中学校で部活動が再開されたとたん,にしかわ学習塾では欠席者が急増しました。クラブ疲れなのか,あまりに長い休みのためだれ切ってしまっているのか,いずれにしても時間割の再調整が必要なのかもしれません。

報道によると新コロの感染状況は日々悪化しているようですが,そういった緊迫感が感じられません。危機感がなさすぎるのか,それとも日常化?マンネリ化?して鈍感になってしまったのか。

意味の分からん「カタカナ語」が増えてきているのも,危機感のなさをあおっているように感じます。「オーバーシュート」だの,「ロックダウン」だの,わざわざかっこ書きで(感染爆発)とか(都市の封鎖)とするんだったら,はじめからカタカナ語使うなと思っていたら,河野大臣が苦言を呈していたようでした。