ゴーストインザシェル


TwitterとInstagramのアイコンを草薙素子にしてるくらいですから
そりゃもう大好きです。
ただし、OVAは全く見ていなくて劇場版アニメオンリー。
一番最初に公開された劇場版アニメ「攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL」を
リアルタイムで見たひとがどんだけいるんだろうってくらい
そのオリジナルはむかしむかしのおはなし。あ、バージョン違いの2.0があったか。(;^_^A
でもって、この一番古い作品が私は今でも大好きなアニメのベスト1だったりするわけで。

ホントに元ネタのリスペクトがすごかったですね。
実写でここまでやっちゃう、やれちゃうってのがまずびっくりでした。
光学迷彩とかね。冒頭の、素子を組み立てるシーンとかもね。
あ、名前は素子じゃないです。そのわけはあとで明かされるわけですが
そのへんはオリジナルとは若干異なります。
・・・・ラスト、俺と一緒にこないかって誘う相手も「人形使い」ではないので
この展開はこうするしかないかなと。
でも、素子(あ、素子で通します、途中までミラとよばれていますが)のアクションシーンは
スカヨハがよくぞここまで動けたよな~ってそこはもう拍手。

元ネタのラストの展開はどっちかいうとこれより前にスカヨハが主演した「LUCY」のほうが
近かったのではないでしょうか。
個人的にはネットと融合してしまった素子をバトーが回収してコドモトコの義体に
とりあえず入れました的なやつを見たかったといえば見たかったのですが。

桃井かおりがあのセカイにうまくとけこんでたわりには
なんでビートたけしだけは日本語だったんでしょうね?
ものすご活舌わるいから聞き取りにくいよってことだけ先に聞いてたんで
ご丁寧にも字幕付きだったたけしのせりふ回しは
私はそんなに気にならずに鑑賞できました。前もって心づもりがあった分大丈夫でしたよ。

あそこまでの特撮はハリウッドじゃないとできないのでしょうね。
ただ、外のセカイからみた攻殻と日本人のファンが感じる攻殻は
どうやったって違う、時間の尺よりも解釈が違うのはもう致し方なく、
当然話の展開も着地点も変わってきてしまうのだけど、
アメリカからみて、士郎正宗が描こうとした近未来のカッコいい部分と
ブレードランナーみたいな世界観は十分描けていたんじゃないですかね。

何より、限りなく素子になりきってくれたスカヨハに拍手。かっこよかった。

エンドロールで元ネタアニメの冒頭でながれる歌を使ってくれたことで
おお~って身を乗り出してました。結局楽しめたわけで。(o^―^o)