関内美容室 【インド】パナ、売上高600億円超:10年度、新興国伸びけん引

パナソニックはこのほど発表した、2011年度の事業方針でインド市場に注力することを明言した。大増販プロジェクト2年目として、商品ラインアップの強化やマーケティング体制の拡充を図り、売上高を昨年度の600億円強から11年度は1,000億円、12年度は倍増の2,000億円に引き上げる方針を打ち出した。インドでの好調な販売が、同社の新興国市場での売上高を押し上げているという。11年度の新興市場10カ国の増収予想は2割で、インドの伸びが際立ちそうだ。

 パナソニックの販売計画によると、新興国市場に占めるインドの売上高シェアは約16%を見込んでいる。「BRICs+V(ブラジル、ロシア、インド、中国、ベトナム)」と「MINTS+B(メキシコ、インドネシア、ナイジェリア、トルコ、サウジアラビア、バルカン諸国)」の計10カ国で、11年度は前年度比21.8%増の6,150億円を目指す。

 インド事業では、テレビとエアコンを中心とした家電製品を柱に、強みとする美容健康商品や蓄エネ事業システムの販売も積極展開する方針だ。次世代送電網スマートグリッド分野への参入も模索していく。ただ、市場の成長が見込める携帯電話端末事業への再参入は、今のところ未定だという。

 デバイス分野では、国家予算で製造業支援が組み込まれていることから、将来的な成長に期待し、自動車やエネルギー関連部品の事業を推し進める。

 このほか、ソリューション事業では、注力する4分野のうち、特に「環境・エナジーソリューションズ」に力を入れる。グループ会社で、インド最大手の電設資材メーカー、アンカー・エレクトリカルズを活用しアジア事業を拡大させる計画だ。

 ■B2B事業にも注力

 パナソニックは、今年4月に西部マハラシュトラ州ムンバイに開設した企業間(B2B)事業に特化したショールーム「パナソニックエクスペリエンスセンター」も積極的に利用し、インド事業の拡大を図る。

 B2Bの取り組み事例としては、溶接システム分野ではインドや中国のユーザー調査をもとに開発したインバーター付アーク溶接機を挙げている。新興国市場のユーザー調査を基礎とした製品の積極投入に加え、販売・サービス網の拡充を推し進める。売上高の伸び率は、新興国全体で2桁成長を目標に掲げている。

 ■最重要でリストラなし

 パナソニックの広報担当者は、グループ全社で従業員の1割に相当する4万人を削減する計画について、「インドは最重要国だ。引き続き積極的な投資を続けていく」と述べ、リストラを実施する計画はないと説明した。

 東日本大震災が与えるインド事業への影響については、「今のところ事業に支障は出ていない」と指摘。ただ、日本では、被災した事業拠点は着実に復旧が進んでいるものの、依然としてサプライチェーン供給網の混乱による影響は続いているという。

 パナソニックは現在、傘下のパナソニック電工、三洋電機との経営統合を進めている。事業活動をスムーズに展開するために、組織はグローバル本社と「中国・北東アジア」「北米」「中南米」「アジア・太平洋・中近東・アフリカ」「欧州・CIS」の5つの地域統括で構成する。 おまとめローン 会津若松美容室 会津若松中古車 米通販 千歳烏山美容室 米通販 銀座美容室 おまとめローン 仙川美容室 会津若松賃貸住宅 郡山中古車 仙台中古車 福島酒通販 福島野菜通販 栃木測量 栃木建築設計 会津若松歯医者 郡山歯医者 ランジェリー ペットシッター 住宅リフォーム マンションリフォーム 新築マンション 中古マンション 中古住宅 新築一戸建て 会津若松賃貸住宅 郡山賃貸不動産 仙川賃貸物件 仙台賃貸物件 吉祥寺賃貸情報 宇都宮賃貸物件 新宿賃貸 町田賃貸 本庄賃貸物件 伊勢崎賃貸 高崎賃貸 横浜賃貸 川崎賃貸 前橋賃貸 水戸賃貸 調布賃貸 本庄美容室 伊勢崎美容室 高崎美容室 前橋美容室 横浜美容室 川崎美容室 越谷美容室 郡山美容室カット 吉祥寺美容室カラー 恵比寿美容室ヘアスタイル 宇都宮美容室ヘアスタイル 新宿美容室ヘアスタイル 町田美容室カラー いわき美容室カラー 渋谷美容室カット 代官山美容室ヘアスタイル

関内美容室 動脈硬化の元凶を医師らが解説、コレストロールに関する本の出版記念会/横浜

動脈硬化の元凶とされるコレステロールの正体を分かりやすく、かつ深く解説した本を横浜市の医師らが執筆した。題して「嘘(うそ)をつくコレステロール」。横浜ロータリークラブの仲間が同市内で出版記念パーティーを開き、「悪玉」退治談議に花を咲かせた。

 執筆したのは、東京有明医療大学学長補佐の林洋さんと佐藤医院(横浜市中区本牧町)院長の重松洋さん。林さんは横浜市立みなと赤十字病院第二内科部長を務めたこともある。2人とも、動脈硬化や脂質代謝異常疾患の専門医。

 2人は著書で、コレステロール値が低過ぎても良くない、魚を食べれば大丈夫、薬に頼ってはいけない―などといった「伝説」や「俗説」の出どころを易しく解説。「動脈硬化を防ぐため、コレステロール値は下げるべき。食事療法には限界があるので、新しい治療法(薬)の開発はこれからも必要」と説く。

 出版記念パーティーには、約100人が出席。横浜ロータリークラブ会長で同パーティー発起人代表の井上嘉久さん、元国立健康・栄養研究所臨床栄養部長の板倉弘重さん、横浜市立大学医学部長の黒岩義之さんらが「このような本の出版が待たれていた」などとたたえた。

livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