なんど言い聞かせても,結果にだけこだわる塾生がいます。結果が出せそうにない,難しくて解けそうにないと判断すると,考えることを放棄してしまいます。

にしかわ学習塾では,基本的にその日に学習したことを定着させるための宿題を出しています。しかし,解けそうにないと判断すると「わからんかった」といって,何もしていない宿題を提出します。これでは宿題を出す意味がありません。考えることをしない塾生に「しっかり考えなさい」といっても,「考えたけどわからんかった」でおしまいです。

宿題は考えなくてもできる「作業」にすべきか,悩んでいます。