ公園-

31・32:日本橋商店会・五階ハウス・五階百貨店
-平屋と軍艦アパート2~でんでんタウン界隈の歴史~-
-「五階・眺望閣」~オタロード付近にあった遊園地「有宝地」~-

33:眺望閣・ミナミの五階
-「五階・眺望閣」~オタロード付近にあった遊園地「有宝地」~-
眺望閣から通天閣への歴史~80年代の通天閣写真~

34:正垣書店・コスモス大型ガチャガチャ設置店
-でんでんタウン界隈にもあった大型ガチャガチャ自販機「コスモス(COSMOS)」-

35:軍艦アパート・下寺団地・北日東団地・南日東団地
-平屋と軍艦アパート~80年代でんでんタウン界隈の風景-
-平屋と軍艦アパート2~でんでんタウン界隈の歴史~-
軍艦アパートと秩父宮同妃両殿下台臨記念碑

36:第五回内国勧業博覧会
-平屋と軍艦アパート2~でんでんタウン界隈の歴史~-
眺望閣から通天閣への歴史~80年代の通天閣写真~

37:天王寺博覧会
-80年代の写真・番外編(前編)~かつての天王寺美術館と噴水~-
-80年代の写真・番外編(後編)~天王寺博覧会~-
天王寺博覧会の写真

38:新世界ルナパーク
眺望閣から通天閣への歴史~80年代の通天閣写真~

39:でんでんタウン最南端エリア
-1984年(昭和59年)でんでんタウン航空写真(2)~電気街最南端~-
-戦前から創業の中川ムセン~遊び場だった日本橋本店~-
-J&Pテクノランド~ベーマガと世界最大~-
-J&Pテクノランド~TAKERUとセルフサービスの喫茶店~
-PCS・谷川電機・ダイテイ~かつての激安メディア店~-
-第1回80年代でんでんタウン裏の写真~最南端の阪神高速付近~-
-電気街が特殊な街だと気づいた頃の話-

40:J&Pテクノランド
-1984年(昭和59年)でんでんタウン航空写真(2)~電気街最南端~-
-J&Pテクノランド~ベーマガと世界最大~-

-J&Pテクノランド~TAKERUとセルフサービスの喫茶店~
でんでんタウンにおけるパソコンの歴史〜その5〜

41:マイコンショップPCS
-1984年(昭和59年)でんでんタウン航空写真(2)~電気街最南端~-
-PCS・谷川電機・ダイテイ~かつての激安メディア店~-
-1984年でんでんタウン航空写真(9)~まってました恵美須町駅の新しい出入口~-

42:中川ムセン日本橋本店
-1984年(昭和59年)でんでんタウン航空写真(2)~電気街最南端~-
-戦前から創業の中川ムセン~遊び場だった日本橋本店~-

43:地下鉄恵美須町駅北口エリア
-1984年(昭和59年)でんでんタウン航空写真(3)~スタンバイ、ソフマップ激戦の地~-
-1984年(昭和59年)でんでんタウン航空写真(4)~スタンバイ、ソフマップ激戦の地・2~-
-1984年(昭和59年)でんでんタウン航空写真(5)~でんき会館と日本橋会館~-
-1984年(昭和59年)でんでんタウン航空写真(6)~ソフマップ日本橋2号店とスタンバイVer7~-
-1984年(昭和59年)でんでんタウン航空写真(7)~アイデアルヒーターと三協電子部品~-
-1984年(昭和59年)でんでんタウン航空写真(8)~喫茶ほとり・三輪旗徽章店・瀬川電器~-
-1984年でんでんタウン航空写真(9)~まってました恵美須町駅の新しい出入口~-
-1984年でんでんタウン航空写真(10)~スタンバイVer3とOAシステムプラザ大阪本店~-
-電気街が特殊な街だと気づいた頃の話-
-「ジョーシン日本橋8ばん館」で使ったお年玉-
-「ジョーシン日本橋8ばん館」とミニ四駆-
-ソフマップ日本橋5号店とパソコン通信-
-ソフマップ日本橋5号店とインターネット時代の幕開け-
-第2回80年代でんでんタウン裏の写真~市営日本橋住宅付近~-
ナコのでんでんタウン物語 第2話~スーパーマリオブラザーズ発売!~
-ちびっこ公園の正式名称が判明!-

