いきなり核心ついてきてどもどもなんですが。

jpgファンタビ

 あのね~、ハリポタシリーズというと、個人的には
魔法がとにかくわくわくで、特撮でキャーキャー楽しめたらそれでオッケーなとこ
あったんですよ。
今回も正直ストーリーだの内容だのよりは
予告編で登場する魔法動物たちがやらかすあれやこれやを
かなり楽しみにしていて、そっちメインで見に行ったはずだったんですけど。

正直いうていいですか。
最後の最後にでてきた名前の言えないあのひとの顔で
ぜ~~~んぶもってかれてしまってなんていうかその
内容ぶっとびました。ごめんなさい。

あとね、たぶん、この作品ではピエロを演じたはずのジェイコブが
とことんええひとだったので、
そのラブストーリーの展開にうるうるしちゃって
あれ何の話だっけってくらい、エディ・レッドメインがかすんでしまったという。(わわわわわ)

いったい誰が主役だったんだ~~~~~~~。

ハリポタよりも前の時代の話でありながら、ハリポタの世界観を継承して
映画の雰囲気そのものは十分に堪能しました。
魔法動物もかわいいものからかっこいいものまでさまざまで
そこんとこはなんも不満なかったんですけど。

なぜかニュートの影が薄い~~~~。

この作品5作つくるそうな。日本でどれだけ当たるのかはわからないけど
そうなってくるとまた
名前のいえないあのひとはまた主役を食ってしまうのではないかと。
いや、ちょっとだけだからウケたのであってモガモガモガ・・・・。
こんな言い方したらバレてしまうかな。

ハリポタシリーズは子供の成長を見守る物語でもあったので
メインがおっちゃんって(わわわわわ)
エディ・レッドメインは大好きなんだけど、な~んか猫背が気になったのよね~。


ハハハハハ。たまに映画レビュー書いたらボロクソだな。
でもきっと次回作も見ますよ。


人の記憶から事件の記憶を消して、壊れた街がどんどん再生していく、
ある意味魔法ならではのいちばん素敵な奇跡を見ていました。
こればかりは現実にはできないことだけど、こういうファンタジーを
映画の中だけでもみれてあたたかい気持ちになりました・・・・・

そして記憶から消えたはずの愛は消えなかった。きゃわわわわ・・・・。(o^―^o)