この全自動アフィリソフトKENはアクセスを呼び込みます。

それでは、この度のソフト「KEN」を詳しく説明していきます。
BIGポイント

BIGポイント
1日の平均が700~800ほどのアクセス過去最高2,190アクセスが1日に訪れます。

これは広告などを出稿しているわけではなく、
YahooやGoogle、Facebook、Twitterなどからのアクセスとなります。

更に詳しくご説明していきます。

現在、検索エンジン(Yahoo、Google)から好まれる手法の一つに、オウンドメディアサイト作成方法というのがありまして、これは一言で言えば、同じカテゴリーや、同じ題材にしたものなどを、
一つのサイトの中に多く情報を入れていくというサイトの作成方法です。

まとめサイトやポータルサイト、キュレーションサイトなどがその方法で
旅の情報サイトなら旅のことを書いたり、化粧品のことなら化粧品の内容を書いたりして、
サイトに詰め込んでいく方法です。

大手企業のオウンドメディア事例

資生堂はコーポレイトサイトとオウンドメディアを分けて活用することで、今までのトラフィックが1.7倍~2倍になったそうです。元々知名度もある資生堂で2倍という事ですからすごい作戦です。


収益源でGoogle AdSense(アドセンス)も可能ですし、他のASPでも大丈夫です。

インフォカート売上画像6月 インフォカート売上画像7月 インフォカート売上画像8月
そこで、こんな疑問がわいてきませんか?

アクセスが来るまでは理解ができたが、なぜ、自動で作ったサイトなのにそこから商品が販売されてアフィリエイト報酬がもらえるのだろう?
ここがこのロボットのポイントでもあります。アクセスが来るだけでは、商品は売れません。

アクセスが来て、更にそこからアフィリエイトサイトにクリックしてもらわなければ商品は売れないし
報酬も入りませんよね。
そこで、KENはすでに商品が販売される実績のある文章を既にテンプレート化して50パターン用意してあります。
またこの文章自体がクリックに誘導しやすい文章として作られています。

秘密の
インターネット上で検索していると、購買意欲の高いキーワードで、ついついクリックしてしまう文章ってありますよね。
自分が検索したい商品であればなおさらです。
購買したい商品欲求をそのまま文章にしてありますので、普通のブログ文章の10倍クリック効果の高いものとなっております。



>>>KEN エキスパート








INFOPLATE 5 WP

怪しさが一瞬で消える。
第一印象をサポートする
WordPressテーマ。

今、あなたが使っているテーマは何でしょうか? そのテーマはどうやって選びましたか? みんなが使っているから、評判がいいから、無料だから…。大半の人が、そんな感じだと思います。

もし、アフィリエイトで結果が出てないとしたら、もう一歩、思考を前に進めてください。その他大勢から抜け出すためには、どうすればいいと思いますか?


あなたのWordPressテーマは大丈夫?
テーマが売上げに影響を与える3つの理由。



WordPressのデフォルトテーマ「Twenty fifteen」。このデザインは物を売るのに適しているでしょうか?

もし今あなたが、自分のWordPressサイトにデフォルトのテーマや無料のテーマを使っていたら、あなたは本当は稼げていたかもしれないお金を、かなり損していたかもしれません。これはとても大切です。たかがテーマ(=WordPressのテンプレート)とあなどらないでください。

テーマを変更すると、見た目だけでなく、HTML構造などのSEO機能も一緒に変更することができるのですが、それだけで利益を大幅に伸ばすことができるかもしれないのです。たった数クリック、5分もかからない作業です。

「見た目なんて本質じゃない!」「俺のキーワード選定センスがあれば、どんなテンプレでも関係ない!」「コンテンツ イズ キング、中身で勝負!」そう考えている方は、以下の3つの理由を読んでから、もう一度考えてみてください。