44:地下鉄恵美須町駅北口1-A
-ちびっこ公園の正式名称が判明!-

45:ソフマップ日本橋5号店
-1984年(昭和59年)でんでんタウン航空写真(3)~スタンバイ、ソフマップ激戦の地~-
-ソフマップ日本橋5号店とパソコン通信-
-ソフマップ日本橋5号店とインターネット時代の幕開け-

46:ジョーシン日本橋8ばん館
-1984年(昭和59年)でんでんタウン航空写真(3)~スタンバイ、ソフマップ激戦の地~-
-「ジョーシン日本橋8ばん館」で使ったお年玉-
-「ジョーシン日本橋8ばん館」とミニ四駆-

47:でんき会館・日本橋会館・ヨコヅナビル
-1984年(昭和59年)でんでんタウン航空写真(5)~でんき会館と日本橋会館~-

48:大同電気・大阪電業社・三吉ビル・ソフマップ日本橋2号店(2015年10月現在はソフマップ日本橋店)・スタンバイVer7・ビルディングアカマツ・赤松金物
-1984年(昭和59年)でんでんタウン航空写真(6)~ソフマップ日本橋2号店とスタンバイVer7~-

49:ガクブチの大和日本橋店・アイデアルヒーター・パーツランド・ゲーム探偵団・三協電子部品南店・赤井時計材料
-1984年(昭和59年)でんでんタウン航空写真(7)~アイデアルヒーターと三協電子部品~-

50:喫茶ほとり・三輪メダルカップ・三輪旗徽章店・KS日本橋ビル・フェラーリ・SCOT・ピュアサウンド日本橋1号店・瀬川電器・瀬川ビル・TAKAビル・アウロラビル日本橋・スタンバイVer6・ソフマップ日本橋6号店・とらのあな大阪日本橋店・コクミンドラッグ恵美須町店
-1984年(昭和59年)でんでんタウン航空写真(8)~喫茶ほとり・三輪旗徽章店・瀬川電器~-

51:喜多・正気屋デンキ・正気屋産業・買取りまっくす・DISK J.J.日本橋2号店・KING BRAND・マルキン家具・盛岡ビル・エビス電業・オダヤ洋服・スタンバイVer4・スーパーポテト7・地下鉄恵美須町駅北口1-B・空き地・恵美須町MTビル・スタンバイVer5・バスアンドタグテクノオフィス
-1984年でんでんタウン航空写真(9)~まってました恵美須町駅の新しい出入口~-

52:特殊無線商会・桝本ビル・スタンバイVer3・SUN PLACE・ウェルス(WEALTH)・コリアンダイニング李朝園 日本橋店・小西光澤堂本店・OAシステムプラザ大阪本店・買い取りまっくす日本橋店・駐輪場と遊歩道・中西ふとん店・森沢医院・森沢美容室
-1984年でんでんタウン航空写真(10)~スタンバイVer3とOAシステムプラザ大阪本店~-

53:戎電電ビル・NTT日本橋ビル・大阪戎電話局・NTT西日本大阪南支店日本橋営業所・ローソンでんでんタウン店・NTTテレホンショップ日本橋・日本橋総合案内所・ミスタードーナツ日本橋でんでんタウンショップ・ぱすてる・つるまる日本橋店・ナック日本橋ソニーショップ・大阪アビック日本橋支店・S-CUBE日本橋5丁目店・オフィスバスターズなんば日本橋店
-1984年でんでんタウン航空写真(11)~戎電電ビルからNTT日本橋ビルへ~-
ナコのでんでんタウン物語 第2話~スーパーマリオブラザーズ発売!~

54:エキサイト・ジェイホビー・上新電機
-X'cit(エキサイト)はワクワクなおもちゃ屋さん-
ナコのでんでんタウン物語 第2話~スーパーマリオブラザーズ発売!~

55:谷川電機・たにがわでんき
-PCS・谷川電機・ダイテイ~かつての激安メディア店~-

56:大阪抵抗社・ダイテイ
-PCS・谷川電機・ダイテイ~かつての激安メディア店~-

57:池田ビル・巨大蜂のオブジェ
-巨大蜂のオブジェ-
 
58:NTT日本橋ビルエリア
-1984年でんでんタウン航空写真(11)~戎電電ビルからNTT日本橋ビルへ~-
ナコのでんでんタウン物語 第2話~スーパーマリオブラザーズ発売!~

59:西の六道の辻
かつて存在した「大阪名物 六道の辻」(前編)

60:東の六道の辻
かつて存在した「大阪名物 六道の辻」(後編)

