ホットデリ

2006年01月27日

16:野菜ライス

野菜ピラフ





16:リース・ス・アバシャーミ 
【野菜ライス】 
130ルーブル/kg(約4.4ドル)
☆☆

ミックスベジタブルを使用したピラフ。
たぶん冷凍野菜なのでしょう、野菜の旨み、歯ごたえが全くなく、味がない。
食感も悪い。
値段が安い、肉不使用ということだけがいいところ。
香味野菜の生かし方(ゆっくり、じっくり火を入れる)は手間がかかるのでデリ作りでは省きたいところでしょうけどね。

■ワンポイント・ロシア語
「リース」は「お米・ライス」。
「アバシャーミ」は「野菜(オーボシ)」、「ス・アバシャーミ」で「野菜を使用した」となります。



knakanaka1 at 01:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年01月18日

15:ポークピラフ

ポークピラフ





15:プロフ・イズ・スビニーヌイ 
【ポークピラフ】 
168ルーブル/kg(約5.7ドル)
☆☆☆

豚肉のピラフです。
ロシアで食べる肉の中で、豚肉は比較的はずれのない美味しい肉です。
このプロフも臭みなく食べやすいものです。
豚肉のビタミンBは疲労に良いので、意識して摂取したほうが良いですね。
こちらのプロフは、粘らない米を使っているので食感は軽いです。
パラリとしています。
しかし肉と油はたっぷり使用しているので、食べすぎには注意です。

■ワンポイント・ロシア語
「プロフ」は「ピラフ」。
「スビニーヌイ」は「豚肉(スビニーナ)」、ですので「イズ・スビニーヌイ」で「鶏肉から作った〜」となります。

knakanaka1 at 00:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年01月11日

14:モイワ・ジャーレナヤ 

ししやも





14:モイワ・ジャーレンナヤ 
【ししゃものフライ】 
98ルーブル/kg(約3.3ドル)
☆☆☆

日本のものと変わりのないシシャモです。
ちゃんと子持ちでした。
粉をまぶして揚げてあるだけのシシャモですが、食べなれている魚だけにホッとします。
味付は薄め。
もう少し油の状態がよいと胃がもたれないのですけれども・・・。
普通に焼いて食べたいところです。
甘辛く煮たり、卵とじなどにしてもいけそうです。

■ワンポイント・ロシア語
「モイワ」は「ししゃも」、「ジャーレンナヤ」は「揚げもの」です。


knakanaka1 at 23:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年12月28日

12:チキンピラフ

チキンピラフ





12:プロフ・イズ・クーリッツィ 
【チキンピラフ】 
138ルーブル/kg(約4.7ドル)
☆☆☆

食べやすいチキンのピラフです。
羊肉や牛肉のピラフに比べ、肉の味が押さえられていて、脂っぽくなくさっぱりしています。
逆に言えば肉と野菜のうまみがないともいえますが。
個人的にはさっぱりしているこれくらいの味付けが、重たくなくてありがたい。
日本人には、食べやすいですね。

■ワンポイント・ロシア語
「プロフ」は「ピラフ」。
「クーリッツィ」は「鶏肉」で、「イズ・クーリッツイ」で「鶏肉から作った〜」となります。

knakanaka1 at 01:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年12月10日

8:羊肉のピラフ

羊肉プロフ





8:プロフ・イズ・バラーニヌィ 
【羊肉のピラフ】 
207ルーブル/kg(約7.1ドル)
☆☆☆☆

羊(このしっかりとした匂いはマトンだね)の旨み(臭み?)と脂が米に「ギュッ」と含まれておりとてもクセになる味。
「プロフ」は「カザン」という鉄製の大きな鍋で、ダイナミックに炊き上げます。
日本でのヘルシーなジンギスカンとは違い大地の強い味を思い起こさせます。
これぞ中央アジアの味!
ちょっと日本にはない味ですね。
この色も食欲をそそる。
オニギリにして草原で食べたら最高でしょう!

■ワンポイント・ロシア語
「プロフ」は「ピラフ」のこと。
「バラーニヌゥィ」は「羊肉(バラーニナ)」のこと。
だから「イズ・バラーニヌィ」で「羊肉で作られた〜」となります。

knakanaka1 at 01:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)