理由1 デザインが信頼感に与える影響

売れない原因は、信頼関係を構築出来ていないから。
一目で「怪しい…」と思われているサイトが多い。

アフィリエイトサイトは特にそうなのですが、1人で複数のブログを運営するので、どうしても細部にまで手が入れられなくなります。日々の記事の更新だけで手一杯になってしまって、表示の崩れなどの細かい部分は「まぁいいか」となってしまいます。

もし自分のブログで「画像がなんかガタガタしているなぁ」「変な所に矢印が表示されてるなぁ」「字と字の間隔が空き過ぎているなぁ」など、ブログを作っている本人が気になっている所は、同じように訪問者も気になっていると思ってください。



グローバルメニューが収まりきらず、項目が落ちてしまっている例。



ウィジェットタイトルとリストのブレットがはみ出してしまっている例。

アクセスがあるのに売れない、直帰率が高い…。
それは、第一印象に誠実さを感じられないから。

そして、そういうサイトからは「適当にやってるブログ」という印象を受けますので、当然記事の内容も信憑性を感じられなくなります。結果、仮に上位表示されていたとしても、そのサイトからは売れないということになります。

逆にキッチリと整っているサイトというのは、誠実そうな印象を受けるので、頑張って書いた記事にも説得力が出てきます。その結果が成約にもつながる、という訳です。雑なサイトは信用できないので、何かを買おうという気が起きません。

理由2 HTML構造がSEOに与える影響

デザインが良くても上位表示されなければ意味がない。
SEOを捨てるということは、稼ぐのを諦めるということ。

じゃぁ、誠実そうに見えるサイトを作れば成約率があがるのか、といえば、それはそうなのですが、その前提になるのがアクセス数です。アクセス数が少なければ、いくらデザインにこだわっても、そもそもそのデザインを見る人がいないので意味がありません。

そして、アクセス数をアップするには、SEO対策がかならず必要になってきます。これはネットビジネスでは絶対に避けて通れない部分で、逆に「もうSEOなんてやめた!」と思った時点で、稼ぐ事は諦めなければいけない、それくらい大切です。



どうやってトラフィックを集めるか? ネットビジネスでSEOは避けて通れない。

>>>INFOPLATE 5 WP

SEOには良質な記事、良質な被リンク、適切なマークアップ(HTML)、この3つ全てが揃うことが必要。

アクセスが無ければ、画像に凝っても、
ライティングを勉強しても、無駄な努力で終わる。

ビジネスはかけ算なので、ライティングを勉強したり、凝ったバナー画像を用意したり、コンテンツを増やしても、アクセスがゼロだと、(100でも1000でもゼロを掛けたらゼロなので)全て無駄になります。

上位表示に大切なのは、キーワードにマッチした良質な記事、同じくキーワードにマッチした良質な被リンク、そして、記事内容をGoogleが素早く正確にインデックスできるマークアップです。

無料テンプレートの多くは、デザイン優先で適当なHTML構造のものも多く、そういうテンプレートを使っていると、せっかくの良記事が、SEO対策バッチリのゴミ記事に負けて、アクセスを集められないという悲劇が起こります。

理由3 使いやすさが作業効率に与える影響

デザインが良いと評判のWordPressテーマが、
実際に使ってみると見本のようにはならない理由。

デザインを売りにしているテーマは沢山あります。「これはキレイだな」「こんなサイトが欲しいなぁ」と思って購入しても、自分のサイトに適用してみると、同じにはなりません。どうしてでしょうか? そのテーマのデモサイトをよく見てみてください。

実はデザインを売りにしているテーマのほとんどが、デザインの品質を美しいメイン画像やアイキャッチ画像に頼っているからです。そして、それらはプロが時間を掛けて作っています。素人が記事作成と同時進行でできるクオリティーではないと思います。



デザインが売りのテンプレートの例。スクリーン全体を画像が占めている。素人がこのレベルの画像を用意できるだろうか?



