HASSの音楽日記

音楽について今、思っている事を徒然に…。今、感じているけれど、後で忘れてしまうなんて、悲しい。 極めて私的な感想を、自分の言葉で綴りたい。

無観客生配信LIVE

昨今の状況により、無観客配信Liveが頻繁に行われているようだ。小さなライブハウスやライブバーならいざ知らず、幾らソーシャルディスタンスを保っていも数千人にも及ぶLiveは、入退場時やトイレ・駅等々で密になる可能性も高く、仕方がないかと思う。

私が今までに観た配信の中で、無観客は2本。いずれも昨年4月のもの。


一つは4月5日(日)GEORGE CHANNEL Vol.8 の中の「MASSIMO MASSIMO」の生放送。こはれ下山さんとMADさんのMASSIMOのバンドバージョンで、ギターはBLINDMANの中村さん。ベースはhibiki君。

次が4月11日(土)のMASSIMO。これは2人バージョン。スタジオからの生配信。

有観客配信は今後も観たいと思うが、無観客拝読は、どうも心が動かない。


GATEWAY TO THE NEW AGE [ EXTRA SHOW ]令和2年3月1日〜新宿WILD SIDE

渋谷の翌日が新宿で、変則2days。
EXTRA SHOW は、ファン感謝デーみたいなものだそうた。

内容は古い曲あり、前年に出たDVDのインストゥルメンタル曲(hibiki曲・マシン曲)2曲では、下山さんがステージを下りる…。なかなか無い光景…が見られたり。木下さん曲はアコースティックで、しかも木下さんが8人位いないと再現出来ないと言っていた…。

下山さんがステージに戻った所で、hibiki君が木下さんのマイク(hibiki君にはマイクが無い)に向かって
「煽りMCします!」
「?」と思っていたら
「そろそろライブも佳境に入って来たぞ〜!〜〜〜(暫しMC)DEAD ROLL〜!!」
始まらない。曲はDEAD ROLLだと分かったけれども客は「?」だし、メンバーは演奏しないし(笑)。
何でも、YOUTUBEに上がっている目黒ライブステーションでの昔の下山さんのMCだそうで、その時にライブに参加していた人もいたらしいが、誰一人として反応無し…。Hibiki君、リハで練習していたらしいのに…。
マシンさん曰く、「全国各地に小アニキと呼ばれている人はいるけれども、可愛いと言うか…。」
そして下山さんがタイトルコールして始まった。


12月発売のMONEYに収録されていたカバーも演奏されたのだけれども、殆ど合わせていないらしいのに、高い完成度。この人達のマニアックさが浮き彫りになる。まぁ、それが一般大衆に求められているかの話は別なのが残念な所だが。
レアと言えば、下山さんの生クリックまで披露。『おいらはドラマー』で録音は聞いた事があったけれども、まさかの生!貴重!レア!
こんなご時世で相次ぐライブの中止・延期の中、行くかどうか最後まで迷ったが、楽しかったのは確か。
そして、その後の行く予定だったLiveは悉く中止になったのだった…。



88424895_2581392602137502_2654205835202265088_o

TOUR 2020 - GATEWAY TO THE NEW AGE〜SABER TIGER〜令和2年2月29日〜渋谷GARRET

昨年の2月末。北海道は前日に緊急事態宣言が出たので、本当にやるの?と思いながら、渋谷GARRETのSABER TIGERに行った。まぁ、メンバーはもっと前に出立しているから関係ないのだが、Fanはどうするのか?と思いながら。


ライブは良かった。約1年前に同じ会場で3バンドでやったが、その時と比べると観客も少ないから、見易かった。今から思うと密は回避出来ていた訳だ(前方は除く)。

ただ、天井の低い会場なので、やはり聴き難かった。

新年おめでとうございます。

本年も既にLiveにも行っているし、それなのに昨年の分も書き終えていなく、Blogの更新は遅いのではないかと思いますが…。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

ROCK ON BRAIN〜令和2年2月14日〜富士アニマルネスト

2月のLiveは富士アニマルネストでのROCK ON BRAIN。既にこの頃には新型コロナウイルス感染症COVID-19)がライブハウスでクラスター発生の報も有り、直前まで行くかどうか迷った(勿論他の要素もあり)。

富士到着が20時近かったので、アニマルネストの着いた時はO.Aはほぼ終わる頃だった。仕事を早退せずに行ける遠征って、素晴らしい(笑)。

この時は未だX-RAYの曲に慣れていなかったが、十分に楽しめた。 終了後のアニマルネストお馴染みの打ち上げには参加せず、ホテルに直行。なかなかの時間だった…。

o0595084214712051298

下山武徳的夜会『WAY OF LIFE』 発売記念 SPECIAL LIVE〜令和2年1月18日〜 南青山MANDALA

この日は朝から雪やら、みぞれやらが降る寒い日だった。このLiveの一報を聞いた時は「南青山?」と思ったけれども、入場待ちの列はそれ程違和感も無く…。この寒いのに満席だからとグッズ売り場は1階のほぼ外…。

