こんにちは。
先週のサイト更新にて、ジョージ(クラレンス公)のCGを公開しました。
170220_ギャラリー更新用

マーチ伯(エドワード4世)の弟の彼は、ifルートで王となる可能性があります。主人公と共に歩むイングランド王とはどんな存在なのでしょうか。


ジョージは、史実でもマーチ伯の弟として王位継承者第一位の時代がありましたが、エドワードに子ができると継承権が下がってしまいます。そしてウォリック伯と結託して反乱を起こしてしまいました。一度は許されたものの、最終的に処刑されることになります。

そうした人生であったためか、シェイクスピアの『ヘンリー6世』の中での取り扱いは悪く、目立った活躍は描写されていません。しかしゲームの中では王となる可能性があり、活躍が期待されます。


今回公開されたCGは、邸宅を訪れた主人公に剣の指南をしている場面となります。これから二人の関係がどうなっていくのかは、プレイヤーの行動次第です。

それではまた次回!


こんにちは。今年初のブログ更新となります。
昨日公式サイトにて、エドワード王太子のCGを公開しました。
170120_ギャラリー更新用
ゲームの中で彼は、ランカスター家の血筋を継ぐ正統派の王子として登場します。
 

シェイクスピア史劇の『ヘンリー6世』では残念ながら出番が少ないものの、
ゲームの中では王妃マーガレットに英才教育を受けて育った王子として活躍します。
イングランド王家の慣習として、長男には父親と同じ名が付けられるのですが
彼には父であるヘンリー6世とは異なる「エドワード」という名が付けられました。
そうした点では異質さも持つ人物と言えます。

また、ゲーム内に登場するキャラクターとしては数少ない年下のキャラクターとなります。
彼はこれまで王位継承権第一位の王太子として育てられますが、
ランカスターとヨークの争いの中で、ヨーク公にその地位を奪われる事となり
自らの将来を想い悩み出す中、主人公と出会う事になります。
果たして、史実とは異なる人生を迎える事ができるのでしょうか。





昨年発表しておりましたサイトコンテンツにつきまして
公開が遅れており大変申し訳ございません。
現在公開準備を進めております。
ゲーム内のCGとはまた違った雰囲気の
朝日川様の挿絵とともに展開することが決定いたしましたので
ぜひお楽しみにお待ちください。

それではまた!
 


こんにちは。
 
三ヶ月連続で大きな満月を見る事ができましたが、
サイトコンテンツが遅れており大変申し訳ございません。
現在準備中ですので、あと少しお待ち下さい。


本日公式サイトにて、クリフォード卿イベントCGを公開しました。
161223_ギャラリー更新用

シェイクスピアの『ヘンリー6世』では
老クリフォード、父クリフォード、子クリフォードと
三代のクリフォード卿が登場しますが、
ゲームの中のクリフォード卿は、この中の三番目
「子クリフォード」にあたる人物です。
 
彼は史劇の中でも、終始ランカスター派として力を尽くします。
父親をヨーク公リチャードに殺された事で、ヨーク公に対する
深い怨みを抱くのですが、そんな中、ヨーク公が捕まると……
ゲームの中ではどうなるのでしょうか。


それではまた次回!
 

↑このページのトップヘ