ペットの海外医薬品の紹介

フロリネフ(Florinef)0.1mg



フロリネフ(Florinef)は、成分Fludrocortisone Acetate(酢酸フルドロコルチゾン)含有の慢性副腎不全(アジソン病)の治療薬で、 ステロイドホルモンの一種です。 合成鉱質コルチコイド剤。

本来は人用医薬品ですが、動物医薬品としても使用される場合があります。
使用に際しては獣医師の処方と指導が必要となります。

副腎皮質ホルモンの分泌が低下することで起こる犬のアジソン病にも使用されます。犬のアジソン病は副腎皮質自体が免疫を介して破壊されたり、腫瘍や薬剤などで破壊されることで起こる場合と、副腎皮質に指令を与える視床下部や下垂体に異常があって起こる場合があります。 糖質コルチコイドのプレドニゾロンを併用することがある。

フロリネフ(フロリコットジェネリック)の使用方法
犬の場合、2.5-5.0kgに1錠
初回は症状によって上記の量を1日1回、出来れば1日2回に分割して投与。
アジソン病の治療には通常は毎日投与します。 
※病状により用法・用量が異なりますので、必ず獣医師の指示に従ってください。


詳細は↓↓↓
>>>フロリネフ(Florinef)0.1mg

フロリコット(Floricot)100mcg



フロリコット(Floricot)は、慢性副腎不全(アジソン病)の治療薬フロリネフ錠(Florinef)と同成分Fludrocortisone Acetate(酢酸フルドロコルチゾン)含有の製品で、ステロイドホルモンの一種です。 合成鉱質コルチコイド剤。

本来は人用医薬品ですが、動物医薬品としても使用される場合があります。
使用に際しては獣医師の処方と指導が必要となります。

副腎皮質ホルモンの分泌が低下することで起こる犬のアジソン病にも使用されます。犬のアジソン病は副腎皮質自体が免疫を介して破壊されたり、腫瘍や薬剤などで破壊されることで起こる場合と、副腎皮質に指令を与える視床下部や下垂体に異常があって起こる場合があります。 糖質コルチコイドのプレドニゾロンを併用することがある。


詳細は↓↓↓
>>>フロリコット(Floricot)100mcg

チバセンジェネリック10mg (Lisonid10mg) 28錠



チバセンジェネリックは、有効成分のベナゼプリルを含有する血管拡張薬です。ベナゼプリルは、動物用医薬品・フォルテコール錠と同一の有効成分です。

チバセンジェネリックに含有されている有効成分・ベナゼプリルは、末梢の血管を拡げて血圧を下げる薬です。血管を収縮させる物質であるアンジオテンシンⅡを生成するアンジオテンシン変換酵素(ACE)の働きを阻害します。アンジオテンシンⅡの産生を抑えることにより、末梢の血管を拡げて、心臓の負荷を軽減させます。また、輸出細動脈を拡張することで、腎糸球体内圧を下げて、尿たんぱくの漏出を抑えます。

ベナゼプリルは、犬の僧帽弁閉鎖不全による慢性心不全の症状の改善や、猫の慢性腎不全における尿蛋白の漏出抑制をするアンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害剤です。

チバセンジェネリック10mg (Lisonid10mg) 28錠

チバセンジェネリック5mg (Lisonid5mg) 28錠 (高血圧)



チバセンジェネリックは、有効成分のベナゼプリルを含有する血管拡張薬です。ベナゼプリルは、動物用医薬品・フォルテコール錠と同一の有効成分です。

チバセンジェネリックに含有されている有効成分・ベナゼプリルは、末梢の血管を拡げて血圧を下げる薬です。血管を収縮させる物質であるアンジオテンシンⅡを生成するアンジオテンシン変換酵素(ACE)の働きを阻害します。アンジオテンシンⅡの産生を抑えることにより、末梢の血管を拡げて、心臓の負荷を軽減させます。また、輸出細動脈を拡張することで、腎糸球体内圧を下げて、尿たんぱくの漏出を抑えます。