ロゴやバナーに仮の画像が入っているテーマの例。使い始めるには、これらを全部自分が用意したものと差し替えなければいけない。

テーマ独自のルールが多く、学習コストが高い。
頑張った気になっても、スタートラインに立っただけ。

さらに、もう1つ、画像メインのテーマには大きな問題点があります。それは「最初に仮の原稿や無意味な画像が入っていること」です。テーマをインストールしても、すぐには使えないのです。最初に結構時間をかけてブログの初期設置をする必要があります。

「ここにバナーが入ります」や「No image」などのダミー部分を無くすために、一生懸命画像を作ったり文字を入力したりするのは大変です。またテーマ独自の機能は管理画面が使いにくかったり、説明が不親切だったりして、使いこなすまでに時間がかる問題もあります。

いかがだったでしょうか。これらの3つの問題点を読んでもまだ「無料テーマで十分」「良記事を投稿し続ければバズるはず」「ダサいデザインでも人気のブログを見たことがある」と言い続けるのであれば、これ以上、私から伝えることはありません。

逆に、もし、「テーマを変えるだけで報酬を伸ばせる可能性がある!」と感じて頂けたのであれば、私が作成したWordPressのテーマ「INFOPLATE 5 WP」について、詳しく説明させていただきます。

あなたのブログがピカピカに生まれ変わる!

あなたのブログがピカピカに生まれ変わる!

ライバルサイトを打ち負かす、
INFOPLATEに搭載された7つの機能とは?

INFOPLATE 5 WPには、独自に開発した「売るための」機能が搭載されています。
ジャンルに合ったデザインや最新のSEOはもちろん、広告の管理や記事の作り込みなど、
アフィリエイトやネットビジネスで必要な要素がバッチリ揃っています。


>>>INFOPLATE 5 WP





自分で更新できる最短ホームページテンプレート

このホームページテンプレートの最大の特徴は、
「初心者でもホームページを自分で作れるスキルを得ることができる」 ということです。

これは、他のホームページ作成ソフトでは、できないことであり、
このテンプレートだけが持っているメリットになります。



なぜ、ホームページを自分で作れるようになるかというと、このテンプレートを使えば、
ホームページを作るための 「タグ」 を、自然に覚えることができるため です。

このテンプレートには、 「パーツ集」 がたくさん用意されていて、そのパーツをコピーして貼りつけることで、ホームページを作っていきます。 そして、パーツをコピーして貼り付けながら、ホームページを作っていると、ホームページを作るための 「タグ」 も、自然に覚えることができるようになります。

だから、このホームページテンプレートを使っていれば、
ホームページを自由に作れる能力を手にすることができる 、というわけです。

すべて動画で解説されているため、パソコンの知識に自信がない人でもできる!
テンプレートやパーツ集の使い方は、すべて動画で解説をしています。 そのため、動画をマネするだけで、 パソコンの苦手な初心者でも、簡単にホームページを作ることができる仕組み になっています。

私が実際にそうでしたが、参考書やマニュアルを読んでも、実際にホームページを作れるようになることは、とても難しいです。 そもそも、参考書を読んで理解できる人など、ほとんどいません。

しかし、動画であれば、ホームページを作っているところを視覚的に見ることができるため、
動画をマネするだけで、ホームページを作ることができますよね。

動画でなければ、この仕組みをご提供することはできませんし、動画があるから、
誰でも簡単にホームページを作れる仕組みを、ご提供することができるということです。


このホームページテンプレートは、パソコンが苦手な初心者の方でも、ホームページを作ることができるように、 「徹底的にシンプルに、具体的で分かりやすく」 ということに、重点を置いて作成しました。

実際に、テンプレートを使用された 「西室久一さん」 は、85歳のパソコン初心者 で、
もちろん、今までにホームページは作ったこともありませんでした。



しかし、このテンプレートとパーツ集を使用したところ、西室さんは、
ホームページを作れるようになった のです。



>>>自分で更新できる最短ホームページテンプレート




↑このページのトップヘ