61:サウンドパル共電社・栄湯・梶川ビル・J&Pメディアランド・スーパーキッズランド日本橋店・シリコンハウス共立
-1984年でんでんタウン航空写真(12)~サウンドパル共電社とJ&Pメディアランド~-

62:道浦ビル、三和テープ、アドバンス三和、きりん寺大阪総本店油そば、セガミ薬局愛染橋店、喫茶ラーク、洋服 松屋、澤田税務会計事務所、入船歯科医院、映像百貨日本橋店、ミチウラ珈琲本店、阪急そば恵美須町店、日本橋トラストビルディング、中国料理 玉華園、喫茶パピヨン、ブティックたむら、丸誠第二ビル、丸誠産業、丸誠物産、丸誠重工業、コムスポット共立、共立電子産業、コンピューターショップライブラリー、とりあえずデばっく 日本システムクリエイト、ケーブルコネクターパワーサプライ(CCP)、アクセス・イン プライム阪神商会、インフォシア・テク、日本橋グリーンビル、セガミメディカルサポートセンターセガミ薬局愛染橋店、塚口勇商店、塚口商店機械、塚口特殊機械
-1984年でんでんタウン航空写真(13)~アドバンス三和、喫茶パピヨン、塚口勇商店~- 

63:秩父宮同妃両殿下台臨記念碑
軍艦アパートと秩父宮同妃両殿下台臨記念碑 

64:昭栄電業社、西村機工、リハツ一番、ニシデン日本橋店、クラゲカン、ニューズ、ニシデンコンピュータージャパン、神戸カレー北野亭、メディア館キャッスル、黒門カリー、キングビデオ日本橋店、ジャンプ卸売センター、辛蜜屋、栄光電機商会、阪神商会、古今東西まっくす倉庫日本橋店、なにわ書店マニア館、越後屋書店フェチ・マニア館、梅風荘、第1片倉ビル、第2片倉ビル、メゾンみぎわ、コトブキ薬局、V8ニノミヤパソコンランド、モンキーランド、ソフマップ日本橋6号店、DISC J.J.、買取本舗ドットコム


・65:東亜無線電機、マイコン東亜、東亜エレシャック、双立無線、永和電機、スターブックス日本橋1号店、三星堂車庫、三星堂倉庫、近鉄エーエムピーエム日本橋5丁目店、道楽日本橋5丁目店、じゃんぱら日本橋3号店、松林モータース(松林自動車)、マルエイ、東栄ショッピングセンター、テレビゲーム安売王クローバー、フェラーリ3
-1984年でんでんタウン航空写真(15)~東亜エレシャック、永和電機、三星堂、フェラーリ3~-

・16:山中阿弥陀堂、仏具 山中商店、ファイブ日本橋、maid cafe Sweet Tease、マルキン家具、家具 丸金、オールブルー、共電社ピッコロ、椅子 いすや(製)、買取本舗ドットコム3号店、DISC-RUSH、PCコンフル堺筋店、アシベ電機、オンエアー日本橋南店、DISC CITY日本橋南店
1984年でんでんタウン航空写真(16)~山中阿弥陀堂、マルキン家具、共電社ピッコロ、アシベ電機~- 


クラシックミニファミコンが我が家にやってきた!

 あけましておめでとうございます。
 今年もよろしくお願いします♪

 さて、前年最後のブログをアップしてからすぐのことです。

 我が家にもようやく「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ(以下ミニファミコン)」 が届きました。

 本当はもっと早く手に入れたかったのですが、限定品ではないので予約しなくてもすぐに手に入るだろうと思っていたのが大間違いでしたね。
 どこも品切れ状態で、売っているのは高値の転売屋ばかり。
 半ばあきらめつつもヤマダやビックカメラなどのネットショップを巡回する毎日が始まりました。

 その間、ミニファミコンのために発売されたファミ通ファミマガを読んで気を紛らわせます。

ファミ通等

 …昔はこれを読んでプレイしたつもりになっていたものですが、今は気が紛れるどころか余計に欲しくなって仕方ありません。(苦笑)

 そして巡回を続けること1ヶ月半。

 ついに「ジョーシンwebインターネットショッピング」にてその時がきました。

 いつもは「販売休止中です」と書かれている部分が、初めて「在庫1点限り」になっていたんです。
 見慣れなさすぎて目を疑いましたね。
 なにかの間違いじゃないかと不安になりつつも購入手続きを手早く進めます。

 「ご購入ありがとうございました」の文字。
 これで購入完了です。
 試しにもう一度販売サイトを見ると「販売休止中」。

 「買えた…よなぁ?」

 買えたはずなのにまだ不安が拭えません。

 少しして購入完了のメールが届きます。何度も内容をスクロールしているうちに確信に変わり、やっとミニファミコンが買えたんだという実感がこみ上げてきます。

 「うん…買えてる…買えてる…やった〜!買えた〜〜!!」

 いや〜ありがとうジョーシン!

