image

  
学習塾によくいるアルバイト講師、そしてそこそこの年齢の社員の講師。
熱心に指導してくれる先生もいるが、中には不謹慎な輩(やから)もいる。

実際にあった話から、親御さん向けに信じられない話をいくつか―。
女子の子供さんをお持ちの親御さんは、一応話として頭に入れておいても良いかと。

特に多いのが、女子生徒を性的もしくは恋愛の対象として見る講師だ。
小学生や中学生の女子生徒を見て、「あの子の胸の膨らみがたまらない」とか、「パンティーが見えた」「胸の谷間から可愛いブラジャーが見えた」「中学生のくせにあの太ももはエロい」なんて会話は、おそらく全国各地の学習塾で一度は話題になっているはずだ。
ましてや生徒が女子高生ともなると、講師自らの恋愛の対象として見る輩もいる。

 簡単、お得にポイント貯めよう

 ガチャで毎日必ずポイントGET


高校生になれば、セックスを体験する生徒も出てくる。
「あいつは処女だろうか?」「今の俺の歳が~歳だから、あの子が大学に入ったら付き合って結婚出来るだろうか?」
現実に自分の教え子と結婚をする講師はたくさんいる。
学校の先生でも奥さんが元の教え子だったという話はかなりある。
身近にそのような話を聞いたことのある人は決して少なくないはずだ。

「今でしょ!」の決めセリフで人気急上昇中の、東進ハイスクール・林修(はやし おさむ)先生も、噂では元教え子らしい。
12歳年下の奥さまは現在、名古屋の大学病院で医者をされているということを聞いたことがあるが、二人の間では、なれそめについては外に対して話さないようにしているようだ。
恐らくは、元教え子であることを公にすると何か言われかねないと思っているのだろうと想像します。
(厳密に言うと、お互いに結婚出来る年齢になってから交際をして結婚したのであれば、本来は別段やましいと感じる必要はない)

学習塾の講師や社員の講師、そして、教室長らで飲み会をすることがある。
また、仲の良い講師同士で飲みに行くことがある。
そういう場で話題になることは何か?
生徒の成績?入塾者数?教え方についての深い意見交換?経営の数字?
なるほど、確かにそれもあるだろう。
でも、大学生のアルバイト講師が入ったら、まず100%近い確率で「どの生徒が可愛い?」「付き合うならどの女子生徒?」という話題に(1度は)なる。

 簡単、お得にポイント貯めよう




自分と同年代の女子大生と関われず、あるいは社会人になってからも彼女もおらず独身の講師が、学習塾の中では「先生!先生!」と慕われてヒーローになる。

勘違いしない方がおかしい。

女子生徒は講師のことを「先生」としてしか見ていない場合が多い。
なのに、親しく接してくる女子生徒を恋愛感情を持っていると勘違いしてしまう。
もちろん、逆のケースもある。
講師は生徒を本当に「生徒」としてしか見ていないが、生徒の側が恋愛感情を抱く場合だ。

相思相愛ならば(一応)問題はない。
いや、未成年の女子生徒とセックスをしたら犯罪だから問題??

家庭教師のようにマンツーマンで男の講師に女子生徒一人という組み合わせは、私には恐くて考えられない。

自分のご子息を預けた学習塾にそのような講師がいるかどうか、そして、自分の子供を担当している講師は大丈夫か?

それを見分けるのはかなり難しい。
友達が通っていて、講師の裏評判を聞き出すという位だろうか。
極端に神経質にならなくても良いが

、可能な限りの注意を払って通わせる必要があるかもしれない。


(KAZUMI ・教育評論家)

塾講師と女子生徒との禁断の恋・体験談

人気記事

生徒をいやらしい目で見る塾講師

塾選びに意外と重要なポイントとは?

「いじめられる側にも問題がある」は正しいか?

勉強して何になる?

何から手をつけたら良い?




 管理人のKAZUMIです。

 「生徒をいやらしい目で見る講師」の記事はかなり以前に書いたのですが、いまだに多くの方に読んで頂いているようです。

 この記事がこれだけのアクセス数をあげているということは、実際の学習塾生活の中で「生徒と講師」の「男女としての関係」が思った以上にあるということなのかもしれません。

 読んで頂いている方は、親御さんが多いのか、それとも生徒さんが多いのか、講師の方が多いのか、気になるところです。

 親御さんの立場としては、「自分の娘が学習塾の先生といかがわしい関係になっているのでは?」ということが気になるのかもしれません。

 生徒さんの立場としては、「実際に塾の先生とそういう関係になっている子って(私の他にもいるんだ」と思うかもしれませんし、講師の立場としては内心生徒のことが気になっていても表立って好意を示せないモヤモヤした気持ちと共に読まれるのかもしれません。

 世間的には決して許されない関係であるがゆえに、一線を越えたい気持ちと越えてはいけないという気持ちがぶつかって、せつない葛藤を産み出してしまう。

 「先生と生徒」「男と女」

  学習塾、学校とはいえ、人間である以上、永遠のテーマなのかもしれません。