トレーラー・ヒッチメンバー

2016年01月17日

鳥栖市は、昼過ぎから雨模様です。

今は夜の20時過ぎですが

外気温が6℃前後。

雨量もそこそこありますので

この雨は、近辺のフィールドの季節感を一気に動かすかもしれませんねー。


雨の中、午後からは

ヒッチメンバーの取り外し。

IMG_1259

現行の150プラドの2.7ガソリンですが

このお客様

後期150プラドのディーゼルへ乗り換えということです。

前期と後期はシャシー自体はほぼ同じですので

ヒッチメンバーはそのまま移植となります。


聞くところによると

5年落ちぐらいの150プラドの売却・下取り金額がビックリするほど高額らしいです。

どういうカラクリか、よく存じませんが

5年落ちの150プラドを売却して

最新型のクリーンディーゼル150プラドへ乗り換えても

追金が100万台ということで

これぁ、乗り換えるでしょ、ってなるらしいです。

「ランドクルーザー」というブランドバリューは凄いですね。


**************************
「キノシタマリンサービス」のフェイスブックを始めました。
**************************
ボイジャーバッテリー下取りセール実施中!こちらをご覧ください。
**************************
定休日、臨時休業日、営業時間の変更などのお知らせは、こちらでご確認ください。
**************************



kmsboat at 20:36 

2010年01月22日

休み明けの金曜日

ヒッチメンバーの取り付けからスタートです。

IMG_2023

IMG_2024

車は「ランクル95プラド」

ボートを牽引するには「一番便利な車」の一つですね。

プラドには、おそらく50台以上は取り付けていますので

説明書不要です。

が、左側フレームのネジ穴のサビが意外に酷く

2つのネジ穴のうち

1つはタップでねじ山切りなおし

もう1つはねじ山も切れなかったので

ドリルで貫通させて、裏ネジをフレームに挿入し固定しました。

ちょっと時間掛かりましたが

強度もキチンと出ていますので安心です。

人気ブログランキングへ

kmsboat at 23:42 

2010年01月19日

IMG_2013
何度も書いたことがありますが、たくさんご質問を頂くので。

トレーラーのタイヤの空気圧ですが

メーカによって多少違いますが、2.0kg〜3.0kgが適正値です。

私の基準ですが

ソレックス12インチ 2.5kg

ソレックス13インチ 3.0kg

トレールライト13インチ 3.0kg

ブラストトレイル12インチ 2.2kg

ブラストトレイル13インチ 2.5kg

であわせています。

判らないときは、2.5kg入れておけば問題ありませんよ。

空気圧の低下は、バーストなどの事故に繋がります。

トレーラーは使わない時間が長いので、空気は抜けやすいです。

出発前に確認し、抜けてそうな時はガソリンスタンドなので確認しましょう!

人気ブログランキングへ

kmsboat at 22:08 

2009年12月19日

** 売約済みです。ありがとうございました! **

中古のトレーラーが一台あります。 初年度登録:平成9年6月 メーカー・機種:トレールライトTR−13 長さ:424cm 幅:163cm 高さ:103cm 最大積載量:500kg 車検:なし 一時抹消中 予備検査渡し IMG_1901
IMG_1902
年式はそこそこ古いですが、12FTクラスを乗せるには十分です。まだまだ現役です。 特に壊れているところはありませんが、バンクボードのカーペットの傷みとフレームのサビが目立ちます。 タイヤやベアリングは大丈夫です。 現在、一時抹消中です。 予備検査を受けてからのお渡しとします。 価格は¥68,000です。 登録費用は別途必要です。 詳しくはお問い合わせください。 とりあえず、トレーラーを! っていう方にはちょうど良いと思います。

kmsboat at 21:39 

2009年12月13日

以前ここに書いたかなぁ〜

トレーラーのスペアタイヤ

困ったお客さんがいつでも持っていけるように、お店の外に置いているんです。

夜とか早朝でも、うちまでくればタイヤあります。貸し出しますよ!といった具合です。


で、今日それが活躍しました。

高速走行中にバーストしたそうです。


しかし今年は、タイヤのバースト多かったですね。

どうしてでしょうか?!

