2009年12月07日

利用方法模索中

エアガン関係ネタは↓のBlogに移動してます。
 http://toygun555.blog93.fc2.com/

ということで、エアガン関係ネタは綺麗さっぱり移動したのですが、こちらはどうしようか検討中。
ここには昔やってたネトゲやら、くだらない話やら結構書き連ねてきたので個人的に閉鎖は忍びないので残してますが、更新するネタがない・・・。

息抜きでやってるNavyfieldという超マイナーゲームの事を書くにしても、気合入れてやってるわけでもないし、下手糞だし、書きようがないんですよね、あのゲームは。

まあ、とりあえず来年は何かに利用しようと思います。

2009年09月20日

エアガンネタのみBlog移設します

とりあえずエアガン関係のネタは移設します。
移設先はコチラ↓

 http://toygun555.blog93.fc2.com/

しばらくは新規購入の予定も無いので手持ちの物の最インプレor移植になります。ただ、今度はカテゴリー訳もOKなので、いい感じになるはず!
と、言ってもとりあえず1件載せただけですが・・・。
というわけで、毎回見に来てくれているであろう10数名の方、ブックマークの変更をお願い致します。

このBlog自体は約4年近くネトゲのUCGOやらLotloやらアレコレと色々書いてきたので備忘録的に残る予定です。



2009年09月13日

とりあえずIDは作ったけど・・・

カテゴリー分けしたいが為に引越し先を考えて嫁も使ってるFC2でID作ったけど、テンプレ選ぶだけでもう疲れました・・・。
記事に関しては丸々引越し可能とのことですが、これはよっぽど時間がないとダメですねぇ。

あー、VSR欲しいなぁ。
CA870ソードオフも欲しいなぁ。
手軽に遊べるエアコキ系が無性に欲しい今日この頃です。

2009年09月07日

Blog引越し計画検討中

というわけで、Blogの引越しを検討中。
何故かと言うと、人様のBlogを見てると綺麗にカテゴリー分けしてあるじゃないですか。メーカーごととか、エアガンの名前ごととか。
LivedoorBLOGでも一応カテゴリー分けは出来るんだけど、順番が任意に入れ替えられないらしいので、どうしてもメーカーごとに綺麗に並べられないんですよね。
まあ、そんなカテゴリー分けするほど数は買ってないし、一時期のように何でもかんでも欲しいという欲はなくなったので、これからも大して更新はしないんでしょうけど。

と言って舌の根も乾かぬうちに今非常に気になるのがマルゼンのP38だったりします。買っちゃおうかな・・・。


2009年09月03日

ここ最近気になるものは・・・

先月はCZ75、ポリスポジティブと2丁も一気に買って、来月は車2台の車検が控えてるので余裕は無いのですが、気になるものとしては、
 ・マルイ VSR10 Gスペック
 ・マルイ MAC10
 ・マルゼン CA870ソードオフ
の3丁です。
全部最新機種ではないのですが、エアガン趣味が復活してから気になっていました。Gスペついては今日模型屋で実物を見る機会があったのですが、見るとやっぱり欲しいですね。思わず買ってしまおうかと思いましたが、あんな長い箱を嫁に隠して家の中に運び込むのは至難の業なので諦めました・・・。L96AWSも見てきましたが、デカいですね。私は古い世代のせいか、どうも今時のタクティカルなライフルはイマイチですね。M16よりM14とかガーランド又はトンプがいいです。そもそも、M4じゃなくM16とか言ってる時点でダメなんでしょうけどw。

MAC10についてはまあいいとして、3丁の中ではマルゼンのCA870が現時点での次回購入最有力候補です。エアコキでお手軽で価格も安く、性能もイイと評判でかつソードオフなんてカッコイイじゃないですか。これで弾がマルイのショットガン並に3発でも出れば最高だったのですが。
とりあえずそんなところです。

2009年08月23日

タナカ COLT POLICE POSITIVE SPECIAL (HW)

PPSマルシンのCZ75と同梱で買ったのがコレです。
最初はタナカのM10スチールフィニッシュを買おうと思っていたのですが、何気に目に留まってからはこのスタイルに魅せられてついついポチってしまいました。私がマニアの頃はこの銃について語られることなどなく、当然モデルアップもされませんでしたので、実銃の存在自体このエアガンを通して知った次第です。ディテクティブは知っていましたが。まあ、ガキの頃その存在を知っていてモデルアップされていたとしても、その頃はこの良さが分からず購入はしなかったでしょうけど。



PPS_2ちなみにタナカのペガサスは2丁目です。1丁目のSAAを買ったときには既にマニアとは言えないときでしたので、ほほー、面白いシステムだなぁーくらいにしか思いませんでしたが、今考えるとこのペガサスシステム、ケース式では無いものの、エアガンとしての発射性能と、シリンダーにガスユニットを収めたことによる実銃に迫るリアルな内部構造が程よい感じでMIXされて絶妙ですね。