 その二日後。

 届きましたミニファミコン。

ジョーシン箱

 ジョーシンのダンボールを早速開封。

ファミコン箱

 このパッケージが懐かしい。

ファミコン箱開封
 
 内箱には上部に説明書類、中にミニファミコン本体、下にケーブル類が入っています。

ファミコン箱開封2
 
 取り出してみると本体はきちんと破損防止材にくるまれています。

ファミコン

 ついにミニファミコンとご対面。

 この色。この形。まぎれもなくファミコンです!
 昔持っていたのはあちこち黄ばんでいたので綺麗すぎて逆に違和感があるくらいです。(笑)

 いやもう言葉がありません。この歳になってこんな感動が味わえるとは。

 夢中で撮影していると娘達が横で「これなに!?」と騒ぎ始めました。

 「ファミコン」と教えると、娘の口から「ファミコン!」と返ってきます。


 なんでしょう。

 娘の口からファミコンという言葉が聞けるのがこんなに嬉しいものだとは思いませんでした。

 そして娘から「ファミコンってなに?」という当然の質問がきたので「ゲームができるんよ」と答えると、「ゲーム!?やりたい!」と飛び上がって喜んでいます。
 早速ミニファミコンを繋ぎにかかります。
 娘は3DSやipad等でゲームをすることはありますが、テレビに繋ぐタイプの据置型ゲーム機を触るのは初めてです。

 繋いでいく様子を楽しそうに眺めている娘達。
 これって、かつて父がファミコンを買ってきてテレビにRF接続(アンテナ接続)を試みていたのを横でワクワクしながら見ていた僕そのものです。
 こんなことで今更ながら父親になったことを実感している自分に苦笑。

 チャンネルがビデオになっているのを確認してミニファミコンの電源を入れます。

 数秒してメニュー画面が起動。

 娘達から「おぉーー!!」の歓声。
 3DSに比べて圧倒的な大画面で表示されたメニュー画面に驚いています。
 早速コントローラーを持って「スーパーマリオブラザーズ(以下スーマリ)」を選択。
 さすがにコントローラーが小さく感じます。実際小さいです。

 娘にコントローラーを渡します。

娘ファミコン

 初めての据置型ゲーム機にちょっと緊張している様子。
 娘の手にはちょうど良い大きさです。

スーパーマリオ

 娘は3DSのマリオに慣れているので制限の多い初代スーマリの動きに戸惑ってはいましたが、キャーキャー言いながらも一度も死なずに1-1をクリアしていました。

 ソーサリアンの時も思いましたが子供の順応性って凄いですね〜。

 嬉しくて手を叩いて褒めていると、しばらくファミコンに熱中してしまってコントローラーを返してくれませんでした。(笑)


<1-2をプレイする娘。>

 いやもうファミコンで遊ぶ娘の姿が見られただけでミニファミコンを買った価値があると感じているのは親バカでしょうか。(苦笑)

 それにしても当然ながら古いゲームばかりなのですぐに飽きると思っていたのですが、娘の中では古いとか新しいとかの概念はなく、そういうルールのゲームと割り切って遊んでいるようで何度死んでも挑戦し続ける姿はかつての自分と変わらないですね。
 あらためてファミコンゲームの魅力というものを感じました。

 最初はスーマリをやっていたのですが、気がつけば「スーパーマリオブラザーズ3」、「スーパーマリオUSA」と遊んでいきます。
 「スーパーマリオUSA」はマリオシリーズの中でも操作が特殊なので娘は嫌がるかなと思っていたらいつの間にか一番遊んでいるマリオは「スーパーマリオUSA」になっていました。
 わからないものですね〜。

 親子では「アイスクライマー」が一番ハマっていましたね。
 昔、兄弟で遊んでいた頃は足の引っ張り合いをして喧嘩になっていましたが、
 今はちゃんと娘が上がってくるのを待ってあげるあたり大人になったものです。(笑)

 マリオ以外で娘が一番遊んでいたのは「星のカービィ 夢の泉の物語」。

 これは僕が中学から高校にかけて出てきたゲームで、ファミコンが発売されてすでに10年が経っていた頃でした。スーパーファミコンが全盛で「格闘ゲーム」に興味が移っていた僕は一度も遊ぶ機会がなかったゲームでしたね。
 ただ小学生の間でとても流行っていることだけは知っていました。