IMG_1889


スペアタイヤ

持ってるに越したことはないですね。

ひとりに一つ、とは言いませんが

仲間内で誰かが持ってると安心です。

備えあれば、憂いなし

ですね。



kmsboat at 21:22 

2009年12月09日

トレーラー車検で入ってきたんですが・・・・・

タイヤを見て唖然・・・・

IMG_1883


ホイールを留めてる

ネジ



です。

テーパーの付いてるほうが、ホイール側ですよ。

パンク修理か何かのときに、間違ったのでしょうか・・・。

kmsboat at 20:29 

2009年02月16日

意外と「知らない」「やっていない」という人が多いので。

怠ると大事故につながりますよ。

トレーラーの車軸へのグリスアップ。

ソレックス社のトレーラーを例に挙げています。

IMG_0627












必要なものは「グリスガン」と呼ばれるグリスを注入する道具。

ボートショップにも売っていますが、ホームセンターなどで買ったほうがきっと安いです。

IMG_0630












ホイールの中心に「グリスニップル」があります。

ここがグリスの注入口です。

IMG_0631












グリスガンをグリスニップルに押し当てます。

グリスガンの先端とニップルが繋がります。

IMG_0632












グリスガンのレバーを動かして、グリスを充填します。

満タンになったら、写真のようにグリスが溢れ出します。そこでストップ。

IMG_0633












ウエスやティッシュなどで溢れたグリスをふき取ります。

これで完了!

IMG_0634












ドロ汚れや塵が付着しないように写真のようなゴム製のキャップをかぶせてあげるとなお良しです。


グリスアップの頻度についてですが、私は2ヶ月に一度ぐらいを目安にしています。

人によっては半年とか1年とか大丈夫!と言う人もいますが・・・ハブやオイルシールが「正常な状態」であれば大丈夫かもしれません。

しかし「正常な状態なのか?」を判断するにはグリスを入れてみるのが判りやすいです。

「入れすぎて悪いこと」は何もありません。

「入れない」のは悪いことばっかりです。事故が起こります。

なので「入れすぎ」ぐらいでちょうど良いです。





kmsboat at 21:30 

2009年01月27日

ソレックスのボートトレーラーですが

2月1日より、¥30,000もの大幅な値上げになるようです。

ソレックス社より正式な発表は行われていませんが、ステーサーにカタログには新価格で掲載されていますので間違いないようですね・・・。

今現在、鉄相場は下がり局面ですが

材料の仕入れ〜製造〜出荷 

という長期的なスパンでコストを算出すると、北京オリンピック前あたりの鉄が高騰していた時期を基準として計算となってしまんでしょうね、きっと。

しょうがないですが、¥30,000は結構キテますね。

kmsboat at 16:11 

2009年01月09日

700211_01












トレーラーのボートを載せるときにガイドの役目をしてくれる「サイドサポート」ですが

僕はどーしてもこのタイプのサイドサポートが好きになれません。

そこで、前々から構想はあったのですが、新しい組み合わせを試してみました。

P1000003












それがこれ。

ソレックスのトレーラーに、ブラスト純正サイドサポートです。

ブラストのサイドサポートは「板」でボート側面をガイドするタイプです。

「角状」の上記のものとは違い、面でボートを誘導するために断然使いやすいです。

そのままではソレックスには付かないので、サイズの違うUボルトとプレートを用意して対応しました。

ブラスト用サイドサポート¥10,290

取り付けUボルト4本+ナット8個+プレート4個¥5,250

合計¥15,540でご用意出来ます。取り付け工賃は別途です。

kmsboat at 21:36 

2008年11月05日

IMG_0162












ステーサーST−420PDをトレーラーに載せています。

写真左が、ソレックスボート14F

写真右が、ソレックスボート14FW

積載の高さですが、ほぼ同じです。その差1cmほど。

14FWに積んだほうが積載位置が低くなる、って思いがちですが、実際はほとんど変わりません。

14Fと14FWの本体価格差は、¥31,500。

14Fのほうが当然安いです。

あえて14FWを選ぶ必要はありません。

しかし、車幅が大きい14FWのほうが、車のミラーで確認しやすいので牽引は楽のような気がしますね。

また、将来さらに大きなボートに乗り換える際にも、14FWのほうが汎用性はあります。

kmsboat at 21:27 
お問い合わせ
お問い合わせはこちらまで。
記事検索
月別アーカイブ