ベナゼプリルは、犬の僧帽弁閉鎖不全による慢性心不全の症状の改善や、猫の慢性腎不全における尿蛋白の漏出抑制をするアンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害剤です。

>>>チバセンジェネリック5mg (Lisonid5mg) 28錠

アタカンド(Atacand)16mg



高血圧症に用いられる降圧剤ブロプレスと同成分カンデサルタン シレキセチル錠です。
カンデサルタン(candesartan)の錠剤はアンジオテンシンII拮抗薬と呼ばれる有効成分のカンデサルタンが含まれていて、この成分はアンジオテンシンIIと呼ばれる体内のホルモンの作用を阻害します。


アンジオテンシンIIは体内の特定の受容体に作用し、末梢血管を狭ばめ、アルドステロンと呼ばれる別のホルモンの産生。
アンジオテンシンIIを阻害することで体の血管が広がり、水分や塩分が調整され、血圧を下げる効果が期待され、また心臓病(心不全など)や腎臓病などにも有効であると考えられています。
副作用が少なく、長期服用に向いています。

アタカンド(Atacand)16mgの使用方法
法用量は症状により変わる場合があるので医師・薬剤師の指示を必ずお守りください。
通常、成人は1日1回として2-8mgを経口服用してください。ただし最大服用量は12mgとします。


詳細は↓↓↓
>>>アタカンド(Atacand)16mg

アタカンド(Atacand)8mg



アタカンド(Atacand)8mgの使用方法
法用量は症状により変わる場合があるので医師・薬剤師の指示を必ずお守りください。
通常、成人は1日1回として2-8mgを経口服用してください。ただし最大服用量は12mgとします。

詳細は↓↓↓
>>>アタカンド(Atacand)8mg

アタカンド(Atacand)4mg



アタカンド(Atacand)4mgの使用方法
法用量は症状により変わる場合があるので医師・薬剤師の指示を必ずお守りください。
通常、成人は1日1回として2-8mgを経口服用してください。ただし最大服用量は12mgとします。


詳細は↓↓↓
>>>アタカンド(Atacand)4mg

ビビトニン100mg(Vivitonin)



ビビトニンは老犬のクオリティオブライフ(QOL)を向上させます。身体の酸素供給を増加させるばかりでなく、心臓血管機能や神経系を改善します。

老犬が夜吠えていませんか?飼い主が分からなくなっていませんか?無意味に庭をうろうろしたり、食欲を失ったりしていませんか?これまで一度もなかったような家内での排便・排尿が始まっていませんか?今まで元気だったのに、動作が緩慢になって散歩にも興味を示さなくなっていませんか?散歩の後、息切れするようなことがありませんか?老犬が他の犬や人間に吠えやすくなっていませんか?

このような症状は、犬の老化現象または身体の酸素供給低減のせいで生じています。

ビビトニンは、犬の老化現象を軽減するのに大いに役立ちます。ビビトニン錠剤には主成分としてプロペントフィリンが含まれています。プロペントフィリンは、犬の身体のさまざまな部位の血管を拡張させ、血液の粘度を下げます。これにより脳、心臓、骨格筋などの器官への血流が改善・増加します。また気管支拡張効果もあり、酸素摂取量も増えます。ビビトニンは老犬のだるさや無気力を軽減し、その様子を改善します。

詳細は↓↓↓
>>>ビビトニン100mg(Vivitonin)

ビビトニン50mg(Vivitonin)



犬用の加齢による心臓血管機能、神経機能の改善を目的とした薬です。主成分である【プロペントフィリン】による血管拡張により血流量を多くすることが期待されます。血流量が多くなることにより、充分な酸素や栄養を脳や心臓、心筋などへ送り届けられることにより、愛犬の痴呆、無気力、歩行困難、食欲減退、心肺機能減退など、加齢から来る病に対して予防の効果が期待されます。また高血圧気味の場合、血圧降下作用があると言われいます。当製品は50mg 60錠入りです。

詳細は↓↓↓
>>>ビビトニン50mg(Vivitonin)

このページのトップヘ