 娘は最初パッケージ絵がかわいいので選んだと思うのですが、初代スーマリに比べると複雑な操作なんですね。
 なので僕や妻にどうしたらいいか聞いてくるのですが、やったことがないので説明できません。
 もういいやと諦めるかなと思っていたら、いつのまにか自力で「相手を吸い込み吐き出す。相手の技をコピーする。空を飛ぶ。」などの基本動作を学習していたんですね。
 そして次々と新しい面に挑戦してはクリアしていくんですよ。

カービィ娘
<カービィで遊ぶ娘。>

 娘が凄いというよりも、説明書なしの直感だけでここまで遊ばせることができる「星のカービィ」というゲームの完成度の高さに感服しました。
 今の子にも十分通用する素晴らしいゲームですね。


 さて。僕はというと、かつて何度挑戦してもクリアできなかった「ロックマン2」に挑戦しました。

ロックマン2

 どういう順番でボスをクリアーしていたかは覚えていないので攻略サイトを見ながらはじめました。
 気になっていたコントローラーの小ささですが、だんだん手に馴染んできて気にならなくなりました。慣れると快適です。

 相変わらず難しいゲームでしたが、ミニファミコンには「どこでもセーブ機能」があるおかげで昔の五目並べのようなパスワードを打ち込まなくても何度もボス戦に挑戦でき、これを駆使してなんと20数年越しに初めてロックマン2をクリアーすることができました。
 ありがとうミニファミコン!(笑)

 とまぁこんな感じで家族揃ってゲーム三昧だった年末年始でした。
 子供時代のゲームを娘と共有できたことに感謝ですね。

 最後にファミコン少年だった頃の僕の写真を掲載して終わりたいと思います。
 ではまた(^^)/

1986年ファミコン
<約30年前の写真。ミニファミコンに見慣れると本物のファミコンが大きく感じますね。 実家のアルバムより> 
 

〜ソーサリアンで遊ぶ娘を見て想うこと〜

 <ソーサリアンで遊ぶ娘>

 気がつけば年末。時が過ぎるのが早いですね〜。

 突然ですが皆さんは29年前(1987年)に発売された日本ファルコムアクションRPGソーサリアン」というパソコンゲームをご存知でしょうか。
 当時いろんなパソコンに移植され大人気ソフトだったと聞いています。

ソーサリアンロゴ
<ソーサリアンのタイトル画面>

 僕はその頃PC-98を所持していたので同じ日本ファルコムの「ザナドゥ」や「イース」、後には「英雄伝説シリーズ」もいくつか遊ばせてもらったのですが、この「ソーサリアン」はなぜだか遊ばずじまいだったんですね。たぶん当時はドラクエ3にハマっていたので他のRPGにあまり興味が移らなかったんだと思います。

 そんな感じでとくに触れることなく時は流れて今から数年ほど前。あの「ソーサリアン」がiOSアプリで発売されると知り、時期を逃した僕にとって電車の中で「ソーサリアン」が遊べるのは非常に都合が良いと衝動買いしちゃったんですよね。

ソーサリアンアイコン
<iOSアプリのアイコン。>

 しかし実際に電車の中でプレイしてみると、思ったようにゲームを進めることができませんでした。

 とにかく画面が小さいんですよ。

 ipadで遊ぶことを前提に作られているのか、僕の持っていたiphoneではかなり目を凝らさないとパラメーターの数字が視認できないんですよね。
 あの初代ゲームボーイを遊んでいた頃の目と集中力があればなんとかなったかもしれませんが、今の老いた目ではとてもついていけません(泣)。

 そんなわけで電車でらくらくプレイな野望は簡単に打ち砕かれ、やがて興味が失せてきてほとんどアプリを開くこともないまま年月が過ぎていきました^^;。

 そして最近になりipadを手に入れました。

 iphoneと同じappleIDで登録すればipadでも同じアプリが使用できると知り登録してみると、あの時買った「ソーサリアン」が大きな画面で表示されたんですよね。

 とても文字が見やすく、やっとソーサリアンが遊べる!と感動しました。


 するとですよ。(ここからが本題)


