このところ,どうしたことか自分を顧みることが増えたように思います。塾生たちへの注意についても,十年前とは明らかに変わりました。なぜそうなったのか,その原因は何なのか,そういったことを深く突き詰めています。

熱意がなくなったのか,あるいは,どうでもよくなったのか。そうではないとしたら優しくなったのか,それとも叱るのが怖くなったのか。いやいや,単に年を重ねただけなのか。答があるのかないのか,これでいいのかよくないのか。澱のように心の底の方にたまっているようです。

そうはいっても,毎日やってくる塾生たちには,精いっぱいのことをして,塾生たちが自分で考えて行動できるようにしてやらねばなりません。