おとといの夕方のニュースで、

広島市も災害に関する情報等を携帯メールへ配信するシステムを導入とのニュースが流れていました。
携帯電話は、みなさんお持ちなので、いざというときに、災害情報を即座に知ることができるというのは
必要なことだと思います。ただ、今回のシステムは、NTTドコモさん限定のシステムのようでした。


「東日本大震災」が発生して、100日が過ぎましたが、弊社が取り扱っている「ラインネット」は
システム開発元の株式会社コアシステムズ様のサイトに掲載しているように、

震災発生一週間で首都圏を中心に、のべ1,365団体・保護者65万人余りが帰宅困難の対応連絡や、計画停電に伴う休校、行事日程変更の連絡にご利用頂きました。

とのことです。

このたびの東日本大震災におきまして、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された地域の皆様とご家族の方々に謹んでお見舞い申し上げます。

「ラインネット」の売り上げの一部は中央共同募金会を通じて義援金として寄付させていただきます。

【対象期間】
2011年4月1日から2021年3月末日まで

[対象サービス]
・ 連絡網システム「ラインネット」学校・塾版
・ 連絡網システム「ラインネット」企業版
・ 連絡網システム「ラインネット」mini
・ 医院向け順番待ち予約システム「pittime(ピッタイム)」

ganbare

***********************************************************
学校向け携帯電話メール連絡網システム「ラインネット」


有限会社KNCP


〒731-5123
広島県広島市佐伯区五日市町大字昭和台27番2号


KNCPオフィシャルサイトURL http://www.kncp.co.jp/


◆「子供の防犯対策支援」に関するご提案書はこちらから
http://www.kncp.co.jp/pdf/proposal.pdf


<ラインシリーズ>
〔企業向けラインネット〕連絡・安否確認システム
〔学校・塾向けラインチェッカー〕入退館管理システム

ラインシリーズは小・中・高等学校だけでなく、企業様、商店主様、
各種サークル、保育・幼稚園、塾、PTA、同窓会、各種法人団体・
組合など様々な方々にご利用いただいております。
***********************************************************

広島ブログ