 ソファーで隣に座っていた幼稚園児の実娘「それかっこいい!それかっこいい!」と画面を指差して擦り寄ってきたのです。

プレイ画面
<確かこの画面でした。>

 娘はニンテンドー3DSを遊んだりと今時のゲームっ子なので、今となっては古い16色グラフィックに反応するとは思わずちょっとびっくりしました。

 せっかくなので「ソーサリアン」を触らせてみます。

 するとまさかのハマり様で、なんと1時間近くも遊び続けていたんです。

 流石に飽きたかと思いましたが、次の日も「かっこいいのやりたい!」と言ってまたプレイするんですよ。

 これにはとてもびっくりしました。

 この「ソーサリアン」をプレイされた方にはわかると思いますが、各種パラメーターの理解や、クリアに必要な謎解き(ヒント収集?)をしっかりしないと楽しめないというか、ただ突き進むだけではすぐに死んでしまって面白さが伝わらないゲームだったりします。いわゆるやりこみ系のゲームなんですよね。

 娘はまだ文字があまり読めず、パラメータの見方も全然わかりません。

 戦い方も、魔法を連打ながら敵に突っ込んでいって、やがて力尽きます。

 死んだキャラは作り直してまたパーティに組みこんでいくのですが、最初その部分は僕がやっていたのをいつのまにか見よう見まねでキャラ作りができるようになっていました。(もちろんパラメータはわからないままですが。)

 死んではキャラを作り、パーティを編成し、冒険に出てはまたすぐに死ぬ。

 娘のプレイを見ているとひたすらこれを続けているのです。

 いったいなにが面白いんだろうととても不思議でした。


 しかし、娘の反応を細かく見ているとあることに気づくのです。


  歩いているところに敵に遭遇。

 娘「うわ!でた!いけ〜!!」 

  ひたすら魔法を打ち込みながら突っ込んでいきます。

魔法を連打しながら突っ込んでいく
<ひたすら魔法を打ち込みながら突進する娘。スーパーマリオの知識で飛ばしているものがファイアーということは理解しているようです。>

 娘「いや〜!!」

  あとに続く敵に突っ込み続け、奥の扉の中へ逃げ込みます。

 娘「はぁはぁ、あぶなかった〜…」

  よく見ると4人いたパーティが2人に減っています。

 娘「あ、水色ちゃんとファイヤーちゃんがいない。」

水色ちゃんとファイヤーちゃん
<娘の中では左が水色ちゃんで右がファイヤーちゃん。> 

 娘「帰らなきゃ!」

  また扉を開けてスタート地点を目指して敵に突入していきます。

  パーティはまた一人減り、たった一人で命からがら帰還。

 娘「はぁーあぶなかったー。帰ってきたぁー!」

命からからがら帰還
<帰ってくると写真のようなメイン画面に戻ります。>

  メイン画面に戻ってきたときの「逃げ切った感」でとても満足そうです。

 娘「ファイヤーちゃん呼ばなきゃ。」

  そういってキャラメイクの画面に切り替え、ファイヤーちゃんを作ります。
  娘の中では道中倒れたファイヤーちゃんを呼び戻してきたという感覚みたいです。
  この間、BGMで流れている明るい曲に勝手に歌詞をつけて歌いながら作業しています。

  娘「ファイヤ〜ちゃ〜ん♪みっず〜色ちゃ〜ん♪」

 ぱいやーちゃん
<残念!「ファイヤー」じゃなくて「ぱいやー」になってます(笑)。>


  こんな感じでまた出撃!とループしていくのですが、なにが言いたいのかというと、ゲームとしてのルールがさっぱりわかっていなくても、ちゃんと娘の中では「ロールプレイングしている」ってことです。

  パラメーターなんかなくったって、文字が読めなくたって、全然先に進んでいなくたって、冒険としての喜怒哀楽をしっかり楽しんでいるんですよね。

 子供ってよく自分でルールを決めて遊びを考え出します。
 それはルールでガチガチに固められたコンピューターゲームにおいても同じなんだってことを今回の出来事で学ばせていただきました。


 よくよく考えたら、僕がSEGAのSC-3000を祖父に触らせてもらってゲームをしたのはちょうど娘と同じ年です。

 僕の中に残るかつてのゲームの記憶は、娘のような感性を持っていた中で体験したものだったんだと思うといろいろ考えさせられますね〜。


 というわけで今回はここまで。

 それでは皆さま、今年一年ありがとうございました。m(_ _)m

 来年もおっちゃんの思い出ブログをよろしくお願いいたします。
 では良いお年を(^^)/

全記事一覧(新しい順)
記事検索




にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪ミナミ情報へ
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