PPS_3外観は全体的につや消し塗装され、テーパーのかかった細身のバレルに金属製のシリンダーなど、雰囲気は抜群です。実物を見る前まではグリップの色が気に入らなかったのですが、実際手にとってみるとコレもありかなと納得できる雰囲気です。ただ残念なのは随所に仕上げの荒さが目立ちます。
まずバレル上部には薄っすらとパーティングラインが残ってますし、つや消し塗装も端に行くとシワが寄ったような感じになっている箇所が数箇所ありました。ま、この辺はじっくり見ないと分からないレベルなのですが、理解出来ないのが3枚目の写真の赤丸の中。コレ何?(w
最初は塗装時のマスキングテープか何かの剥がし忘れかと思い、購入したLAさんに問い合わせたところ、わざわざ問屋まで出向いてくれて1ケース確認したら全てこのようになっていたとの事でした。つまり仕様のようです。工作過程でこうならざるを得ないのかよく分かりませんが、未だに謎です・・・。
実射についてはまだ30発程度ですが、軽く狙ってお座敷5mで10cm円内に収まるくらいかな。パワーもケース式のリボルバー以上、ガスブロ未満といったところです。

総合的には価格から考えると仕上げの荒さが目立ち、納得出来ない謎の部分もありますが、HW製ということもあって重量もソコソコあり、その独特の雰囲気は抜群です。手に持つだけでニヤニヤ出来るガスガンがまた1つ増えました。

2009年08月22日

夏季総合射撃 〜マルシン6mm編〜

とりあえず前回に引き続き6mm編です。
マルイの電動P90、Glock17、DEの3丁についてはもう文句の付け所が無いくらい素晴らしい性能で、P90に至っては10m先のガス缶などは連続Hitですぐ倒れてしまいます。吸い込まれるように伸びる弾道、安定した動作には長年蓄積したノウハウが感じられ、遊ぶためのトイガンとしては文句無く世界一でしょう。逆にそこが物足りなく感じる人も多いのでしょうが、それくらい完成されていると思います。
もっとも、私の感覚は20年近く前の感覚なので、今のエアガンに慣れた人にはまだまだカスタムの余地があるんでしょうけど。ということで、マルイ製品に関しては特に書くまでのことはないので、マルシンの6mm排莢についてちらりと。

【Kimber GOLD MATCH】
室内では絶好調のKimber、12連射ジャム無しなんて当たり前ですが、今回初めて外で撃って発見したことが一つ。弾を込めて実射時に5m程度でポロ落ちする弾が多すぎです。これについては個体差でしょうけど、マガジンの固定の甘さが原因だと思われます。
私のKimberはマガジンキャッチの突出が少ないためか、マガジンを挿した後も1mmちょっとのガタつきがあるのですが、これが硬めのケースパッキンと相まって実射時にガスルートに隙間が発生、発射ガスが多量に漏れているためかと思われます。実際、マグを下から抑えるようにして撃つとポロ落ちはなくなります。前にどこかでマグ側のパッキンを上に押し上げたように瞬接で止めると調子が上がるようなことが書いてあったような気もしますので、今度以前不調時にやったように適度にスペーサーでもかませてみようかと。フレーム削ってマグキャッチの突出量を増やしてもいいのかも知れませんが、素人施工で取り返しが付かなくなりそうなのでパスで・・・。原因もパッキンの硬さにあるのかもしれませんしね。

【CZ75】
少々インプレした時にも書きましたが、ケースが飛びまくりです。ブっ飛びます。それもG21やKimberのように一定方向に飛ぶのではなく、結構バラバラと広範囲に飛び散りますので撃った後ケースを探すのにかなり苦労しました。
で、実射ですが、室内で撃ったときはいいとこ5,6m程度なので気づきませんでしたが、新型の2点突起のHOPパッキンがかなり効いているというか、効きすぎのようで、10mを超えたあたりで鬼HOPがかかり、弾道がかなり上昇気味になりました。ということで、こりゃ調節するかと思い、スライドを外したところ・・・HOPUP用のネジが無い!もしかしたら最初から無いのではと思ってパーツリストを見るとしっかり載っていました(w。
まあ、そのうち請求するか、代用ネジをつけようかと思いますが、調整していない状態でこのHOP具合なら、パッキンを削って突出量を調整するのが早いかと思われます。私はお座敷なのでやりませんが。
あと、購入当初は連射すると結構ジャムったりしてましたが、100発くらい撃った後は随分と調子が良くなり、ジャムも少なくなりました。
CZはG21やKimberよりもマグの最上段からバレルの根元にケースが固定される位置まで少々上下の落差があり、ケースがマグから押し出されて前進するとき、フィールディングランプを滑るというよりも突っかかっていくような感じになるので、この辺が原因なのかもしれません。
弾道については排莢シリーズ中最も安定していて、飛距離もG17には及ばないものの結構ありますので、HOPパッキンの調整、バレルの精度次第では10m程度でもガス缶をHitするのはそう難しくないと思います。CZはケースパッキンも結構ユルめなので、これも効いているのかな。
とりあえずこんなところですが、6mm物については弾は全てマルイの0.2gを使用しました。あとは若干横風が吹いていたので、無風状態でやれば更に違った結果が出ることは言うまでもありません。



Profile

Aniki

コメント一覧
過去のお話
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)