K-MAN Grand Prix

~jumping knee attack~ 噛ませ犬が吠える、気まぐれ日記

2013年07月

今年初のオーシャンスイムスクール。
先ずは、初心者クラスです
image

土曜は夏の斑尾スキー場へ朝は雲海が素敵でした
18




















午前の部は山登りトレーニング。
結構急に見えるけど、ま、いっか!?
16




















では、頂上目指して出発

コーチ:「ふもとから頂上まで2セット!(笑)」

冗談なのか本気なのかわからないまま、とりあえず登り始めました。
26



































コーチとジュニアの選手の皆さんは、結構ハイペースで登っていきました。

『この感じは、やはり2セットか。。。』 
とりあえず、チャレンジはしてみるつもりで、後ろから必死について行くのですが、10分くらいでバテバテに。。。
例えば、スイムやバイクやラン全部そうですが、最初の5~10分って、もうダメ~ってなるくらい辛いんですよね。。

息もゼィゼィハァハァで、ドリンクボトルを片手にチビチビやりながら、自分ヘボイなぁ~って思いながら登って行きました。

半分くらい?登ったところで、ジュニアの選手が数名下って来ました。
途中までかもしれないですが、少なくとも彼らは2セットやるってことですよね。素晴らしい

私のほうはヒィーヒィー言いながら、どーにか頂上まで登れました。
野尻湖が見えてキレイな景色
09




















撮影タイムにもなりながら、しばし休憩。
39




















結局、TEAMオトナは1セットで許してもらえました。(笑)

さて、ホッとしたところで、あとは恐怖の下りです。
下りは、上りより怖くてツライです。

k-man:「あれ?ここ(行きに)通ったっけ?」
相方:「通ったよ!覚えてないの?」
k-man:「全く記憶にない。」 


ちょうどMAXバテバテだったあたりでしょうか?
周りの景色とか全然見てなかったのかもしれません。( ´,_ゝ`)プッ


芝生が多くなった辺りで、S字ぎみにスキーっぽく下りてみます。
k-man:「あ~腰が回る~」 
この腰、どうにかならないかといつも思います。( ´,_ゝ`)プッ

コーチ:「うわ!バックル外れた!!(笑)」
と、ほどけた靴紐を直します。ちょっとウケました。(笑) 

こんな感じで、ツラカッタけど楽しく下山。
24




















で、午後の部は野尻湖に移動して、スタンドアップパドルサーフィン(Stand up paddle surfing)。略してSUPというらしいです。
02




















これ、去年からず~っとやってみたかったのですが、やっと体験することが出来ました

ボードの上に立つのはなんとか出来るのですが、漕ぐのが下手っぴみたいで、なかなか前に進みません。
スキー向けに、上下動を意識した漕ぎ方を教わったのですが、これがスムーズに力が伝達できるといいみたいですね。

コーチ:
「やっぱりスキーが上手い(速い)人が、
SUPも速い。」


おっしゃる通り、私が一番
遅かったです。( ´,_ゝ`)プッ


最後に体幹系トレーニングをボードの上で行いました。

FBの某選手のお写真で拝見していた、ボードの上で三点倒立。 

私も挑戦してみました。
もちろん出来ませんが。 ( ´,_ゝ`)プッ


足を上げることが出来ないので、思い切って足を投げ出すようにしてみました。
そしたら、前転して終わりました。 ( ´,_ゝ`)プッ


先ずは、床の上で練習ですね。(笑)

とにかく、楽しくてキツイ1日でした。
またパドルサーフィン絶対やりたいです 

3連休最終日は、ちょっと冬支度的な(笑)

相方のブーツのフォーミングでした。
38


































フォーミングって何年ぶりだろうね??
とにかく、超~久しぶり。

先ずはふみふみしました。
54



































で、シャチョウから段取りとか丁寧な説明を受けてリハーサルした後、
いよいよ液注入~ 
46






























なんか、見てるほうが緊張しました。( ´,_ゝ`)プッ

この後、カント調整して終了。 
次は私のブーツチューンだなぁ~

3連休2日目は、道満練。
前日の陸トレで体が機能していないので、ファンライド&ファンランのつもりで。(笑)
が、結局後半は、
全然楽しくありませんでした。( ´,_ゝ`)プッ


カモも湖から出てきて、お散歩してました。
56




















カワイイ
06 




















せめて、コントレになっていれば今回は良しとしよう。( ´,_ゝ`)プッ

今回は土曜日開催だったので、相方と参加。
しばらく参加していない間に、 小道具もいっぱい増えてました。(笑)
30




















先ずは階段メニューでアップしてからの、ラダー。 
ラダーのステップも、かなり複雑になってます。

まったく足が動かず、ジュニアの選手やコーチから、横で指示していただく始末。 

あとは、対戦形式で、ちょっと頭を使うトレーニング。
最初にコーチが算数の計算を言うので、その答えを言ってからスタート。
16



































計算自体は、簡単な足し算や掛け算だったりするのですが、
2桁や3桁になったり、1桁でも全部掛け算だったりすると、
途端に計算出来なくなります。( ´,_ゝ `)プッ


例えていうならば、
よくクイズ番組で出演した芸能人が
『TVで観ていると、何でこんな簡単な問題
出来ないんだろう?って思うんですけど
実際にこの場に来ると、頭真っ白になって
答えられないんですよね~

っていうコメントに似ています。


今となっては、電卓ナシでは
計算出来ません。( ´,_ゝ `)プッ


オトナ2名より、ジュニアの皆さんのほうが
暗算が速いです。( ´,_ゝ `)プッ



そして、バランスドームを使った体幹トレなど。
オトナ2名はキツ過ぎて、お尻が上がっちゃうます。( ´,_ゝ `)プッ
01




















このバランスドームの出番はかなり多かったです。
30



































そして、体力系トレーニングも多かったため、オトナ2名はヘトヘトになりました。

コーチ:
「お二人は1本間引きましょう。


鬼の目にも涙です。 ( ´,_ゝ `)プッ

と同時に、
ヘトヘトになっているオトナ2名を見て、
コーチが少し満足気に見えたのは
私だけでしょうか? ( ´,_ゝ `)プッ


こんな感じで、3時間のトレーニングが終了。

かなりツライ内容だったので、
アンチエイジングというより
燃え尽きて灰になってしまった
という感じです。 ( ´,_ゝ `)プッ

↑このページのトップヘ