入場から開演まで1時間もある!と思っていたけれども吉川画伯のライブペインティングを見たり、周りの人とお話ををしていたら、あっと言う間。しかし、北海道組が多かった…。ゲストプレイヤーのファンもいたけれども、場内はびっしり。お洒落な場内に似合わないロック野郎的な人達も多数…。(後から入って来た人達に多かった。)普段の夜会でこんなに多くの人は見た事がない。スペシャルな日。

Liveは二部制。一部は下山さんのみ登場。何と一曲目は4部作から!アルバム発売Liveなのに(笑)。持ち時間45分と言いながら押していた…。

二部はゲストプレイヤーを迎えてのニューアルバムの御披露目。4人のギタリストが次々と登場。下山さんが、ギタリストに恵まれたミュージシャン人生と言うのも頷ける。
どの曲も素晴らしいのだけど、今後の夜会では一人でどう再現するのかと考えながら聴く…(苦笑)。
最後のゲストは山本恭司さん。アルバム1曲のみ参加の山本恭司さんをどう扱うかと思っていたら、VOWWOWの曲も2曲。下山さんの唄は元基さんのそれとは声質も違うし当然曲の雰囲気も変わるのだけど、本家に負けず劣らずのクオリティ。

そして、恭司さんと共に吉川画伯も登場。演奏中に作品を書き上げた。下山さんなのだろうと予想してはいたが、あのアルバムジャケットの続きの下山さんという設定。なる程〜。
個人的にはその隣にある、『戦争の家』の歌詞を書いてある書が気になっていたが、それは新潟のファンの方で、高校教師の方の手になるものらしい。歌詞は途中で終わっているのだが、後半は横書きなので張り出せなかったらしい。

恭司さんで終わりかな、と思ったら、最後アンコールで一人下山さんが出て来て、4部作の中から「地」だけ唄っていたなかったと。『SWEET BREEZE』を。
終演は23時。正味3時間堪能。

83975611_2546190958991000_9087632266934353920_n


83280004_2546190932324336_6436096492640927744_n

ROCK ON BRAIN〜令和2年1月5日〜目黒鹿鳴館

今年初のLiveはROCK ON BRAINの鹿鳴館だった。


「EARTHSHAKER」で始まり、途中X-RAYの曲が挟まれ、下山さんの梶山さんとのアルバムから2曲。

相変わらずMCは楽しく。しかし次の曲の歌詞は…とX-RAYの曲紹介をした時の衝撃…。
「そんな歌詞だったのか…(笑)」
歌詞はともかくとして、曲はあの当時のHRHM調そのもの。(全然通っていない)

下山さんの声は非常に出ていた。どこまでも伸び〜る感じで。
演奏も鉄壁な布陣だから、良いライブが出来て当然。楽しかったし♪

この時は最後のコロナ前。マスクもソーシャルディスタンスも関係ない。と言っても集客の関係上、ソーシャルディスタンスは取れていた…。


FB_IMG_1605865923904

還暦

少し遅くなってしまったが、JIMMYさんが還暦になった。
おめでとうございます。

全然還暦に見えないが!!

最近はSHARAさんを観る機会に恵まれているが、この方も61とは思えない。
人前に出るのが仕事とは言え、それでも…と言う方々もいるので…。

勿論、外見も大事だが、健康年齢も大切。いつまでも健康で我々を魅了して欲しいものである。

令和元年最後は

【これで令和元年終了】


下山さんのアコースティックアルバムの発売記念、インストアイベント。場所は、新宿dues。
インストアイベントとしては異例の2時間超えの内容…。


プチ夜会みたいで楽しかった。私物サイン会付き。プチと言うか、CD買った特典で、これだけの内容は美味しすぎる。

夜会ツアーの真っ最中だったので声はお疲れだった。


今年は、色々あり過ぎて、遥か昔の事のようだ。

今年のGENKI SESSION

このようなご時世だし「ないよね」と思っていたが、
取り敢えずロジャーさんのTwitterから

【毎年夏休み恒例の”GENKIセッション”ですが、メンバー間でよく話し合った結果、非常に残念ですが今年は開催を見合わせる事になりました。
楽しみに待っていて下さった皆さん、本当に申し訳ありません。
来年は笑顔で会えるのをメンバー一同祈っています。】

そう言えば下北沢のNOIZの振替は配信となったとの事。
あの声を配信ばかりで聴いても意味がないと思うし、「全員集合」出来るまで、待つこととしよう。


カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