アサシンクリード
X-MENのマグニートーのイメージしかないワタクシですが(コラコラ)
単純にこれは俳優目当てで行ってます。
ついでに予告編のアクションだけでもじゅうぶん〇。

ゲームだったんですかいっ。これ。
それを映画にしたんですと?

その、もとになったゲームを実はまったく知らないのですが。(え)

死刑になるはずだった男が目覚めると「見知らぬ天井」
あなたしかいないの的な展開はなんだかエヴァンゲリオンみたいで。
数百年前の自分の祖先とシンクロして遥か昔の時代でたたかうと。
体はこっちのセカイにあるんですが、その精神状態が保てないと
当然こっちの生身にトラブルが起こると。
機械につながれて、事情もようわからんまま無理やり戦わされてる、
でもってまたエヴァみたいやな~と。
だからわりとわたしとしてはすんなり映画のセカイにはいれたわけですが。

エデンの実を手にしたものが世界征服できるってことなんですかね?
その実をめぐってアサシンの血筋とテンプル騎士団の血筋が
現代でも争っていると。

肝心のとこで内容がようわかってないのでそのへんのとこが
いまいちうまく説明できないわけです。特殊なアイテムには見えなかったし
一時的にもそれを獲得したはずのひとがなんかできたかというと
それを確かめるまもなくやられてますからね。

ゲームを映画化というとバイオハザードなんかもそうなんですけど
内容云々よりもアクション映画として
そのかっこよさを堪能できればよきではないですかね?
そのへんは個人的にはX-MENシリーズは人間ドラマもきっちり
描かれてる気がするから、もっと心の葛藤とか描こうと思えば
描けるのかもしれませんが
それはそれで映画のスピード感がおちるからな~。
・・・・ただ、だれが敵でだれが味方かすら
ようわからんかった部分もあるのでそのへんはなんとも。

機械につながれて過去の世界にダイブして
お宝のありかを探してくる。簡単にいうたらそんなとこか。
それ自体はわくわくしたし、なんせかっこよかったからよき。
そこんとこわたしは単純ですので。

・・・・でもゲーム原作から派生して映画までつくったのなら、あの実にもすこし
特殊ななんかを感じる設定にしてほしかったね~。
あそこまでして見つけたすんごいもん・・・てふうにみえなかったんですけど。(;^_^A